ブロッコリー 握り拳を空にあげ

ぽかぽか陽気のいい天気。この平和を壊して自衛隊を戦場に派遣するよう画策している政府のことが新聞に書かれていたが、田舎にいてのんびりと土を掘っていたらみんないなくなっちゃったなんてことにならないかねえ。春ばあは戦後生まれだけど戦争の悲惨さとむごさは聞いてきたし、その傷跡を見てきたからねえ。絶対に戦争には手を出してはいけないとあべさんに言ってあげたいですね。人間を虫…

続きを読む

生きろ、生きる、春は近い、生きよう

そら豆はもうあきらめて、外にほっぽり出していました。 寒くなり、雨になり、かびてきていました。 もうだめだ、と思いました。 畑のが元気なってきたからもういいかと見向きもしないでいました。 ところが、 今朝見ていると、なんとあきらめていた種の横のほうが浮いてきて新芽のようなものが見えます。 えええ もしかしたら、中で生きているのかも。 …

続きを読む

今年の畑つくり

大雪も、雨が降ったらもうアッとゆう間に融けてしまいました。朝は凍っていたのに、夕方にはもう小さくなってかろうじて雪という形を残していました。雪が降った時には一面の雪の花が咲き、桜並木になっていましたが、一日も持ちません。枝の雪は半日で融けてしまいます。 しかし畑は水だらけ、 遠く離れた道から眺めています。 さて今年はどんな畑作をしようか。考え中です。 今…

続きを読む

大雪注意報

せっかく温かくなって、ふきのとうも出てきたというのにまたまた大雪になってしまいました。 大雪注意報・大雪警報・解除となりました。 本日はとってもいい天気でお日様ぽかぽかです。 でも、日陰の雪のある所は周りも雪も凍っています。 日向では雪が融け道が乾いてきましたが、 陽気に浮かれて日陰に行くとつるんと滑って尻餅をついてしまいます。 …

続きを読む

大丈夫?そらの上には何がある

もう1月も終わり。 1月の最後の一週間はインフルエンザに振り回され、自分のことは何一つできませんでした。 やっとインフルエンザから開放され、パソコンに向かえます。 家の中4人がインフルエンザに罹ってしまいました。 それぞれ部屋に隔離して食事作りや次々の病院行きにあたふたしていました。 子どもは熱が下がると寝ていることに飽きて、退屈してくるし、その相手も…

続きを読む

野菜家はこまめな手足と空が好き

年賀状に野菜作りを始めましたという内容の一言が書いてあるのがありました。 この地方では退職すれば農地が周りにあるので、野菜作りや花作りを始める人が多いです。 兼業農家の人は退職したら、米作りをがんばります。 でも、やはり最初は野菜作りは難しい、虫や獣にやられる、大きな野菜ができない、などと弱音を吐いておられる…

続きを読む

新年明けましておめでとう

 ふウーン、眠いけど、ハッピイニューイヤーーーー  みなさま、新年を寿ぎご挨拶申し上げます  明けまして お目出度う ございます 大雪の年明けとなりました。畑は一面雪野原、みんな雪の下で眠っています。 雪の上より雪の下の方があったかいのですよ。冷たい風が…

続きを読む

振り返ってみると

最近は雨と雪のため畑仕事ができず、このブログもお休みが多かったですが、 今日は今年最後の日、皆様この独りよがりのブログを読んでいただきましてまずお礼申し上げます。 ありがとうございました。 人様に読んでいただくことより、自分の記録用にと始めたのですが、 やはりコメントをいただくとうれしいし、何こ気持ち玉があるのかなと楽しみにしていました。 1年間続けて…

続きを読む

干し芋

冬至を過ぎてますます風は冷たく、気温は下がっていきます。 これから日照時間は増えていくというのに不思議だなあと思ったものでした。 今はその疑問も解決しましたが、冬になることは雪国ではちょっと辛いことです。 冬来たりなば春遠からじ 春を待ちましょう。 さて、ぬか漬けは毎日掻き混ぜていますがまだ本漬けになっていません。 待ち遠しいですね。 今日は干し芋…

続きを読む

見渡せど白い雪野と風ばかり

寒いですね。寒波が雪を降らせ銀世界。 もう畑にも行けません。この寒波の前のちょっとした晴れ間に白菜10個ほどと白ネギ20本ほどとレタス・2こと大根3ポン取ってきました。寒波が来たら取りに行けないので、その間の食料です。 白菜はたくさんではないので去年みたいに保存庫を作りませんでした。 古タンスの中をくり抜いたのを土の上に逆さに置いて、上にナイロンシートを掛…

続きを読む

白銀の山裾に点点ナンテンの赤

雪が週末ごとに降り、野良仕事はお休み もちろんかえるのゲコゲコもお休み。 コウノトリのツウはどっか温かい方へ行っちゃったみたい。 雪をかき分けて野菜取りに行くこともありますが、ほとんど家で正月の用意。 というより、今年の片づけっといった方がいいかな。 やりっぱなしで外に出ることが多かったのでちょっと中も片づけなければねえ。 いい年が迎えられないですね…

