レタス・キャベツ苗が植えられない

 もう師走です。  寒くなりました。で、もう植えたり種蒔いたりはできないとこのまま冬を越そうと思っていたのですが、友達からレタスの苗とキャベツの苗をもらってきてしました。  その友達の畑に行くとたくさんのキャベツ苗、レタス苗、結球もサニーレタスも上手に苗を育てていらっしゃいます。なぜ私の畑では発芽しないの?厚意に甘えてたくさんの苗をもらってきました。  11月30日夕方にもらってきたのです…

続きを読む

たくさん植えました

気が付いたら1週間以上全然更新してなかったです。旅行していたわけではありません。畑で一生懸命働いていたのです。写真を撮る間もないくらいに・・・。 購入した苗も自家製の苗も全部植え終わりました。それらがみんな育つとすごいピーマンとオクラになるのではないかと思いますが・・・? 畝を作って植えて、畑の周りの草を刈ったり、鹿柵を作ったり、トマトなどの夏野菜の支柱を作…

続きを読む

有機農業の方法で畝作り

実習でやった方法で畝を作っています。ここでちょっと説明をします。でも、土の写真ってわかりにくいですね。許されて! ここは中島畑の北側端です。4月に鋤いてもらったのですがこんなに草が生えています。ここを畝にしたいと思います。まずこの草をこぞってしまいます。短かったら三角ほーで地面を削るようにして草を取ります。長くなっていたら草刈り機ではねのけます。今回はまず草刈り機で、ざっと上の土を取りました。…

続きを読む

恵みの雨

長いこと雨が降らなかったので、野菜の苗たちがカラカラでした。今日と明日は雨と予報していましたので待っていました。ところが風は強く吹くのですが雨は降りません。黒い雲もやってくるのですが、雨は降りません。今日は田植えの水をポンプで上げて、水路に流す日です。そして上の田から順に水を入れていきます。雨が降らなかったのでなかなか田に水が行き渡りません。だのに雨は降りません…

続きを読む

有機農業の学校 5月号

第2回有機農業の学校がありました。待ってました。夏野菜の植え付けの実習があったからです。 とてもいい天気で暑いぐらいの朝です。こんな日にみんなで実習したらどうなるでしょう。と思いながら、すごく期待しながら・・・出かけました。 午前中は講義です。  二人の先生の講義はとても分かりやすい話でした。保田先生は土を作るということを講義されました。「野菜を作るのではな…

続きを読む

草刈三昧

やっと晴れてきました。しつこい雨でした。しつこい寒さでした。で、青空が見えてくると外に飛び出したくなりました。そして緑の中で深呼吸をすると緑の精がすーと体中に入ってくるような感じがします。周りは緑一色です。一色といっても様々な緑が重なっています。 いつまでも見とれてはいられません。私は草刈をしなければなりません。田植えを始める準備はまず水路の草刈りと掃除土…

続きを読む

暑いぐらいのいい天気

たくさん畑仕事ができました。 1.鍋底畑の電気柵の下の草刈り。カラスノエンドウが伸びかけている。これが伸びだすとすぐ電気柵の届いてしまう。すると漏電してしまう。でも1周するまでに電気が切れてしまったので3分の1残ってしまった。 2.村内畑の盆菊の新芽を移植する。お盆の菊が要るので、いつもこの畑で春に新芽が出たらそれを移植して育てている。でもその年の気候に…

続きを読む

ミニ耕運機をもちこんで

18日の日曜日。 きょうしかない! 中島畑を耕すのが広くて時間のかかることと、耕運機をそこまで持っていくのが時間がかかりそうなので、時間のたっぷりあるときしか鋤くことができない。とすると、今日しかない! ということで、ミニ耕運機を歩かせて、トコトコトコ・・・・・、ブゥブゥブゥドットドットドット・・・・と賑やかに農道を100m~200m?散歩して、中島畑に着き…

続きを読む

春の畝にしよう

オオイヌノフグリがきれいです。 中島畑にやってきました。ここは一番遠いので、足も遠のいています。 でも一番広いし気になるところです。 ミニ耕運機で耕してもいいのですが、ちょっと変えたいことがあるので、頭の中でいろいろ考えていると遅くなってしまいました。 ①去年の残渣がそのまま畝の上に残っているのです。 ②今年は畝の幅を広くしようと思います。2メート…

続きを読む

種蒔きと畝作りしました

いい天気。花粉症の人は苦しそうです。 私は一時花粉症だったけどこの頃は何もありません、時々喉が痛かったりくしゃくしゃするときもあるけどほかのひとみたいなひどいことは無くなりました。 だから、まず畑に出て畝を作る準備、ミニ耕運機で耕すことが悠々とできます。 砂畑にブルンブルンとエンジンをかけて行きました。蛎殻石灰をぶら下げて持っていきました。耕すときに撒いて…

