すべきことやったからこそいい結果

ソチで選手たちは技を競い合っています。 彼らはすべきことをどんな苦労をしてもやったからこそあの会場で自分の力を発揮できるのでしょうね。 まあ明日したらいいわ。このくらいでいいわ。これは無理ね。誰かがやってくれるでしょう。 なんてことが一つでもあったら、あの会場には来られてないでしょうね。 それだけ厳しい世界でしょう。 私ら甘やかしの世界に住んでいるので…

続きを読む

雪解けの雨音せわしい日曜日

わあい、売れましたね。昨日出した白ネギが5袋とも売れました。 5時の直売所からの連絡では3袋だったのですが、最終連絡で5袋とも売れました。 だから、今日もまた作りました。 昨日と同じように約300gになるよう2本を組み合わせて5袋を作りました。 これで取り置きのネギはなくなってしまいました。 早く雪が融けてほしいなあ、畑に行って我が家用をとってこなくっ…

続きを読む

一枚を脱げばましろきねぎの肌

久しぶりに道の駅に行ってみました。この時期葉物野菜は出ているのでしょうか。 秋じまいにはたくさんの白菜・ねぎ・ミズナが出ていましたが・・・ やはり少なくなっていましたが、ほうれんそう、春菊、あっ菜花も出ています。 白菜は少なくなっていますが、ねぎ、キャベツなども出ています。 みなさん冬の間も雪の中収穫されているのですね。 では私はというと・・・ 今出…

続きを読む

こぼれ落ち行方知れずの種を蒔く

畑の雪が融けると、畑に残っている野菜たちが見えてきます。 白菜、大根、ブロッコリーに、深葱、キャベツ、ほうれん草、等たくさんの野菜達があります。 これはよそ様の畑のこと、なぜこんなにたくさん育っているの? 我が畑には白菜と深葱だけが残っています。 春ばあちゃんの秋の種蒔きの計画が甘かった結果です。 夏野菜にいつまでもこだわって畑に残していた結果です。 …

続きを読む

まだまだ蒔ける ほうれん草

ヒゲおやじさんのほうれん草蒔きに刺激されて、私も蒔きますわよ。 実をいうと、ほうれん草も育てるのが苦手なのです。 ほうれん草は酸性土壌だと葉が黄色くなってしまって育ちません。私はそればかりなのです。 そうです。石灰をやってないのです。石灰をたくさん土に溜めると土が固くなると聞いたので、やりたくなかったのです。でもおいしいほうれん草…

続きを読む

白菜の収穫に向けて

白菜は無農薬は難しい、と近所の誰に聞いても言われました。 でもブログでは成功している人もいるのです。それには、たゆまぬ努力の虫取りをしなければなりません。 無施肥で草生栽培で成功している人もいるのです。でも私がそれをすると白菜が大きくならないのです。 多分土ができたないからだと思います。 それゆえ、私は防虫ネットに頼りました。 土は夏の間黒マルチを掛け…

続きを読む

深ねぎの最終土寄せ

寒くなってまいりました。季節が秋から冬へと変わっていきます。これは自然の習い、そしてやがて春が待っているのです。しかし人間社会の様相はちょっと自然ではございませんね。何か変ですね。寒い雪に閉ざされた冬のような、冷たい視線にさらされ、閉ざされた社会にならなければいいのですが。人々の意見を聞かない傍若無人で秘密主義の専制君主政治が行われようとしているように思えます。 …

続きを読む

タマネギ植え終了・ほうれん草植え開始

昨日のタマネギネオアース定植の続き開始。 また苗床から150本ほど苗を引き抜いてきて、村中畑に植えます。 しかし、今日はちょっと違います。いつも棒で穴を開けてその中に苗を入れて土を埋めていましたが、 今日は人指し指を土に突っ込んで穴を開けました。棒で開けるのも案外しんどいのです。指を使うのは、NHK「野菜のじかん」の講師さんがやってましたので、まねをしまし…

続きを読む