卒業式 さよならと降る 名残り雪

卒業式・終業式ともに雪が降りました。 さみしさをいっそう切なく感じる空の演出でしょうか。 おばあちゃんは寒い寒いとふるえて、こたつに入っています。 卒業式にも終業式にも出なくていいので助かります。 その代り畑がやりかけでほおっておかれています。 畝の上のごみや枯草を取り除き、春の雑草を取って軽く耕し、種蒔き、苗植えをしなければなりません。 一度のたく…

続きを読む

玉葱は冬に耐えて急成長

鍋底畑の玉ねぎが緑の葉っぱを鹿に食べられたことを愚痴ったら、ヒゲおやじ殿とふじこ殿が、大丈夫と励ましてくださいました。雨も上がったことだし、もうあれから入ってないか見に行きました。新しい足跡らしきものはなく電気柵が功を奏しているようです。このブログを手繰ってみればなんと2013年12月20日にも鹿に玉ねぎの葉を食べられていました。そしてその時もそれから電気柵を再…

続きを読む

雪が降る 畑に立ちて することなし

6日朝、突然の雪景色。真っ白。感動。ショック。 10センチぐらい積もっていたかな。 そして雪の乱舞・・・・。タイヤ替えてなかった。 昼ごろから止み始め、降ったり止んだり・・・・子どもは雪だるま作り。 7日は曇り空、時々ちらちら・・・ だんだん雪は融けてきて、雪だるまが泣きそうになりました。 8日は家の裏とか、子どもたちが集めたところだけ雪が残って、あ…

続きを読む

そら豆に玉ねぎ添わせて師走かな

そら豆にたくさんついていたアブラムシが少なくなりました。 寒くなったからでしょうか。まだ牛乳を掛けていませんが。 そら豆は2つの畑とも100%の発芽でなかったので、村中畑は補充しました。 この義母畑は空いたままになっていたのですが、このアブラムシ対策を兼ねて玉ねぎを植えてみたいと思います。というのは玉ねぎ苗を育てて大きい苗は植えたのですが、ちっちゃな苗が残…

続きを読む

ダイコンの 葉の畝に並ぶ 玉ねぎの畝

後残っている玉ねぎどこに、100本の玉ねぎ苗を買ってこようかと思ってましたが、 なんと、予備に蒔いていた村中畑の苗がまあまあ大きくなってましたので、これを植えることにしました。 何本あるかわかりませんが、全部抜いて、鍋底畑に持って行って植えます。 150穴空いているのですが、仕方ありません。植えられるだけ植えていきます。 この前の最後の方は苗が小…

続きを読む

新天地 ほそぼそ玉葱 根をはれよ

今日もいい天気。さあ昨日の続きをはじめましょう。 アーラ、今日は旦那様もお付き合いくださるそうで、有難いことです。 昨日の愚痴が聞こえたのかしら。 まず、義母畑に行ってネオアース苗を取ってきます。太そうなの、高そうなの、丈夫そうなのを取るのです。 でもどれも同じようなものかなあ。 だいたい植えても頑張って根を下ろしてくれそうなものを取ってしまいました。…

続きを読む

ネギ苗よ秋風に聞け 己の身

台風がいってしまうと、大陸から冷たい風が吹いてくるのでしょう 朝晩が寒くなっていつもより早くこたつを出しました。 いつも祭りが終わってから出すのに、今年は祭りより早いですよ。 ネギ苗の植え付け畝はできましたが、苗の方が伸びてくれるか心配です。 秋風は寒くなってきたのに、苗の丈は短かったら植えたら消えてしまったということになりかねないです。 早く大きくな…

続きを読む

今日もまた 玉ねぎ夢見 畝作り

義母畑に玉ねぎ用の畝を作ったのですが、またまた鍋底畑にも玉ねぎ用の畝を作ります。 夏にはいちごやかぼちゃやを作っていたところですが、かなりほったらかしていました。 そこをミニ耕耘機でざっと鋤いていたのですが、今日はいよいよ元肥を入れて畝を作ります。 入れたものは、牛糞、有機肥料あさひ、牡蠣殻石灰、ヌカを撒いて、ミニ耕耘機で耕しました。 この写真はまだ…

続きを読む

台風が 来る前一つ 畝作り

台風18号が東京に行ってます。 誰もかれも東京さ 行きたがる。 こんな田舎見向きもしない。台風までも。 今日になって雨がよく降りますが、総雨量としてもたいしたことなく済みました。 被害、ゼラニュームの花が雨に濡れて重くて茎ごとぼきっと折れていました。 記事は一昨日のこと 場所は義母畑。 ここのサツマイモを掘り上げました。そっちは若いもんにまかせて、…

