春かんじ 重き土も跳ね除けて

衣装缶温室で育てていたナス科の野菜たちがポツリポツリと発芽してきました。2月の末に種蒔きしましたね。 トマトやピーマンやナスたちです。レタスも交じっています。 初めは発泡スチロールの箱に入れていたので衣装缶に入れ替えてから、どのポトが何の野菜だったかわからなくなりました。みんなナス科だから植える畝は同じです。もう少し大きくなって本葉が出てきたら、わかるでしょ…

続きを読む

逃げていく2月を追っかけ種を蒔く

霞立つ・・・という季節です。なんかぼんやりとした天気ですが、2月が終わろうとしています。 今までの記録を見ると2月に種蒔きをしていますね。体温で温めて発芽させています。 今年は忙しくてちょっと余裕がないので、直接ポットに蒔き、ペットボトルで温めて発芽させます。 今日蒔いたもの(自然農法研究所の種です) ・自生え大玉トマト・・・5ポット ・紫御前ナス・・…

続きを読む

赤真珠緑真珠はミニトマト

トマトがつややかに梅雨空に光っています。まるで大粒真珠のようです。 大玉トマトもしっかり大きくなっていています。今年は大玉はここ村中畑だけしか作っていません。食べるには足りないと思っていたらたくさん実をつけました。もうジャングル状態です。 露地栽培で雨除け一切していません。「自生え大玉トマト」(自然農法研究所)で、にらと根を一緒にしています。 じゃ…

続きを読む

ちから満ち いのちの息吹 土を割る

21日にいそいで蒔いたそら豆。 でも、案外一袋の数が少なくて、用意した畝が余ってしまったので、 ?を蒔きました。ごめん、何を蒔いたか、覚えていません。 次の日、豆を蒔いたなら、鳥対策をしておかなければ、と 防虫ネットを掛けておきました。 もう一つの畑の豆には、糸を張っておきました。 さて、まだ芽が出てないかなって見てみると、 そら豆でなくて…

続きを読む

チンゲン菜 お多福思う 腰の張り

朝降っていたかと思っていたらいつの間にやら晴れてきて、 雲は多いけどまあ外仕事ができそうです 初めて作ったチンゲン菜、筋蒔きにしました。 たくさん芽が出ました。 昨日本を読んでいると、チンゲン菜は1株が大きくなるので 株間を開けた方がいいとあります。でないとしっかりとしたまともなチンゲン菜にならないそうです。 お尻のプリッと張ったチンゲン菜がいい…

続きを読む

ざくざくりと 草刈る鎌は 森をゆく

ドンドン草が大きくなっていきます。草を刈らないと林になってしまいます。 かりました。 村中畑の菊の所、ナスの所、ピーマンの所 根っこから取らないで上だけ刈るのですぐまた生えてくる。 刈ったものは草マルチにする。暑いのですぐ枯れるからいいのです。 刈り草を置いた所はしばらく草は生えてきません。 今、ナスの所を半分刈り取ったところです。すごい草でしょう。…

続きを読む

節くれの手で取るトマトつるつるよ

トマトの収穫キュウリの収穫が続いています。 トマトは支柱の上まで背が伸びましたので、ここで摘芯します。 花でいうと4段か5段目になります。この上の方の花まで実を付けることはできないでしょうけど3段目ぐらいまではしっかりと碧い実が着いています。 村中畑のトマト 土手下畑 義母畑

続きを読む

トマトいかが あざやかトマトは もらわれて

今年はトマトの出来がいいみたいです。 あちこちから「トマトいかが」と声がかかります。 義母畑に作ったトマトは道沿いなので近所の皆さんによく見えて、 「まだ成ってないようなので持ってきた」 と、袋いっぱいいただけます。 ありがたくいただくのですが、 でも、大丈夫。トマト好きなので3か所で作っているのです。 土手下畑、村内畑、そして義母畑。そうそう、鍋…

続きを読む

夏野菜 天地の恵み 袋詰め

夏野菜って実のものばかりですね。太陽を詰めたようなトマト、木々の緑を詰めたようなキュウリ、大地の潤いを詰めたスイカ・・・・・ 春ばあちゃんの畑にも天地の恵みが実ってきました。 ありがとうございます。 トマトが真っ赤に熟れています。 大玉トマトに挑戦してもう3年目かな?成りはじめても最初だけしか食べられませんでした。つまり1段目だけがまともにたべられま…

続きを読む

草茂り すいかはどこにあるのやら

草、草、草、・・・・の山 さて、ここはスイカを打ている所ドッジボールぐらいのスイカができているのですが、どこにあるかわかりますか。 わからないでしょう。手前の方にあります。草が隠しているのです。 今年はスイカが食べられるぞううううううううっしっしー 汗だくで伸びた草を刈ってもこの通り、どこを刈ったのかと思うほど。 トマトは過湿にしてはいけないし、ナ…

続きを読む

降る光 受け止めている 茄子の手や

茄子が大きな葉を広げて太陽の光を受け止めています。 もう濃い紫の実を付けている人も多いでしょうが、わが畑の茄子たちはまだいっぱい太陽を受け止めて大きくなろうとしています。今の野菜たちを見てみましょう。 これは青茄子といってこの前支柱をした紫の茄子と違います。この茄子は本当に大きくなります。実が生ったら紹介します。この支柱は、真ん中に一本だけにして中心を支えま…