続きを読む

気になるタマネギ

寒さが続き、畑にも行かずでしたが、昨日はいい天気になり、畑に歩いていくと、玉ねぎの穴あきマルチが全部めくれて、片方の端っこに寄っていました。これをもう一度掛ける気にはならなくて、撤収してしまいました。マルチなしになってしまいました。これからの寒さに耐えらるでしょうか。そしてこれから草が生えてくるので草取りが忙しくなります。 それでも日が差してくると、少しずつ温…

続きを読む

仕事始めは豆割ち

正月と言って何をしよう。2日になれば仕事始めです。 去年取り入れて、放置していた大豆を莢から出して、味噌つくりの豆を用意しなければ。 ということで、元旦の食っちゃあ寝、食っちゃあ寝で体がなまってきた夫と一緒に野良小屋に行きました。 雪がちらついたり、雨になったり、日差しが差したり、何でもありの天気でした。 早速、ストーブに火をつけて部屋を暖めます。 棒でバシッバシッと叩いて、中から…

続きを読む

草焼きと水やり

昨日蒔いた水菜と大根がこの暑さに参っていないかと心配。だって30度を超えた暑さなんですもの。 砂畑に行きました。 ジョロに水を入れて持って行って、かけてやったのですが、足りなくて、やった筋とやれなかった筋があります。 この暑さを利用して、よく乾燥した刈草を燃やしましょう。よく乾燥していると思ったのですが、火をつけて燃やしてみると、気持ちよく煙を出さず燃…

続きを読む

畝を更新・何蒔こう

砂畑には、何も植えてない所がいっぱいあります。草刈りはかなりしたのですがそのままになっていました。それを焼いて半分ほどは灰にしましたが、まだ焼け残りや刈残しがあります。 焼いたところはまだ置いといて、一番奥の畝をきれいにします。 お隣の柿の木から葉が落ちています。 ここに「やさい名人」有機肥料を撒いて、鎌一つできれいにしていきました。3時間ほどかかりま…

続きを読む

hatake 畑しごとがしたい!

雨が降った おまけに事務の仕事が入ってきた。 まとまって外へ出られない。行くのは収穫だけ。 ピーマン、おくら、ニラを料理の関係からとりに行っただけ。 畑を耕したい。せっかく耕せるようになったのに畑仕事ができない。 くやしい。 明日こそいい天気になって畑に行けますように。 ハクサイに本葉が出てきたのだ。 1日にはJAに頼んでいた苗が来るのに、 畑の準備ができていないのだ。 畑に…

続きを読む

秋の風空の階段降りてくる

温かくなりました。寒くなったり温かくなったり、一歩一歩秋も深まっていくのでしょう。 昨日の白菜の草取りができませんでした。お詫びもうしあべます。 でも今日の仕事は、タマネギの場所作りです。せっかくのいい天気ですから思いっきり動かなくっちゃ。 ミニ耕耘機を出して、鍋底畑に行きました。 ここにはまだ、たくさんのサツマイモが埋まっています。草の下に。 で…

続きを読む

虫の音や夫のいびきは不協和音

昨日の夕方頑張って村内畑のジャガイモ地跡を米ぬかを混ぜて熱中消毒を準備していたのですが、日が沈むとあっというまに暗くなり、朝の湿気を吸った方がいいかなと、今朝に持ち越しました。 朝も早く出ればよかったのですが、家事をしているうちに9時になってしまいました。 昨日の終わり頃6時前の状態です。 暗くなってきている状態です。あとレーキーで均して、右の畝を少し…

続きを読む

太陽の熱中消毒完成だ

3日目です。今日こそ完成させようと出てきました砂畑。 元肥を入れて、鍬で耕したところでしたね。 今日の仕事。 まず畝を立てます。 適当に見通して、透明マルチの幅を見て、この辺かなと畝の端を掘り始めましたが、「これではいつもの中途半端のぶり返しだ」ときづいて、ちゃんとロープを張ることにしました。麻紐を張っただけです。 これに沿って土を上げていけば…

続きを読む

やるのなら最後までやろうよ畝作り

いつも中途半端な春ばあちゃんで、せっかく草取りしてもすぐ草が生えてきて元の木阿弥。 今回は草取りをした後耕したのだからえらい! そしてたがやしたままだったらいつもと同じだから、今回は日光熱消毒まで頑張るぞ。 今日は雲が多くて割と過ごしやすい。 例のごとく砂畑に出ました。 ミニ耕耘機で耕した所に、まず牡蠣殻石灰を撒きました。 左の畝には、7月31日…

続きを読む

洋服も畑も季節を先取りす

8月になったとたん、季節を先取りして秋のしたくをしました。 砂畑のイチゴやカボチャ、キュウリを撤収したところの草刈りをしましたが、今日はそこをミニ耕耘機で耕しました。「やさい畑」に載っていた日光熱での消毒をしようと思ったのです。雑草のしぶとい根っこが残っているので、耕耘機を何度も止めて歯にまくいついている雑草を取り除かなければなりません。それでも何回か往復…

続きを読む

草刈機青草刈って時間刈る

稲がしっかり太ってきました。カメムシ対策に田んぼの畔の草は出穂○○日前に刈りましょうということなので、7月中旬に刈ってください。というおふれがありましたので、今朝の晴れの空を見て、草を刈ることにしました。ところが電気充電式の草刈機は30分ぐらいしか刈れません。田の入り口と1辺だけを刈ると、止まってしまいました。あと残りの3辺は草が元気に突っ立っています。 次の…

続きを読む

天地の恵みはカボチャの葉の下に

連日雨続きで、雲の切れ間に畑に行くのはキュウリとピーマン、オクラ、トマトの収穫と草刈り仕事。 でも、この前、久しぶりに種蒔きしました。モロヘイヤという葉を食べるもので、ゴワゴワするけど茹でたらぬるぬるになり、おひたしなどにします。あまり家族に評判は良くないのですが栄養があり、葉物の少ない夏には健康にいいので食べます。 畑での楽しみはカボチャが生っているか、ス…

続きを読む

畑見て今日の夕食ロールキャベツ

梅雨明けを思わせるような空の様子、そしてなんと蝉の声。 でもまた明日から曇り空といいう予報で、まだ梅雨明けには早いですね。 でもこの晴れ間をフルに動きました。草刈りと草取りです。梅雨の時期は草との戦いです。草と共生といっても、この草は抑えなければ野菜も人間も埋もれてしまいます。 村内畑に草が生い茂っていたので、草刈機で刈りました。インゲンのところ、ピーマン…

続きを読む

百姓にげに恐ろしきは梅雨の草

雨降りが続いています。曇った空からいつ降るかわからない状態です。 朝晴れていても、みるみる雲が覆って暗くなり、降ってきます。 こうなると畑にもいかれないし、何の作業も中断します。 草は伸び放題。ニンジンが草の中に紛れ、ゴボウが草の中でアップアップと大きな葉を上げています。 草の中に青じそ赤じそマリーゴールドが育っているので、それらは刈りたくないしと、…

続きを読む

飴と鞭、雨と無知、アメと無恥

ピョーーーント出てきた吾輩は、かえる農園の主人ゲコゲコ伯爵様ですぞ。 なんぞ否、人間のやっていることは、いつまで飴と無恥だけの政治屋さんをのさばらせているんぞいな?全く恥ずかしい恥ずかしい穴があったら入ってもいいぞいな。吾輩も冬は穴に入ってしっかりと学んでいるんぞなもし。 チョット癪に障る出来事があってな。いい加減な人間にあきれているんぞな。まあ春ちゃんはせっせ…

続きを読む

電線に絡んでエンドウやけどする

雑草のなかでもしいとと呼ばれる葉の大きな茎が高く伸びて穂をつける草と、絡まりながら伸びていくカラスエンドウが電気柵の電線に引っかかって電気が流れたらやけどしています。草の方が強くなると電気は下へ流れてしまって電気柵の役をしてくれなくなります。だから、草刈機で頑張りました。いつもの草刈機は重いので私用に買ってもらいました。電気の充電式の草刈機音や振動が少なく何より…

続きを読む

桜咲き小さき村は春爛漫

あらら、燕がやってきましたよ。七十二候では四月五日から九日までを「幻鳥(つばめ)きたる」といいます。それより早く春ばあちゃんの里にはやってきたようでこざいますね。燕はあちこち飛んでいろんな物を見ていろんな経験をしてここにやってきたのです。だからおはなししたくてしたくてしょうがないのでしょうね。ピチュピーチクピチュピチュと一生懸命お話しているでしょう。聞いてやってね…

続きを読む

ダンシャクも桜咲く前 埋めましょう

ジャガイモもあとダンシャクだけになりました。 切り口も良く乾いています。 村内畑の昨日の隣の畝に埋めますよ。 レーキーで、表面を均しておいて、真ん中に芋を置いていきます。 今日は1列で30片並びました。間は30㎝ぐらいです。 その両側に、油粕と「あさひ」を筋撒きしました。 昨日は2列に芋を置いて、その真ん中に油粕と「あさひ」を置いたのですが、今日…

続きを読む

春風がこんなに寒うてもサクラサク

 桜初めて咲く いよいよ桜前線が上ってきています。 みなさまのところはもう咲いていますでしょうか。それともつぼみが堅いままでしょうか。 七十二候では、今の時期を桜はじめて咲くといいます。まさにその通りの季節でございます。 人間の世界では想定外のことが起きるようでございますが、自然の移ろいは時を定め必ずやってくるのでございます。春ばあちゃんの村にもそろそろ桜が咲…

続きを読む

疲れたよ、もう一畝は機械でしよう

昨日がんばって1時間かけて1畝できたけど、体が痛い。 そこであの残した1畝はミニ耕耘機ですることにしました。鋤いても畝上げは鍬でしなければならないけど、機械で鋤いておけば楽に上げることができるので、今日は、ミニ耕耘機を通すだけにしました。 ここですね。これを3.4回行ったり来たりしてやわらかくして終わりました。 そして機械ですると、跡がついて植えるのに…

続きを読む