続きを読む

老いるほど イチゴ模様の スカートはきたい

今年はイチゴはプランターで育てますって紹介しましたね。 ここはとても日当たりがいいのです。 おや 何か白いものが、まさか 下にあるので摘んでみると やっぱり 「あきひめ」に花が着きました。 今の花はどうしたらいいのでしょうね。 畑だとこんなのは無視していたのでしょうね。 でもこのままにしておくと実になるのかしら。 寒いとハチも飛んでこな…

続きを読む

ちから満ち いのちの息吹 土を割る

21日にいそいで蒔いたそら豆。 でも、案外一袋の数が少なくて、用意した畝が余ってしまったので、 ?を蒔きました。ごめん、何を蒔いたか、覚えていません。 次の日、豆を蒔いたなら、鳥対策をしておかなければ、と 防虫ネットを掛けておきました。 もう一つの畑の豆には、糸を張っておきました。 さて、まだ芽が出てないかなって見てみると、 そら豆でなくて…

続きを読む

秋雨に 静かにこのみ 横たえて

降ったり止んだりがあり、今日は朝から本格的な降り。 一日中よく降ってくれました。 おかげで畑のことは忘れて、一日中休めました。 買い物に行ったり、友達の所にいったりしましたが、 力仕事もなく、急ぐことも無く、のんびりと過ごし、 ラジオから流れる音楽を聞きながら、夕ご飯を作りました。 ああこんなこと久しぶり。 そしてお買い物に行ったとき、つい目に入っ…

続きを読む

台風が 来る前一つ 畝作り

台風18号が東京に行ってます。 誰もかれも東京さ 行きたがる。 こんな田舎見向きもしない。台風までも。 今日になって雨がよく降りますが、総雨量としてもたいしたことなく済みました。 被害、ゼラニュームの花が雨に濡れて重くて茎ごとぼきっと折れていました。 記事は一昨日のこと 場所は義母畑。 ここのサツマイモを掘り上げました。そっちは若いもんにまかせて、…

続きを読む

金木犀 かおる向こうに 彼女いる

金木犀の甘い香りが辺り一面漂っています。 土井たか子さんがなくなられました。 きっぱりとしてさっぱりとして凛とした人でした。 信念を持ってみんなの幸せを考えてくださっていました。 悲しいです。こういう人がこれからも出るでしょう。 出なければなりません。 春ばあちゃんのような貧しい者の権利をちゃんと認めてくれる人が これからぜひ出てほしいです。 …

続きを読む

精米機 糠を出す人 もらう人

秋の刈り取りの時です。おいしい新米を食べようとみなさん精米するでしょう。 すると、自動精米機の所に行きますね。ということは、そこには米ぬかがたくさんできている。 ということでコイン自動精米機の裏手の「ご自由に持って帰ってください」と書いてあるドアを開けました。 初体験です。 糠は自分ちの精米機から出る分と、時々知り合いの精米所からもらう分とで肥料としてい…

続きを読む

芽を出して 秋の陽つかんで のびをする

ちょっと雨が降ってくれると畑は潤って、芽が出てくれますね。 しかしこの芽の出方はどういうことでしょう? ここだけこんなにむにゃぬにゃに芽が出ています。ほかは一列に並んでいるのに。 これは春ばあちゃんが一生懸命小さな丸い種を2センチぐらいの間隔に空けながら蒔いていて、その手の隙間からどっとこぼれていた種でしょう。もちろんその時は春ばあちゃんは気が付いてい…

続きを読む

秋雨や 弱き幼子 犠牲の世

悲しいニュースをしつこく放映しています。 犠牲になるのはいつも弱いもの。 守ってやれない悲しさと加害者を生んだ社会の暗さ 他所の国では平気で人殺しの爆弾が落とされている 犠牲になるのいつも弱いもの。 だったら強くなれと平気で言う 誰も弱い時があるんだよ 強くなれない人の方が多いんだよ いじめられたものは、いじめた人に向かわずにもっと弱いものをいじ…

続きを読む

キュウリネット 外してみれば へちまぶらり

23日の夕方、一人でキュウリとインゲンの支柱を片付けていると、珍しく旦那さんがやってきました。 珍しく23日は旦那さんが家にいて、田んぼを鋤いたり、草を刈ったりしていました。 畑は春ばあちゃんの細腕一本で支えているのですが、ふらっと旦那さんが来るときがあり、手伝ってくれます 「蚊がいる。蚊が噛む」 と文句を言いながら、支柱やネットに絡んだきゅうりやインゲ…

