有機農業の学校に入学


市が募集していた「有機農業の学校」に入学しました。1年間学生になり勉強です。毎月1日講義と実技があります。
画像4月は入学式、講義、ぼかし肥料作りでした。私は無農薬の野菜を作ろうと始めた野菜作りですが、本とパソコンを参考に手探りでやってきました。近くでぼかし肥料でやっている人がいなかったのですが、だんだんやっていくとぼかし肥料でやっている人もわかってきました。でも、そんなに親しい人ではないし教えをもらうのも遠慮していたのですが、有機農業の学校があることが分かり、友達も行きたいということで一緒に行くことになりました。
入学式では、今年入った新入生が名前を呼ばれ一人ひとり自己紹介と入った動機の様なものを発表しました。慣行農業に疑問を持ったり、安全な野菜を作りたい、そして作った野菜を安心して家族に食べさせたい。孫においしい野菜を食べさせたい。退職したがその後を農業に生きがいを求めたい・・・・となどなど、みんなすごく目的意識を持ち、熱意ある一言ばかりでした。そして代表が「子供や孫たちが幸せになる食事、人が幸せになる農業をしたい」と言ってくれました。
校長であり、講師であり、創立の中心人物である保田先生が、創立の趣旨やどんな農業を目指しているかということを挨拶の中で話されました。
そのあと、有機農業とはどういうものかという概要を話してもらいました。
昼は、満開の桜の下で持ってきた弁当を広げました。
午後は、ぼかし肥料の作り方、ぼかし肥料の効力、等について話を聞き、実際に外へ出て、ぼかし肥料を作りました。嫌気発酵で乳酸菌の培養になります。だから今作ったらちょうど今度の5月の登校日に施肥できるのです。
糠6、油粕3、魚粉2、蛎殻石灰1、水2の容量率で混ぜていきます。私のぼかし肥料との違いは魚粉が入っていることです。私はもみ殻を入れます。そして同じような混ざりの硬さになりったらナイロン袋に密閉します。
できた時の匂いをかがしてもらいましたが、私の今作っているぼかしと同じ匂いです。嬉しいな。ここでしっかりと基礎を習ったら、これで私も自己流から抜け出して、成功する肥料作り肥料効果が期待できると確信しました。
そのあと実習農園に行って、三角ホ―で今生えている草をこぞってきれいにしました。来月ここにピーマンとナスを植えるのだそうです。
 保田先生のおっしゃったことにいっぱい共感することがありました。化学肥料は一切使いません。道具は耕すのに使う三つぐわと草を削り取る三角ホ―、草刈鎌だけです。耕運機は使いません。肥料は完熟牛糞とぼかし肥料と雑草だそうです。いいなあと思いました。しっかりと勉強したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 海爺

    お早うございます。ワォ~。良いな、そんな事を教えて貰えるなんて。私は自己流ですから、羨ましい。頑張って下さい。
    2019年04月08日 03:13
  • 春ばあ

    はい、がんばります。習ったこと・やったことその都度報告できたらいいな。復習になるから頑張ってブログにも載せます。いいことも悪いことも公表してみんなで考えましょう。みんなおいしい野菜食べたいもん。安全な野菜食べたいもん。
    2019年04月10日 21:11
  • 海爺

    お早うございます。大量害虫記事の事が記憶に有ります。
    特に念入りにブログして下さい。
    2019年04月11日 02:22