続きを読む

折れたまま芽を出すねぎのけなげなさ

昨日一日畑仕事をしなかったら、肩の凝りも和らいで、目も痛くなくなりました。 今日はいい天気なので、急いでねき苗の所にジョロいっぱいの水を持って行って水やりをしました。 ネギ苗作りには湿気が必要で、新聞紙をかぶせていたのですが、 芽が出ているのに新聞紙をかぶせていると、芽は伸びられなくなって痛んでしまいます。 そろそろ芽が出ているだろうと端の新聞を破ってい…

続きを読む

赤青と甘辛丸いの みなダイコン

「春彼岸はじゃがいも、秋彼岸は、玉ねぎ」 とおぼえているのです。 春彼岸には、ジャガイモの種イモを埋めます。 秋彼岸には、玉ねぎの種を蒔いて、苗作りをします。 そうです。ネオアースの種を蒔かなければなりません。 22日に早めに蒔いていたのですが、それはまだ芽が出ていません。 その隣に12筋作って、蒔きました。水をやって新聞紙を掛けておきました。 風…

続きを読む

ネオアース 青空の下に蒔きました

いい天気。いっぱい仕事ができるぞう。 けど、今日は軽トラックがない。 旦那さんが乗って行っちゃった。 畑まで歩いていく。そんなに遠くない。 そこに見えているのだけど、道に沿って行くのでちょっとかかる。 両手に、種いっぱい小道具いっぱいの買い物袋。鍬。 水の入ったジョロ。ああ重い。 義母畑に着いた。 まず、玉ねぎ苗作りの所に水をやる。 ニンジンの…

続きを読む

 畑焼きの 煙の向こうで 子らの声

20日は土曜日、孫たちは久しぶりに家にいる土曜日です。前の土曜日は運動会のため登校、その前の土曜日はお出かけ。小学生といえど忙しいようです。 今日は家にいるので、一緒に義母畑に出てきて、自分たちでにんにくを植えました。といっても母親と一緒に植えています。私はノータッチ。畝を作っておいただけであとは自分たちで植えてお世話します。この義母畑にはこうした畝がいくつか…

続きを読む

玉ねぎの 植え付け目指して はや耕耘

 19日は鍋底畑に行って、草刈り機でガーと刈った草が枯れてきているので、今度はミニ耕耘機で耕しました。 ここには玉ねぎを植えたいと思っているので急いでいるのです。 玉ねぎは11月の予定ですが、それまでに元肥を入れておきたかったからです。 玉ねぎとジャガイモは我が家の主食級の食材です。だからほかの野菜よりも気合が入ってます。 この前草を刈ってないところは背…

続きを読む

種蒔けば 芽が出る 摩訶不思議

種を蒔けば芽が出るというあたりまえは、本当に不思議なこと!!! 極早生の玉ねぎ「絹てまり」の芽がわずかに出ました。 9月8日に義母畑にまいた種です。 種がまだ土の中にあるので芽の先もまだ土の中で尺取虫のような形で芽が出ようとします。 ほんのわずかしか出ていませんが、春ばあちゃんはちゃんと見つけましたよ。 そして、ちゃんと水をやっておきました。 村…

続きを読む

げこげこと 鳴いて雨音 ちかづけり

いよいよおいらの出番だよ。梅雨入り宣言が始まった。 梅雨はじめじめしていやだっていうやつもいるけど、お百姓さんにとっては梅雨ほどありがたい大切なものはないんだ。もちろんおいら蛙たちのとってもありがたいのだけどね。 早苗にとって、水は不可欠。水の中で根を張っていくんだ。たくさんの水があれば、草も生えない。 水が涸れて土が出たりすると、たちまち雑草が生えて、弱い早苗…

続きを読む

降らぬ雨 空を眺めて 苗嘆く

雨が降らず、せっかく植えた苗達が駄目になりそうでした。ぎりぎりまで水を辛抱させましたが、ナスなんかはもう悲惨な状態になり、下の葉は枯れ落ちていました。ついにジョロで水をやりました。やるならたっぷりとやらなければとがんばっているとピーマンの方にやれなくて、ピーマンさんに我慢してもらいました。次の日にはナスに我慢してもらってピーマンさんにたっぷりとやりました。 何…

続きを読む

風強し 玉ねぎすぽすぽ 抜けていく

昨日から強風で、きょうは雨という予報です。 半分ほど倒れている早生のタマネギが雨に当たると保存上宜しくないのではないかと思い、強風の中、10時ごろ畑に行ってみると、早生のところが全部倒れていました。 印の棒のところではっきりと、倒れているところとピンとたっているところが分かれていました。 早生か晩生か分からない苗を買って100本植えたのですが、それはまだピ…

