柿の木の中の3畝に種蒔き

台風が無事通り過ぎました。まだ余韻が残って暑苦しく曇り空ですが、畑はたっぷりと水を吸い取っているようです。種まきをしましょう。 裏の畑に盆前に牛糞とぼかし肥料を入れた畝を3つ作っていましたから、ここに種まきをします。ここは柿の木が周りにあり日当たりが悪いのですが、以前にナスを作ったらいいナスがたくさん採れました。今年は何も作ってい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏のスパイス「みょうが」をどうぞ

裏の柿の木の下にもっさりもっさりと茂っているみょうがに花が咲きています。取り時です。ちょっと遅いかな。でもちょうどお盆にいい具合です。お客様のおもてなしにはちょうどいいでしょう。 さあ道の駅で売ってきましょう。といってもこのみょうがを採るのが「怖い」のです。湿気ている草盛りの暗がりの中には恐ろしい「まむし」がいるかもしれない。この恐怖…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

たくさんトマトが採れます

 暑い日が続き雨が降らなくて畑の土からからですが日照りに強いのトマトさんです。キュウリやナスは大きくなるのをストップしてしまいました。トマトは赤くなっています。1,2日畑に行かなかったらたくさんのトマトが「早くとってよ」って訴えています。「トマトはいくらでも食べるから任せておけ」と言っている夫でも食べきれません。今は煮たり焼いたりするの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒豆の追肥土寄せ

 浅黄豆3畝の追肥土寄せから1ヶ月近く過ぎたのです。もうすっかり大きくなっている3畝の横で黒豆の2畝はさみしく追肥してもらえるのを待っていました。「いい加減に私たちも追肥してよ」という声が聞こえてきたので今日のこの暑さの中、30度以上の畑で草取りをして、ぼかし肥料を右側に撒き、土寄せしました。1畝で辞めて帰りたかったのですが、今帰っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有機農業の学校 8月号

 梅雨が明けて、暑い暑いと言いながら暮らしています。そしてこの日は午前中は室内での授業、午後が外での作業です。いつもの反対です。午後の暑さに耐えられるかしら? 午前中の講義はいつも面白いし興味がわく話し方で保田先生が突っ込んできます。ちょっとしつこいところがあるけど、わかりやすく、覚えてくださいという気持ちがそのまま受け取れます。植物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カボチャは美味しい

 スイカとカボチャの畝をほおっておいたらどんどん草が生えてきてスイカとカボチャより高くなってしまってスイカとカボチャが埋没してしまってます。それでもスイカが食べたくて掘り出しておいしくいただいたので、今度はカボチャを探しました。「坊ちゃんカボチャ」が早くに実をつけていたのでそのあたりを探して2個ゲットしました。小さくて片手に乗る可愛さで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モロヘイヤと空心菜と蔓紫のちがい

 モロヘイヤと空心菜と蔓紫が摘芯してから、わき芽が増えて増殖しています。どちらも粘った食感があり、どれも最近食べられだして普及してきた夏の葉物です、我が家では、モロヘイヤ、蔓紫、空心菜の順で入ってきました。人気は蔓紫、モロヘイヤ、空心菜の順で食べられます。売りに出したら、モロヘイヤ、蔓紫、空心菜です。といって空心菜は村の直売所しか出して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大玉スイカを収穫

久しぶりに大玉スイカを成功させました。ひげが茶色く枯れていたのでもう熟れているのではないかとポンポンと叩くと、オッ、中が空洞のような詰まっているようないい響きです。「おばあさんはよっこらしょっと大きなスイカを持ち上げました。家に帰っておじいさんと一緒に食べましょう、と持って帰り・・・・割ってみると」桃太郎のおばあさんは力持ちだったのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村の直売所に出品

 夏野菜の最盛期です。でも、多すぎて6人の家族でも食べきれません。キュウリはでっかくなるし、トマトは落ちていくし、ピーマンは重くなって枝が折れてしまうし・・・・・ だから月末の土曜日にあるおらが村の「ふれあい市」に出すことにしました。ほとんど農家の村でそんなことしても売れないのではないかと思われていたのですが、欲しい野菜っていつもある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転がす草刈り機で刈りました

