雪降って我が家は小さくなりにけり

前回の大雪以上の大雪になりました。そこら中、真っ白で屋根の雪も高くなっています。50センチは十分にあります。雪の中人の歩く道、車庫から道路までの車の道、駐車場の前、これは必ず空けなければなりません。せっせと雪をスコップで運ぶのです。力のある時はスノーダンプで運びます。力が要ります。今日やっと降りやんで陽が射しました。道もかなり空きました。太陽の温かさをしみじみと…

続きを読む

身を守る甘さいっぱい雪野菜

雪の中から取り上げた白菜。鉢巻絞めて雪の中から頭を出していました。 なんという鮮やか緑でしょう。 早くから採って家の中に置いていた白菜はもうフニャッとなって葉もしわしわしわっとなっているのに、雪の中で寒さに耐えていた白菜はきれいな緑色。 鉢巻を取って、外葉を取って、まあきれいな葉の色、 雪の中では寒さに手がかじかんで写真もとれません。長靴の中に雪が入って…

続きを読む

雪の下白の世界の真っ暗け

雪は止んで、今日は日差しが射していますが、空気は冷たくて洗濯物は乾いてくれません。  14日に大雪になる前に野菜を取り入れておけばよかったのですが、それまであまりいい天気が続いたもので、つい冬の来るのを甘く見ていました。野菜不足になりそうなので、雪をかき分けて野菜を採るしかありませんが、日中は事務仕事が忙しくて、早めに仕事を切り上げて5時に帰ったら、もう畑…

続きを読む

大好きなカレーにカボチャ冬至過ぎ

昨日が冬至だったのですが、気づかずにいて、夕食にカボチャは間に合いませんでした。 お風呂には何とか柚子を入れ、ゆず風呂は間に合いました。 そこで、今夜はカレーの日なんですが、このカレーにカボチャを入れて間に合わせました。 いつもなら明日が「金曜カレー」なんですが、あすは休日でいろいろ行事があってごちそうを食べるので、今日カレーにしました。カボチャカレーです…

続きを読む

如月に仕込んだ味噌が暮れにでき

2月14日に今年の味噌をつけました。5キログラムの豆で作りました。 そして今まで蔵の中で静かに発酵を続けおいしい味噌を作っていました。 その間今までは、去年の2月に仕込んだ味噌を食べていました。去年の味噌がなくなったので、いよいよ今年の味噌を食べます。大きな樽の蓋を開けます。 周りに白っぽいカビのようなものができていますが、これは大丈夫。一番上に酒粕を敷い…

続きを読む

にゅるにゅると田んぼの畝に指入れる

今日もまた晴れ・曇り・雨の3色天気でした。 念願の最後のタマネギ植えは、始めたのが午後5時、雨雲たちこめる薄暗い中で始めました。 この前の自前のネオアースを50本植えた後に、もみじ3号を植えます。 指をマルチの穴の中に突っ込んで土に穴をあけ、苗を挿しいれて押し付けますが、雨にぬれていてぐちゃぐちゃです。だんだん指が太くなっていきます。そのうちだんだん暗…

続きを読む

腰さする200のタマネギ植えました

今日こそはと決心して苗を持って鍋底畑に行きました。 苗は、14日に買ったものです。買ってから買い物袋のままにしていたので、夕べ、これではいけないとバケツに米のとぎ汁にハイポニックという液肥(何年か前の物)を1滴たらしたものをさらに薄めて、少しだけまた別のバケツに取り、買った250本のタマネギ苗を付けておきました。 とてもいい苗です。ネオアースですから晩生…

続きを読む

木枯しが落ち葉集めて土作り

寒い風が吹いてきました。木枯らし1号はもう吹いたそうです。 半袖から急にセーターになりそうです。 ソラマメが青いお尻突き出したまま寒風に震えています。まだ芽が出てきません。 エンドウは芽を出してきました。 今は葉物野菜が高いそうです。我が家はありがたいことにキャベツが食べられるようになり、葉物野菜にありついて買わなくても済んでいます。親戚からほうれん草を…

続きを読む

秋晴れの畑三昧あきこない

素晴らしい秋晴れ。写真に撮りたいが、カメラは夫が旅行に持っていっちゃった。 今日は邪魔者は誰もいない。何の行事もない。何の予定もない。素晴らしい日曜日 畑三昧の日曜日。 娘や孫たちが、鍋底畑のサツマイモを全部掘り上げました。この畝は肥料けが少ないのでちょうど手ごろなのが入っていました。もう一畝、大きくなった蔓を切って挿した畝にも芋が入っていました。でも、こ…

続きを読む

「イネ辞めた」先輩曰く「野菜がいい」

前勤めていたときの先輩にばったり。もちろんその人の方が早く辞めているのですし、うちよりもっと山奥に家があるのです。 その人曰く「もう田圃は辞めた。人に作ってもらっている。野菜がおもしろくって、野菜一本にしている。野菜は面白い。野菜は草を抑えればいいだけだ。毎日、手グワをもってちょっちょっと短い時に草をほぜっておくと草もよう生えん」「今もう白菜が食べられるように…

続きを読む

ひるがえす緑のドレス白菜嬢

一昨日防虫ネットを取った白菜の草取りをしなくっちゃ。 朝は晴れてましたから、約束通り、白菜の所の草取りをします。 半分取りました。中に青虫や夜盗虫、わけのわからない虫がいます。コガネムシの幼虫もいます。そんなのはみんなポイポイしてアリに処分をしてもらいます。 白菜は隣りと擦れ合うぐらいの大きさに生長しています。よくぞ、よくぞ、頑張った。 あと半分もで…

続きを読む

香り立つ紫蘇で作るは佃煮か

赤紫蘇、青紫蘇を放置していたら、どんどん大きくなって穂を付けました。 穂は粒粒でやわらかいうちはてんぷらにしたりします。 もう少し粒粒して来ると、この粒粒をしごいて取って、甘辛く煮て佃煮にします。 佃煮になった粒粒をかむと紫蘇のツーンとした美味しい味が口中に広がって、温かいご飯と食べると幸せになります。 房の先にまだ花があるぐらいの軟らかさがいいのですが…

続きを読む

みぞれ降る 春は名のみの 白菜漬け

梅は咲いてもまだ寒い、まさに早春賦の気分です。 今日もみぞれ。 雪と雨が混じって降っていました。 初めて白菜を漬けました。 ハクサイ2個4キロを4つに切って8つを1日干しました。その重さの3%の塩120g、唐辛子5個と利尻昆布30㎝は細かく切ります。 白菜漬けの素を買っていたので、それを読みながら、順序通り漬けたのです。 そして重しをして、漬けお…

続きを読む

春一番吹き荒れる中で味噌つくり

さあ今日は味噌つくり。準備万端整いました。 今までにていた豆をざるにあげていましたが、それを1升ずつ鍋に戻して、温めます。 若者たちは、煮豆をミンチにする道具を組み立てます。 味噌を混ぜるたらいや煮汁(アメ)を入れるボールや味噌樽も用意しました。 豆が熱くなったらしゃもじでミンチする器械の中に入れます。そしてハンドルをぐるぐると回します。 する…

続きを読む

春一番味噌つくる部屋温かい

本年度みそ作りを始めます。 用意するもの 2月10日 米麹500グラム6個、800グラム4個、(6キロ買いたかったのですが、500グラムのが4個しかなかったの      であとは800グラムのを買いました。       塩、は豆の4割だから、2キロ400グラム必要なので、1キロの塩袋3個       板の酒かす、たくさん 2月10日 大豆を2升、保冷庫…

続きを読む

初挑戦 たくあん漬けって簡単じゃん

長い間のためらいが、この大根に染みついてしわしわ大根になっています。 何日間干していたのでしょうか。もうへなへなで、しの字どころがのの字になっています。 ドラマの「天地人」でキムチをおいしそうに漬けていますが、私はやはり、沢庵漬けか白菜漬けがいいですね。、 上手くなったら奈良漬を漬けてみたいですねえ。しかし、面倒そうでなかなか・・・。 よし! ためらい…

続きを読む

青白のカビに好かれた干し芋ね

せっかくのおいしいサツマイモを、カビだらけにしてしまいました。 干し芋失敗の巻 干してから暖かい日が続き、雨が降り、曇っては時雨れていくこの頃。 それでも、出したり入れたりしながらなるべく寒風とお日様に当てようとしましたが、ついにカビてしまいました。 お見苦しい写真となりました。 こうなってはもうだめですね。この暖かさを恨みます。 12月10日に…

続きを読む

漬けたいが初めてのことでドキドキドキ

残っていた里芋も掘り上げて、アラブ芋も掘り上げたので、もうあまりすることがなくなってきました。 寒くて畑仕事はできません。それにすぐ曇って、時雨がやってきます。 この時期は畑に行くより家の周りで片付けや大掃除をしなければなりません。豆も片づけなければなりません。ところがなかなか片付かないのです。 もう一つ片付かないのが、「漬物」です。 大根をつけようと干…

続きを読む

ほかほかが ほくほくとなり 干し芋じゃ

たくさん植えたサツマイモ。収穫したのが遅かったのか、でっけえ芋になってました。 掘ったころは珍しくて焼き芋だ、サラダだ、きんとんだと作っていました。(残念ながら天ぷらは油を吸いすぎるのでできないのです) でも、寒さが身に沁みるようになると、同じ土の中のものでも、大根だゴボウだニンジンだとなり、あまり見向きもされないようになりました。甘めに煮てもいつまでも丼の…

続きを読む

八朔はミニ太陽が鈴なりに

今年は柿も柑橘類も生り年ということで、柚子がいっぱいなっているおうちからおすそ分け頂きました。 一つは鬼柚子で小さいのは普通の柚子です。鬼柚子はジャムを作りました。できたものはマーマレードのようなものでした。すごい量になって、これって冬中かかって食べないと食べきれないぞって言う量です。 普通の柚子は柚子ジュースと柚子味噌にします。明日します。 …

