枯れたよう 覆いを取ると緑の芽


サツマイモベニアズマが植えてから1週間たちました。その間、世はゴールデンウイークとかではしゃぎまわっていました。暑い日が続き、春ばあちゃんもいっぱい畑仕事をしました。そうです。この鍋底畑は忘れられていました。今朝行ってみると、サツマイモの苗を挿したところに行ってもそれらしきものは見えない、よくよく近づいてみると、茶色くなった葉があり、新しい芽のところが、紫色になっていました。いや、黒くなっているものもあります。かろうじて立ち上がろうとしている緑の葉は3苗ぐらいしかありません。緊急事態だ。枯れてしまう。今日も27度とか言っているのに・・・・・
 野の花の家に行って、ヨモギ発酵液1000倍液を大量に作り、一つ一つ刈り草や枯草をかけていたのをはがして、挿した根元のあたりにジョロでかけてやりました。「しっかりしろ、これで何とか明日の夕方まで生き延びろ、その時雨が降るから」と声をかけながら・・・暑いです。10時近くになると暑くなるのです。根元の方は緑色です。枯草が熱い太陽光線を遮ってくれていたのです。ここが緑色ならきっと新芽が出る。そう信じて水をやりました。
 さて、その後はもう一つ放置していた砂畑に行きました。ここにはトマトを植える予定にしています。昨日、親戚からトマトの苗をもらいました。大きく成長した苗で、もう黄色い花が2つ咲いています。我が家の苗はまだ本葉2枚ですから畝作りはまだいいよ、とのんびり構えていたら、こんな大きな苗をもらっちゃいました。だから急いでストチュウ水につけて、昨日の夕方この砂畑に定植しました。もちろん寝かせ植えです。さあ今朝は起きているかな。
画像

寝てますね。大きな体ですから起き上がれないようです。でも水はやりません。トマトは乾燥好きなので水をやるとかえってよくないのです。この畝をトマトの畝にするので、支柱を立てました。砂畑なので、支柱もなんかしっかりと入りません。低めの横木でそれにトマト1本につき支柱1本で対応したいと思っています。

この記事へのコメント

ものぐさ太郎
2017年05月09日 11:00
Aさんの畑それも絹さやの前でコメントします。イメージして下さいイメージ、Aさんの支柱は鉄を棒の先端を緩やかに地面と平行の曲げてあります。二条に植え付けてありますので一本づつ立て曲がった部分を上部で交錯させ紐で結んであります。それを一番前と一番後計四本。前後の補強は竹でネットを吊してあります。真ん中の補強は曲がった鉄の棒をの先端を真っ直ぐな鉄の棒に交錯させ紐で結んであります。見事までの長方形が四つ。触ってもビクともしません。我々の規模なら四本あれば一生利用出来るし他のツルモノにも利用出来ると思います。以上参考になれば、現場からの報告です。
春ばあ
2017年05月10日 11:27
ものぐさ太郎さん、現場中継ありがとうございます。現場の映像がないので想像力で紙に描いてみましたが、長方形が4つというところと竹の補強がわかりません。鉄の棒を90度に折り曲げてあるところがキラリなんでしょうね。普通まっすぐなまま交差させてそこに鉄の棒を通して固定して作ります。私はそうしようと思っています。エンドウはたくさん蔓が絡んでいくのでネットにされていますが、ネットは後片づけが面倒なので、この辺は竹を枝をつけたまま差して、支柱にしています。支柱には悩みます。力のないものには苦痛の作業です。人それぞれいろんな工夫されてされているので、見て歩くと面白いです。
ものぐさ太郎
2017年05月10日 13:39
直方体だとイメージが湧きますか?正面から無い頭を絞って説明します。「 が二本あります。お互い向き合うようにし曲がった部分の先端が一方の棒にお互い触るようにし重なる曲がった部分を紐で固定します。地面が底辺で長方形になりませか、この形が前と後ろで二組。次側面から右と左の棒を補強のため前と後ろ上部に真横に竹を通します側面から見て前と後ろここで長方形が二組です。私は春ばあちゃんの映像を見て前に支柱を二本後ろに支柱を二本立て紐でぐるっと三周しところどころ竹の枝を差しました。「使うならやるぞ」と言われましたが断りました。ただネットを使用した場合キュウリに利用出来るんです。私は育苗に使用した培養土をプランターに集め適当に肥料を入れネットのそばに置いておくと勝手に絡んでそこそこ収穫できます。
春ばあ
2017年05月11日 22:14
再度の説明ありがとうございます。直方体のイメージはできていました。竹も直方体の辺になっているのですね。鉄の棒ですると強いから上にネットを張ればカボチャやスイカの空中栽培にも応用できそうな感じがします。曲げた鉄の棒はあつらえて作ってもらったものなのでしょうか。何回も使えてよさそうですね。