細くても小さくっても玉ねぎよ


暖かい12月。久しぶりの雨。
暖かかったこの一週間は、事務仕事のため畑に出られず、土曜日になって雨とは・・・とほほ
雨の降る前にひと仕事。
玉ねぎの苗つくりをしたところ(砂畑)にまだひょろひょろ苗が残っています。
ネオアースは間引きながら適当な間隔を置いて苗を残しておいて、そのまま育てます。
画像

間引いた苗は小さくても村内畑に持っていって、タマネギ畝の空いたところに植えました。
OP黄はそのままにしておきました。これも明日ネオアースと同じことをしたいです。
黄玉ねぎは全部苗を掘りあげて、村内畑に植え付けました。苗床にはボカシ肥を撒いて軽く土と混ぜておきました。今のところ何を植えるという計画はありません。
こうすると、
村内畑のタマネギ畝はネオアースと黄玉ねぎがくっつきその境に青い棒を立てました。
画像

OP黄との間がすこしあいているので、ここには砂畑に残っている苗を植えたらこれでまた黄とOP黄がくっつくのでこれで完成です。
後は此処に牛糞堆肥を撒くだけ。

これは12月6日に鍋底畑に牛糞「大屋有機」を撒いたものです。
画像

マルチがしてあるので穴に入れていきます。穴の外にある堆肥は、マルチ押さえになります。

春ばあちゃんの孫が手伝ってくれました。
「おーい暇か?頼むわ、今日はタマネギのところに来て手伝って」
画像

というと、「一時間だけやで」といって、自転車できてくれます。
もちろん用意はすべて春ばあちゃんがやって「はい、こうして撒いてね」って見本を見せてやってもらいます。
だけど、これは最初だけ。次に同じ仕事を頼む時は、もう説明はしません。「この前と同じようにやってね」っとゆうと、同じようにやってくれます。若い人は覚えが早い。うらやましいよねえ。
鍋底畑はマルチをしています。 村内畑はマルチをしていませんが、同じように追肥をします。
追肥は12月にこうして牛糞の堆肥を掛けておいて、後は1月2月にボカシ肥を撒いてやります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント