雑草が日差しをさえぎり苗守る

ゲコゲコ、春ばあちゃん賢いぞ!
雑草は夏の日差しを受けて元気がいい。節ごとに根を付けてはびこっていく。嫌がられ、除草剤で殺され、防草シートで蒸し焼きにされ、刈り取られるが春ばあちゃんは雑草をほったらかしにして、苗が大きくなるまで待っていたよ。
画像

これは何の畝かわからない。よーく見ると、ニンジンの葉が見えるだろう。時々草取りはしていたようだがしっかりとはしていなかった。草を残していたな。そしてこの大きさになり、ちょっと涼しくなってきたので、しっかりと草取りだ。
画像

この雑草はやわらかいので割と簡単に取れるんだ。もう畝には人参だけという具合にしっかりと草取りをしたね。
画像


それから村内畑では
画像

これはキャベツの畝なんだけど、どこにキャベツがあるかわかるか。
ここも草取りをしてみると、キャベツが巻き始めている。
画像

そこで草取りをして土寄せをして肥料をやろうと考え、草取りを断行したね。
画像

半分の草を取ったところだ。すごい量の草。暑い日差しの中水を飲みながら汗を流しながらの作業をがんばっていたね。
昼にやっと出来上がった。
画像

両側の畝の間には大量の雑草が置かれている。しばらくするとこれは枯れてしまい、踏みつけられて、いい肥料となる。だから春ばあちゃんの畝間は広く取ってある。草肥料置き場としての役目もしている。
画像

今は緑色をしていて草だらけのようだが、枯れてしまえば茶色になる。積まれた雑草は発酵していい匂いになる。そして必要な畝に地上肥料として置かれる。
春ばあちゃんの草生栽培の一つだ。

ゲコゲコ君、褒めてくれてありがとうございます。今日はうれしい発見がありました。キャベツのところがすっきりしたら、なんと株間が広いとれています。そこでその株間にレタスを定植してやろうかと思いつきました。レタスを白菜と一緒に植えようかと思っていましたが、それよりここに植えた方が早く植えられます。
ポットに蒔いたレタス苗も本葉が出てきましたから、早く定植したいのです。
画像

隣の畝の里芋にもこれまでたっぷりの草をやっていました。だからか日照りにも葉が回らずに、素直に成長し続けています。ここの下草も刈って風通しを良くしてやりましたから、たくさんの栄養を根に溜めてくれるでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント