花粉症スモッグ霞なんのその


晴れているのか曇っているのかわからないようなボーーーとした空でした。でも雨も降らないで暖かだったので、畑仕事は、これからの植え付けに向けての冬模様からの脱却、ミニ耕耘機でのたがやしです。
村内畑と砂畑の空いている畝を耕しました。ミニ耕耘機は浅く5センチぐらいの深さしか耕していません。耕す前に糠をふっておきました。表面の土にまみれたと思います。牛糞があれば入れたでしょうが、なかったので入れませんでした。
 もう一つ大仕事をしました。土手に行って、真竹を切ってエンドウの手を準備しました。でも、まだ組み立て、立てかけていません。来週はこのエンドウの手をするのが大仕事です。
写真は撮れませんでした。でも、この連休、頑張りました。

この記事へのコメント

ものぐさ太郎
2017年03月20日 22:02
ジャガイモ作業をしてふと思ったですけれども、ジャガイモもサトイモも種芋を使う。ならばサツマイモもそのまま埋め込んだら育つのではないか。茎そのものはイモ自体から出るんでしょ?ちなみに以前お話ししたAさんはセメント工事に使う鉄の棒を細工して支柱替わりに使っています。春ばあちゃんは非力だし私は○男だし鉄の棒は無理ですね
春ばあ
2017年03月21日 19:53
ものぐさ太郎さん、ジャガイモ作業できていいですね。こちらは雨で、農作業はゼロです。サツマイモを私も埋めましたが、暖かくなってきたら、芽が出てきてそのまま待っていたら茂ったのですが、冬になってしまいました。つまり時期が遅いのです。サツマイモの苗つくりをしている人のブログもたくさんありますが、こちらの寒さと温室のない私には無理と思いました。