続きを読む

虫捕え 殺生している 彼岸午後

秋分の日、お彼岸、おはぎ、秋日和 今日はお彼岸なのでお花を持ってお墓参り。 田舎のお墓はたくさんあるんです両手いっぱいかかけていったけど、 お墓一つ一つに対の花立に入れていくと足りないぐらい。 でも黄色い目立つ花なのでさみしくない花になりました。 その後おはぎ作り、今まではお義母様の専売特許だったのですが、 今年から私と娘にバトンタッチ。 昨夜から…

続きを読む

パリパリと キャベツ食べたし 種子植える

午後はちょっと休んで、3時前JAにお買いもの。  実はキャベツを植えてないのです。今の畑にあちこちにキャベツが植えてありもう何時でも採ってくださいって言っているので、キャベツは蒔かなければという意識がなかったのです。 これらを食べてしまったらキャベツはなくなる・・・・! そこで急いで種袋を探して見ると、一つ「初秋」はもう蒔く時期を外れてしまっている、もう一…

続きを読む

夏の畝 汗したたりて 秋畝に 

今日、再び枯草を焼いた村中畑。 焼いた後雨が降ってないので灰はそのままあります。 燃え残りなどもあり、ここをちゃんとした畝に仕上げます。 春まで葉物を作って、3月にジャガイモを植えようと思っている畝です。 去年はジャガイモを作るところには冬の間なにも植えて無くて土中堆肥を寝かせていたのですが、土中堆肥が春までに完熟するということに不安があったので、今年は…

続きを読む

 畑焼きの 煙の向こうで 子らの声

20日は土曜日、孫たちは久しぶりに家にいる土曜日です。前の土曜日は運動会のため登校、その前の土曜日はお出かけ。小学生といえど忙しいようです。 今日は家にいるので、一緒に義母畑に出てきて、自分たちでにんにくを植えました。といっても母親と一緒に植えています。私はノータッチ。畝を作っておいただけであとは自分たちで植えてお世話します。この義母畑にはこうした畝がいくつか…

続きを読む

夕焼けに 畑焼くけぶり 昇りゆく

ついに焼きました。 草がいっぱい刈ってありすぎて、その処分に困っていました。 袋に詰めて米ぬかや土を入れたりして、堆肥作りもしましたが、これも少し作って面倒になり、刈った草を積み上げてみたり、空いた畝の上に草マルチをしたり、里芋と生姜の畝にマルチングしたり、・・・・ 畝の上に枯草があるとその畝は使えません、まだまだ蒔きたいものがあるのでこの草を何とかすれば…

続きを読む

種蒔けば 芽が出る 摩訶不思議

種を蒔けば芽が出るというあたりまえは、本当に不思議なこと!!! 極早生の玉ねぎ「絹てまり」の芽がわずかに出ました。 9月8日に義母畑にまいた種です。 種がまだ土の中にあるので芽の先もまだ土の中で尺取虫のような形で芽が出ようとします。 ほんのわずかしか出ていませんが、春ばあちゃんはちゃんと見つけましたよ。 そして、ちゃんと水をやっておきました。 村…

続きを読む

雑草を かき分け進む 農の道

手のしびれも治ったのでまた今日は草刈り機です。 振動がすごいので、毎日草刈り機を使っていると、手の神経が参ってしまわないかと心配なので とばしとばしで草をやっつけることにします。 今日は鍋底畑です。 周りの畑や道が畑より高くなってまるで鍋の底のようになっている畑です。 ごらんのように草ばかり。とても畑とは思えません。 ここは入り口を入ったところ、…

続きを読む

がーガーと草刈り機鳴く夏終わり

午後は一休みしてから、エイヤっと草刈りに出かけました。 土手下畑は草ぼうぼう。 今植えてあるのは、 ・サツマイモ ・青茄子 ・ヤーコン ・深ネギ ・伏見甘長とうがらし ・山芋 スイカやかぼちゃトマト葉物野菜は終わってしまって草の中で残渣が埋もれています。 未収穫の中で、草に弱いのが深ネギ 深ネギの所だけでも草刈りをしようと鎌でやろうとしたの…

続きを読む

雨雨雨  もうたくさんだ 雨雨雨

毎日雨。 午前中は止んでいたので、義母畑に行って、昨日買った大葉春菊を少し蒔きました。 極早生の玉ねぎの苗床を作ろうと、耕して、次は大根を植えるところを・・・・・といろいろ考えてました。 他の二つの畑が草だらけなので、午後は草刈り機を入れようと思っていたら、 午後から突然の雷、雨雨雨 超強い降りになったり、少し弱まったり、でも止みません。 もううんざり…

続きを読む

恐ろしきマムシも人を恐れてる

もうそろそろ晴れてもいいようなのですが、やっぱり降っています。 朝からジャアジャアです。8時ごろに上がりました。 今朝はちょっとくじけています。畑に行きたくありません。 実は、昨日の夕方義母畑に行って、草刈りして秋の畑に変身させる作業をしていたのですが 湿った土、湿った空気、蒸し暑い風、密集した草、横を流れる小川 そこにいるのは、いちばんおそれてい…

続きを読む