トウモロコシの根が出てきた

 水を含んだ紙の上において根を出させる方法で坊ちゃんカボチャだけ根が出ました。それは大のポットの土の中に埋めました(前の記事)が、その場所が空いたのでそこにトウモロコシの「ゆめのコーン」の種を置きました。ペットボトルでまた温めていました。すると、この夢のコーンが根が出してくれました。他の青ナスとかササゲとかは全く出る気配がありません。これらは古い種だったのであきらめているのですが、この赤い夢のコ…

続きを読む

カボチャの芽が出てきた

 種を水を含んだ紙の上にのせてペットボトルのお湯で温める発芽実験を13日にやった「坊ちゃんカボチャ」、これの根が出たので大きめのポットに植えたのです。そしたらなんと芽が頭をもたげてきました。うれしい。他の種子はまだ芽も根も出なくてあきらめていたのですが、このカボチャの種だけは今年購入の種で他のは古い種だったのです。そして見事発芽になりそうです。  もう一つのポットも真ん中が膨らんでいます。双葉…

続きを読む

ほうれん草の種子を水に漬けました

 暑くなって桜が開いたと思ったら、今日は冷たい雨です。外仕事できないので、気になっていた髪を切りに行きました。短くすると寒さが余計身に沁みました。中でもすることが見当たらず、ほうれん草を蒔きたいなあと思っていたので、芽出しのつもりでほうれん草の種を水に漬けました。種に色が付けてあったのでしょう。しばらくすると赤い汁になっていました。これで芽が出るでしょうか。それより気温が上がってほしいです。雨が…

続きを読む

種子よ 根を出せ、芽を出せ

土にそのまま蒔いても発芽温度にならないので芽が出ません。それならばやっぱりやらなくっちゃあ。温めます。  自然農法の大玉トマト「妙紅」とタキイの「ごっちゃん長南京」と「ふわとろ長なす」の3種類の種を温めることにしました。湯たんぽ保温は失敗しましたから、寝るときはこたつに入れて、起きたら私のポケットで温めるやり方でやってみます。そして根が出たら土に埋めます。外の気温もだいぶ暖かくなり、最高気…

続きを読む

去年のジャガイモの終了です

 去年はジャガイモがたくさん取れました。大きさは小ぶりでしたが、おかげで中のすいているの物はなく、たくさん食べることができました。去年はメークイン・男爵・キタアカリ5キロずつ植えました。今残っているのはメークインです。でも休眠から覚めたジャガイモは芽を出しはじめ、芽掻きをしなかったので芽は伸び、だんだんしわができてきて皮をむくのもむきにくくなってきました。皮をむいて料理すると、おいしいのですけど…

続きを読む

これからの畑模様を作ろう

 ジャガイモを植えたら、さて次に植えるもの、蒔くものはないのです。今のうちに畝を作っておかなければ、4月になっても何も植えられないし蒔けないということでこれから頑張って畝作りです。それは力のいるものです。  まず、村内畑。どれも10メートルの畝にします。入り口から、4列、4列、6列、6列の20畝を作る予定です。そして今年は有機農法にのっとって土つくりを一番に頭に入れて作っていきます。  昨日…

続きを読む

タマネギ復活している!がんばれ‼

 3月5日の発見した鹿に食べられたタマネギが、なんと復活して新しい葉を出して伸びています。特に早生は大きくなってきました。10センチ以上伸びているのもあります。あきらめちゃあだめ!鹿は葉を食べただけ、生長点を食べてなかったのです。これからだんだん暖かくなって玉ねぎが大きくなってくるころ、だから頑張って大きくなったんだ、他の家の玉ねぎはもうすっかり大きくなって玉が大きくなったのが見えてきた頃、うら…

続きを読む

ジャガイモを有機農法で植えました

 いよいよ中島畑にジャガイモを植えます。もちろん土つくりの保田ぼかし肥をつかっての有機農法で植えます。  春草を取り除いて、耕耘して、7畝とれるようにしました。そして畝の真ん中に溝を付けました。溝と溝との間は1メートルです。  この溝に、まず完熟牛糞を柄杓で入れます。5メートルに3杯です。この畝は12メートルありましたので7杯の牛糞を入れました。  そして溝の両淵が高くなっていますが、ここ…

続きを読む

山桜開花、ジャガイモを植えよう

 17日に大きい種イモは半分に切りました。切り口を乾かしています。①メークイン5キロです。ほとんどが100g前後なので半分にしました。いい芋です。芽もしっかりと出ています。出すぎぐらいです。芽を掻かないように気を付けて触っています。メークインは荷崩れしにくいので煮物には最適、カレーやシチューお汁にもいいです。  ②キタアカリ5キロです。男爵イモの改良で丸型でほくほくしています。ポテトサラダやバ…

続きを読む

菜の花盛り

 雪?あられ?雨?寒い!そんな天気が終わって今日の午後からはいい天気。でも今朝の霜はすごかった。真っ白な畑、屋根、そして水たまりは氷。最後の冬との別れ。学校も卒業式たけなわ、別れの季節ですね。寒くなかった冬でしたから別れの時はうーんと寒くなったのかな。  この暖冬のためでしょうか、アブラナ科の野菜たちはいっせいに花を咲かせています。みんな黄色の同じような花、春は黄色の花が多いですね。この花は何…