続きを読む

木枯らしや猫の毛逆立て三里先

今日はいい天気でね。朝は寒かったのに昼はあったかいことあったかいこと。 久しぶりに洗濯物がカラッと乾いたわ。 でも、畑に出たのが3時半、この頃から風向きが変わってきた。 鍋底畑に行くとタマネギがみんなこっちを見て『元気だよ』って手を振ってくれた。 一人一人に挨拶していくと、なんと前のジャガイモの残りから芽が出ていて、マルチを持ち上げたり、玉ねぎ苗と一緒に…

続きを読む

トウガラシ最後は麹味噌で〆

いろいろなことが重なり、毎日分刻みに予定が組まれ、出かけています。 だから畑に行けません。取り入れた豆も世話できません。 でも食べないと困るので食料だけは確保しないといけません。 とりあえず今なっているものを収穫して持って帰って食べてます。 万願寺唐辛子がいつまでもなっています。もう人気がないのであまり取らないのでどんどん大きくなって15センチぐらいにな…

続きを読む

風邪退治食事で応援ばあの役

男の子が風邪をひいて高い熱を出しています。熱で、風邪のウィルスと戦っている子のために春ばあちゃんの役目は、風邪に効く食事を作ること、消化のいい食事を作ること、水分補給と栄養補給、体の温まる食事であること、食欲の出る食事であること、いろいろ考えて作ります。 高い熱で食欲なくぐったりしている第一日目は、昼はあったかいうどんにしました。軟らかい野菜を入れてとろろなん…

続きを読む

ハクサイも立てば歩めの親心

ハクサイの葉が立ってきてなんだか巻きそうな気配を漂わせています。うれしいですね。 虫の被害もそんなにありません。外の葉がちょっとかじられていますけど。白菜の無農薬は無理よ、早いうちに一度は消毒しておかないといけないよと言われていたのに、全く無農薬で育ちそうです。もう鍋に欲しい野菜です。 今売っている白菜は300円から400円ぐらいの間かな?高いですよねえ…

続きを読む

ごめんなさい畑の写真は一枚も取れず

なぜこうも忙しいのでしょう。予定の仕事は一向にできず。 明日があるって思っているからできないのでしょうか。 明日こそまじめにやろう。 今日は夕方4時に砂畑に出て、お日様が弱い光を投げかけているのを見ながら、1時間だけ作業をしました。 ①ほうれん草を植えたいので、石灰をまかなければっと思い、海苔などの袋に入っている乾燥剤の生石灰を撒きました。これっていいの…

続きを読む

焼き芋をかじる子らの黒い顔

鍋底畑は、前に3畝鳴門金時を掘り上げました。残りは後から自分の家の苗を挿した畝が2つ残っています。 土手下畑は、3畝紅東を植えてました。これは鳴門金時と同じJA注文の苗で50本。しかし手入れが行き届かず草の中で何とか生きている状態です。一番端の畝は、電気柵にかかってくると困るので時々草刈りをしていました。だからまだ芋の葉がよく見えていました。今日はその芋ほりを…

続きを読む

秋晴れの空の気トンボと吸う笑顔

カメラがなくても何とか今までの写真でしのいできましたが、だんだん困ってきました。 だって野菜たちはどんどん大きくなっていくから現状を伝えることができなくなってきました。    今日はソラマメのところにボカシ肥を入れて耕しました。村内畑と砂畑の2畝ね。  玉ねぎを植え付けるところを作ります。村内畑の1畝だけ作りました。後は鍋底畑に作ります。ここはまだ。…

続きを読む

草の中ひっそり育った長いナス

なかなか晴れは続きません。またちらりらたらりと雨が降ってきます。時々止みます。 これでは黄金に実った稲を刈ることもできません。 そこで、大草の鍋底畑に行ってみました。この前は畑中、草が胸まであるような状態でしたが 台風の前に草刈機を入れました。電気柵の周りと畝の間を無理やり機械で草をなぎ倒しました。 その後の大雨で、なぎ倒した草が根っこがついているものは…

続きを読む

漬かるほどまろやかになる梅干よ

秋の長雨かと思ったら、台風が来ていますね。 止むまなく降りつづけています。 また中の仕事をします。 昨日の続き、紫蘇を梅干しに入れてしまいましょう。 すり鉢と 袋に入れた紫蘇400g強と 粗塩32gの3分の2(3ぶんの1はきのう袋の中で紫蘇にまぶしてあります)を用意しました。 すり鉢に紫蘇を入れ、残りの塩の半分を入れて、すり鉢あふれるくらいの紫蘇を…

続きを読む

雨の中傘をさしてナスぼりに

雨が降ってまるで秋がもう終わるみたいに涼しいのです。 体がへんになりそう・・・ 病気になる人が増えるのも当たり前ですね。 近くの人が二人入院していて、お見舞いに行ってきました。 雨では畑には行けません。 でも食材がなくなったので、裏の畑にナスを取りに行きました。 ナスとピーマンとトウガラシとオクラと・・・・・・そして インゲンがたくさんなっていまし…

続きを読む