タマネギの白き首が恨みかな


タマネギ早生を収穫しました。タマネギが3月に切れてしまったので、待ちわびていた収穫です。
鍋底畑の早生の畝です。
町の種屋さんから買った150本の早生、道の駅の農家さんから買った「もみじ」100本、ホームセンターから買った早生200本の畝のうち、ほんとうに正直に早生の所だけ倒れていました。もみじはまだしっかりと立っています。早生はいい出来でした。
画像
全体的にしっかりと巻いていて、固くてみずみずしいです。葉も緑が濃く鮮やかで煮たらおいしく食べられます。
初めの種屋さんの方は、鹿に新芽を食べられていなかったので、その分大きめです。今日採ったホームセンターから買った早生はとてもきれいな姿で黄色くならず、みずみずしい葉のまま倒れました。薹立ちしそうなのが1本だけありました。朝引き抜いて、畝に転がしておいて、夕方取り入れました。
画像

たくさん収穫できてほっとしています。
晩生の方はちょっと黄色っぽくて心配です。見た感じ玉もそう大きくなってません。今年は早生の方がが豊作かな。去年は早生やり晩生の方がよくできていたのですが。
あとは、晩生のもみじとネオアースの収穫を待つばかりです。
画像

タマネギの2つの畝に挟まれたジャガイモ2畝は順調です。メークインの方は花が咲きだしました。
画像

メークインの方が葉の色が濃いです。元肥もメークインの畝の方がたくさん入っています。だからかなあ。
もう一度追肥して土寄せした方がいいかなあ。この畑はニジュウヤホシがあまりいません。葉がきれいです。

この記事へのコメント