今日も朝はさわやかな始まりでした。夏休みになったのでラジオ体操が始まりました。私も一緒に体操をすることにしました。眠い目をこすりながら6時25分に広場に行きました。小学生とその保護者の皆さんと私と同じような老人の方たちと楽しくまじめにラジオ体操をしました。でもまた午後になると黒雲が出てきて雨が降りました。同じ市内ですごい降りだった所があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄ニンジンと紅ニンジンの種まき

 夏の朝らしい朝。梅雨は終わったのかなと思わせる朝です。ユリがきれいに咲いています。 でも、昼か黒い雲がやってきたので梅雨はまだ終わってないかな?、でも降らなかったので終わったのかな? 相変わらずわけのわからない天気です。でも、もうそろそろ梅雨明けになるでしょうね。  今日は大暑。暑いはずです。雨が降っているときには草が伸び放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足抜きを作りました

 蛭対策として長靴に鉢巻をしていましたが、鉢巻は使っているとほどけることがありほどけた端を踏むと転ぶなど危ないということがありました。また雨でぬれて泥がついて汚くなってしまったので、酢の効果があまりないなと思うようになって、「腕抜き」ならぬ「足抜き」を作ろうと思いました。長年使った結果、首回りが破れたり汚れたり、ところどころに穴が開いた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とにかく毎日収穫に行こう

雨が降ったりやんだり・・・変な天気です。耕すことはできないし草刈りもできないので、雨がやんでいるときに収穫に行くだけです。 農作業ばかり報告していますが、実はこんなに収穫できるようになっているのですよ。収穫物も見てもらいたいので載せました。一番多いのがキュウリ。中玉トマト「フルティカ」も一段目の房が順番に赤くなっています。大玉は1段目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双子のキュウリと深ネギの定植

キュウリが最盛期です。毎日5本以上取れていき、時には10本以上取れるのでうれしい悲鳴です。友達に食べてもらったり、漬けたりしても追いつきません。それなのにこんな双子ができています。二人とも健やかに伸び伸びと育っています。きゅうりはお弁当にもお皿の飾りつけにも便利だから絶えないように7月7日には自家製の苗を植え。7月14日には直播もし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大豆の追肥土寄せ

 大豆は牛糞・ぼかしの7層元肥ではなくて、牛糞だけしか入れてないので、今ぼかし追肥で完成します。豆は窒素を固定するのでたくさんのぼかしは要らないのです。本葉(3枚葉)が4枚出ています。でも、草がいっぱいです。まず草取りから開始。鎌でコツコツと草取りしました。これが面倒なのです。ひっぱったら丸い球根が付いてくる草がいっぱいです。それを…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

草ぼうぼうと

なかなか晴れてくれません。蒸し暑くてすぐ汗をかきます。でも日差しがないので案外楽に仕事はできます。 この湿気と気温で野菜も草も伸びてます。しかし雑草の勢いの方がすごいです。 一週間行けなかった中島畑です。 野菜たちは雑草に埋まっています。わずかに土の見えているのは、最後に空心菜のところをちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマビルに注意

畑にはこの長靴を履いていきます。 なぜ長靴が鉢巻をしているのでしょうか。 畑に行くときは、このハチマキ部分に酢をスプレーでシュ、シュっとかけて、酢の鉢巻きをするのです。 これをしなかったら、この梅雨のじめじめ時期にはヤマビルが人間の匂いを嗅ぎつけて長靴から登ってきて靴の中に入ったりズボンの上を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有機農業学校 7月号

有機農業学校7月の講座と実技に行ってまいりました。 梅雨の最中でうっとうしい空模様でしたが、実習の午後からは晴れ間ものぞき、無事農業体験ができました。 講座は食品の栄養についての話でした。とてもためになりましたが、長くなるので省略して、実習でたくさんのことを学びましたからそれを報告しておきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイカとカボチャに実が生った

ピーマンやトマトの実がなるのは嬉しいけどそんなに感動しない。けど、スイカやカボチャは感動します。 感動の実  スイカやカボチャの親蔓を摘心した方がいいのか、放置して伸び放題の方がいいのか迷って迷って親蔓が伸びてから切ってしまいましたが、その間にいろいろ読んでみると、確実においしい大きな実が数個取りた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サツマイモの世話

サツマイモを挿しっぱなしにして芽が伸びているのを確認してからは安心してなにもしていませんでしたが、今年はそれではいけないと思い、草を刈って、お世話します。去年はこうしてほおっておくので、草まみれになって草に埋もれてしまったのですが、今年はそんなことにならないように今草の伸び始めたときに草刈りです。草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more