続きを読む

何にでもカラスのエンドウ手を出して

いいお天気が続いています。タマネギが大きくなってきました。 よく見ると、先の方が黄色になってます。根元は白いです。 収穫時期が近づいていますね。それまでに大きくなっておくれよ。 この時期に、タマネギに酢水を掛けてやります。 病気予防ということで「いも筑紫」さんに見習ってやっています。 効果の程は分かりませんが、去年やってみてなんともなかったので、今年も…

続きを読む

雪解けの水をたたえて波光る

今日も暖かな日でした。川の水は雪解け水でいっぱいになっています。川上にはスキー場があるので、あまり融けるとスキー場が困るがなあと思いました。陽に照らされてきらきらキラキラと川面が光っていました。 畑に行くと、タマネギがとっても哀れな様子です。 まあ今まで上から雪に押されていたので仕方ありませんが、それだけではありません。 籾を撒いたので、籾を食べにカラスが…

続きを読む

カルタ取りいとこはとこの火花散る

カルタといえば犬棒かるた? いいえ、うちは百人一首です。 この辺りでは学校でも1月に百人一首大会をするので、みんな家でも覚えるのです。 親戚のいとこたちも百人一首が得意でお正月に集まると必ず百人一首大会をします。 こたつの台いっぱいに取札を並べ、おばあちゃんやおじいちゃんが読みます。 こうして代々やってきたので今の小学生のいとこもかなり取れるようになっ…

続きを読む

鹿もまた生きんがために葱を食う

ちょっとおかしいなと思っていたのですが、のんびりしてました。すぐ手を打つべきでした。 早いうちにおかしなことは調べて対処しないと、この先恐ろしいことが待ってます。 ほうれん草がまだ小さいのに葉をみんな食べられていました。 丸い山羊のようなころころうんこが畑の中にありました。 ブロッコリーの葉が少なくなっていました。 所々足跡らしき物がありました。 こ…

続きを読む

タマネギ植え終了・ほうれん草植え開始

昨日のタマネギネオアース定植の続き開始。 また苗床から150本ほど苗を引き抜いてきて、村中畑に植えます。 しかし、今日はちょっと違います。いつも棒で穴を開けてその中に苗を入れて土を埋めていましたが、 今日は人指し指を土に突っ込んで穴を開けました。棒で開けるのも案外しんどいのです。指を使うのは、NHK「野菜のじかん」の講師さんがやってましたので、まねをしまし…

続きを読む

今日もネオアース植え

朝からすっきりと晴れて、冷たい風が吹いています。 きょうはいよいよ村中畑にタマネギを植えつけます。 苗床から100本ぐらい苗をひいてきて、村中畑にやってきました。 いつものように、棒で穴を開けて、1本1本穴に根っこを差し込んで、土を押さえていきます。 やはり土の中は温かいです。外の風は冷たいです。 太くて長くて丈夫そうなのから植えていきます。いろいろ大…

続きを読む

タマネギ「ネオアース」定植

土日のせっかくのお休みが、地区の文化祭があり、畑に出る時間が限られていました。 でも、その合間を縫ってちゃんと植えましたよ。タマネギ中晩生「ネオアース」300本。 この前植えていた鍋底畑の続きに300本です。 苗は自家製の苗なので小さくてか弱いので丁寧に植えました。 小さく植えて大きく育てる   子育てと一緒です。 とても30センチなんてありません…

続きを読む

早生玉ねぎ苗植え付け

曇り空から青空になりました。さあ、今日は昨日の続きをしようかな。いよいよ畝作りだっと思ったらなんと夕べの雨で土は濡れている。重い重い土、鍬にくっついて仕事にならぬ。というわけで急きょ玉ねぎ苗植えに変わりました。 鍋底畑に作った穴あきマルチが掛けてある畝に早生の「ソニック」を植え付けます。 苗はお母様が作ってくださってますから、それをいただきます。ところがガー…

続きを読む

タマネギ栽培に着手

エンドウは、ツタンカーメンだけを残して全て種蒔きしました。 1の畝がソラマメ。2の畝が絹さや。3の畝がスナップ。4の畝が実エンドウです。 これで村中畑の横幅いっぱいです。縦はそんなに長くありません。13歩ほどです。 次の13歩にも4つの畝を用意します。 1の次が菊の苗。2の次がイチゴ。3の次がタマネギの予定地(5のところ)。4の次がジャガイモの予定地…

続きを読む