続きを読む

15度の保温は難しい、古着解体する

 朝早くから雪が降ってきました。名残雪でしょうか。昨日の夜には雷がすごい音でなってました。そして朝は雪でした。小屋の中のポットの種子や植木鉢の種子や発泡スチロールの中の湯たんぽ温めの種子は、寒さに震えているでしょう。200メートル以上離れている小屋まで温めに行くのはいつも10時ごろ。夜の間に冷え冷えになっています。いつもふたを開けると10度を切ってしまっています。とても15度を維持するのは無理で…

続きを読む

カボチャ、ナス、ササゲの芽出し挑戦

海爺さんがアンカ(電気)で芽出しをされていましたので、私はそれをヒントに今までポケットで体温で温めて芽出ししていたのを、湯たんぽ(お湯)で芽出しをしてみようと思いました。といってももし失敗したらダメなので自分で撮った種ならたくさんあるのでそれでやってみることにしました。青ナス、ササゲ、マクワ瓜・カボチャ(バターナッツ・坊ちゃん)です。坊ちゃんカボチャだけは買った新しいのを使いました。大きめのポ…

続きを読む

いい天気で気持ちいい

 春の雨というには量の多い雨でした。雪が降らかなかった分、雨で貯水しようとしてくれたんですね。これも天の恵みでしょう。今日はいい天気になりました。でも足元は濡れているので、10時ごろから外に出たけど作業は草刈ですね。土を動かすことはできません。  若葉が一面に出ている鍋底畑に行きました。玉ねぎを鹿に食べられてしまった畑です。そのあとは電気を流しましたから入っていません。悲しくて見ることができな…

続きを読む

ポットではなくて、植木鉢に種を蒔きました

 晴れたと思ったらすぐ雨。なかなか畝作りはできません。今日も雨だったので、外での仕事ができないので、中で何か蒔けないかなあと考えて、野菜のポット蒔きは温めることができないので花の種にしようかなと思ったのですが、野菜でも古い種なら芽を出さなくてもあきらめがつくので、それらを蒔くことにしました。キャベツとレタスと葉ネギです。これらはバラマキでいいので、浅い植木鉢に蒔いてみます。ポットではコーンを蒔い…

続きを読む

春畝 準備 開始

鹿に玉ねぎを食べられたショックで、野菜なんか作りたくない!なんて思ってみたものの数時間たつと、次は何しょうかなって考えているんです。  畑は冬の野菜のあるところ以外は春の雑草が芽吹いてきました。秋の枯草の中から新芽が出ています。さあ、これらを除けて春の畝を作り種や苗を植えなければならないです。そろそろ準備です。たいていはトラクターでそのままゴーゴーって草もごみも鋤き込んでいらっしゃいますが…

続きを読む

玉ねぎみんな食べられちゃいました

 鍋底畑は道の下にあるので、道を通るときにちらっと見るのですが、今日もお昼過ぎちらっと見たら、「おや 何かおかしい」すぐユータウウンして、畑に降りてみると、な、な、なんと、タマネギがない!!2列にきれいに育っていたタマネギが3畝ともない!  目を凝らしてみると、わずかに残っている白い茎がある。え、食べられたんだ。鹿だ!あまりのショックでしばらく茫然! 気を取り直して見てみると鹿の足跡がある、あ…

続きを読む

キャベツ・サニーレタスの苗を植えました

 あたたかくなってくると、植えたくなってきますね。ホームセンターでキャベツの苗10連結が400円弱で売られていたので、それとサニーレタスも10連結のを買いました、畑はまだ耕耘していないのに買っちゃったので、2日置いて、簡単に植えるところを作りました。畝にするところの中心に棒で紐を引っ張り、その中心線にもみを蒔きました。この左右にキャベツとレタスを交互に植えていきます。5メートルの畝としました。株…

続きを読む

実エンドウ・スナップエンドウの苗をもらいました

 「スナップエンドウと実エンドウが発芽が悪くって少なくなっちゃった。特に実エンドウは全然ダメだったわ。」なんて話をしていると、友達が「うち、たくさん芽を出しているからあげる」とたくさんの苗をひいてきてくれました。ありがたい、ありがたいことです。持つべきものは友達だね。 実エンドウは8ポットかな、それくらい。スナップエンドウは13ポットぐらい。そのポットの中は1株のもあるし2株のもあるし3株のも…

続きを読む

中晩生玉ねぎも1畝草取りしました

早生は草取りをしてからだんだん大きくなってきました。その隣畝は中晩生のネオアースの苗。これはまだヒョロヒョロで草もそんなに多くないのですが、もう草取りしておかないとと決心して半日座って1畝草取りとぼかし肥を1握り(1メートルあたり)追肥して、お前たちもがんばって大きくなってねと応援しました。 我が家の玉ねぎはもう底を尽きようとしています。大体2月ごろまで食べられます。去年は玉が小さくて…

続きを読む

玉ねぎの草取りをしました

 早生の玉ねぎが大きくなってきていますが、草も負けず大きくなっています。ここで草を取っておかねば後がしんどくなってしまうので、雨が降っていない時を狙って草取りをしました。ぼかし肥を持ってばらまきながら草を取りぼかし肥を土にまぶしながら小さい鎌で草取りをしていきました。玉ねぎがあるのでなかなか面倒な作業です。ナズナ、オオイヌノフグリ、ほとけのざ、などの草が生えています。2列植えは初めてのやり方です…

続きを読む