続きを読む

茄子紺の黒を凌ぐ上品さ

茄子の色って好きですね。紫とは違う、黒とも違う。 もちろん実の茄子も大好きです。 茄子はポットで苗を育ててから定植しました。 市販苗のような大きさにならずに、定植していますから、畑から大きくなるのは時間がかかります。 濃い紫の千両2号と自生え青茄子の2種類植えました。青茄子は去年自然農法研究センターから種を買って育てた茄子から取りました。でっかい茄子が生…

続きを読む

初生りの青きトマトを摘まみ取る

苗を植えつける時期って大切ですね。 トマトは苗を植えつけた後、乾燥していたので順調に成長しています。 紫ナスは苗を植えつけた後、風が吹いて乾燥していたので、弱ってしまい病気になったり、枯れてしまったものもあり、未だにひょろひょろとしています。 その後植えた青ナスは小さかったので乾燥に耐え、梅雨に入って大きく順調に成長しています。 子どもの頃の環境がいかに…

続きを読む

フロントの入道雲はおとぎ城

車を運転していたら、フロントの空にムクムクムクっと入道雲が映し出されました。 それがほんとお城のようでした。 暑い日が続いています。 雨不足を訴えた前回の記事の後、何とか雨が降ってくれました。 田植えは無事にできましたが、その後また晴天がつづいています。 畑の方も、またまた水不足の心配をしなければならなくなりそうです。 エンドウはたくさん収穫できまし…

続きを読む

はざかい期 エンドウずくしの お昼どき

ほうれん草もあと少し大きくしたいし、レタスは小さすぎるし、キャベツはまだ巻いてないし・・・ 葉物野菜ははざかい期です。 今は、絹サヤエンドウとスナップエンドウが実っていますので、そちらを毎日いただいております。 ソラマメはまだ空を向いていルか、水平になっています。まだ降りてきてないので採れません。 この前の強風でソラマメは被害を受けました。 今年は出来…

続きを読む

五月晴れ、小さな鯉は 宙返り}

さあ、5月になってからの記録です。 早いものですね、もう5月ですってよ。 5月2日 カボチャの直植え。 西洋カボチャ「エビス」と地場カボチャ。土手下畑に一カ所に5粒ほど蒔いておきました。 もう一つに新畑には、ペポカボチャとして、ヒョウタンカボチャとソーメンカボチャそして去年の天狗鼻の自家採種です。みんなクラツキがしてあるのでそこの雑草を取って、削って、5…

続きを読む

カエル出て代わりに芋が土の中

昼間は暑いくらいになってきましたが、朝夕は寒い風が吹いています。今朝も霜の降りるような寒さでした。 でも霜の害はありませんでした。 畑に行って、いろいろ見て世話をしてやりたいのですが、時間がないのでやりたいことだけしています。 里芋、生姜を植えなくてはならないです。 これは冬の間管理していたお義母様が入院なので、一人でゴソゴソと発泡スチロールの中を探しま…

続きを読む

菜の花やメーデー祝いて群れて咲く

アブラナ科の野菜たちがみんな花をさかせています。 これは、小松菜の花です。白菜の花も今咲いています。 大根の花は白い花です。 子どもの頃は油を取っていたアブラナを田んぼ一面に作っていたので いちめん菜の花という詩が生まれたのでしょうね。 今は、白菜や小松菜や大根を採りおくれたり余ったりしたものが集まって咲いています。 きれいな黄色です。 今日はトマ…

続きを読む

咲く前のオーラにつつまれ明日を待つ

梅が終わったら、サクランボ、そしていよいよ桜の木 今木全体がピンクに色づいています。 よくよく見ると枝の先の方に一つ二つ花が咲いています。 注文していた中玉トマト「フルティカ」の種が届きましたので蒔きます。 高いですね。20粒で500円台です。 ポット7個に「土太郎」を入れて、種を3粒ずつ蒔きます。 このとき土をしっかりと押さえておく方がいいそう…

続きを読む

親子してインフルエンザ障子隔て

温かくなって窓の近くはぽかぽかしていますが、インフルエンザが猛威を振るっています。 子どものインフルエンザを親がもらって寝込んでしまいました。 春ばあちゃんは○○だから風邪を引きません。 あれだけくっついて看病していたのに。 ○○には「馬鹿」を入れないでください。「丈夫」を入れてください。 気になっている人肌発芽のピーマンやトウガラシたちはまだ…

続きを読む

春蒔きのスタートダッシュだ風よ吹け

いよいよ春の畑の種蒔きがスタートしました。 一番乗りはほうれん草です。 春ばあちゃんは今年はできるだけ自然を手本にして 野菜が野性的に育つ様な栽培をしてみたいと思っています。 過保護はしません。 その分手抜き、放任になります。けれど観察眼だけは働かせていきます。 そして記録を取って失敗は失敗として成功への足掛かりにします。 失敗ばかりになってしまっ…

続きを読む

春の風土の中から起きてけり

急に温かくなりました。 つい浮かれてたくさんの仕事をしました。 21日夜 2月末に種蒔きしていいピーマンとトウガラシとナスの種の芽だし準備をしました。 「人肌発芽」です。明日香じいさんが「メンドリ発芽」といってやっていらっしゃるのです。 キッチンペーパーを半分にきり、水を含ませて種を包みます。 それをナイロン袋に入れて、ズボンのポケットに入れていつも…

続きを読む