眠りから覚めた芋たちきょろきょろと

31日から4月の4日までを「雷声を発す」(七十二候)といいます。春を告げる雷が鳴り始めます。そしていよいよ春本番です。あちこちで花見が始まりましたよ。真っ赤な顔をした雷どもが大きな声を張り上げていますねえ。これもまた春の声でございます。 暖かな日でした。寒い暗い蔵の中から3つ発泡スチロールを出してきました。 冬の間、お布団をか…

続きを読む

深いほど地上に出る為、強くなる

鍋底畑に植えたジャガイモの残りを村内畑に植えます。 2畝作った左側の広い方の畝です。 真ん中に溝を切りました。 ここに元肥を入れます。2週間前に全体に牛糞を少しですが入れてあります。 ぼかし肥はなくなってしまったので、油粕一握りを1メートルぐらいに入れていきました。次に有機的化成肥料「あさひ」を2メートルに一握り程入れました。そしてその両側に芋を20…

続きを読む

 卒業式 さよならと降る 名残り雪

卒業式・終業式ともに雪が降りました。 さみしさをいっそう切なく感じる空の演出でしょうか。 おばあちゃんは寒い寒いとふるえて、こたつに入っています。 卒業式にも終業式にも出なくていいので助かります。 その代り畑がやりかけでほおっておかれています。 畝の上のごみや枯草を取り除き、春の雑草を取って軽く耕し、種蒔き、苗植えをしなければなりません。 一度のたく…

続きを読む

春は名のみの風の寒さや

また寒くなっちゃって、雨になってしまいました。3寒4温といいますが、これでは1寒1温です。 でも今日はどっちみちお出かけの予定だったので畑には行けず、諦めがいいです。 そこで昨日書き忘れたことを書きます。 昨日ブロッコリーの苗を買ったことを書きましたが、その時一緒に買ったものは、「春蒔きニンジン」と「トウモロコシ」の種。 ニンジンは…

続きを読む

雪が降る 畑に立ちて することなし

6日朝、突然の雪景色。真っ白。感動。ショック。 10センチぐらい積もっていたかな。 そして雪の乱舞・・・・。タイヤ替えてなかった。 昼ごろから止み始め、降ったり止んだり・・・・子どもは雪だるま作り。 7日は曇り空、時々ちらちら・・・ だんだん雪は融けてきて、雪だるまが泣きそうになりました。 8日は家の裏とか、子どもたちが集めたところだけ雪が残って、あ…

続きを読む

敬老の幸せの時大根蒔く

15日は敬老の日です。 孫が今日は休んでいていいよ。何でもやってあげるからと言ってくれましたが、休んでばかりおられません。 畑に出て、仕事をしている方がどんなに幸せか。 稲こきの後片づけもしなくっちゃあね。 乾燥された籾は籾貯蔵庫に入れておきます。 一年間分の籾です。次に乾燥機やコンバインの掃除をします。 田んぼにわら屑がたくさん落ちているのでこれも…

続きを読む

コーヒーの香りの中の 大根蒔き

いいお天気ににっこりと畑に出かけました。 きれいにアサガオが咲いています。 夏が終わってしまった急がないと秋になって寒くなる・・・と朝顔は一生懸命咲いています。 とってもきれい。 しばし見とれていました。 今日の目的は、耐病総太り青首ダイコンというこの辺りで一番作られているダイコンの種蒔きです。 漬物にするためです。 村中畑です。 この前の白菜の…

続きを読む

大根は双葉もかわゆいおいしそう

もうマムシはいないでしょう。義母畑に出かけました。 朝ちょっと雨が降りましたが、ほんの2,3粒だけ。 風が強いです。赤大根の双葉が風に倒れています。 ひょろーーーとのびているので間引いて、土寄せしておきました。 茎は赤紫ですが、葉は緑色になっています。 白菜「お黄にいり」も間引いて2本にしました。 煮大根も間引いて土寄せしました。間引くのはな…

続きを読む

虫の音も雨の止む間の演奏会

今日こそは晴れるか、 と思ったのですが、にわかに搔き曇り、雨降りに しばらく降ってすぐ上がり、さあーッと洗濯物を濡らしただけでいってしまいます。 でも畑の草も土も濡れているので作業ができません。 かといって草を刈らなければますます草は大きくなるばかり。 ちょっとした雨降りの合間をぬって、草の水滴に服を濡らしながら草刈りをしました。 義母…

続きを読む

葉の陰に 明るく笑う オクラかな

今年は丸オクラを作ってみました 大きくなってもやわらかいということでしが、食べごろの倍ほども大きくなるとやはり固いです。当然か ぼつぼつ収穫しています。 オクラ好きの娘がキャンプでいないので、今日はみんなにゆきわたりました。 七夕キュウリが大きくなりました。 もう一か月近くになりますね。 この種は地這え胡瓜とということです。 親は摘心して子…

続きを読む

野良仕事 欠けているものを探してる

みなさまお久しぶりでございます。8月になってしまいました。 梅雨も空梅雨のようでございましたし、その後のこの暑さ、つうは静かに山奥の泉の森にいます。 ここも出水が少なくなってきましたが、湧く水は一年間涸れたことはございません。 真夏日とか熱帯夜とかオモシロイ名前がついているようですが、なんのことはない地球が熱くなってしまっていることが原因なんですのよ。そうし…

続きを読む

タチアオイ 上まで咲いて 梅雨あける

白・ピンク・赤ときれいに咲いていたタチアオイがとうとう咲ききってしまいましたこの花が上まで咲くと梅雨があけるといいますが、本当に梅雨があけました。 名残の花が2、3咲いてましたが。 7月の中旬までにニンジンを蒔いてしまおうと思っていたのですが、何やかやとで遅くなり、やっと昨日で蒔き終わりました。 村中畑の狭い場所ですが、ミニゴボウと紫ニンジン2列、つまり3…

続きを読む

目の前に来ぬまでわからぬ その恐さ

予想や予報はできても、その恐さを実感するまで人は備えることができないものですね。 今回の様に予報では、大型で恐い、すごい台風だ、と言われても、実際にきてみると何もなかったということが続くと、予報になれてしまって、「あ、またか」となって、備えることができなくなってしまいそうですね。 狼少年の様に、本当の恐い台風がきてもちゃんと避難できるかどうか備えることができ…

続きを読む

兄弟の 大小まじりて 芋を掘る

晴れ間が続いています。ジャガイモを掘らなければならなくなってきました。 昨年と違って植えてからの世話をあまりしていません。 草取り・土寄せをしていないのでどこにジャガイモがあるのやらという状態です。 土手下畑のダンシャクは前記事で紹介しましたので、今日はキタアカリとメークインです。 6月28日 鍋底畑のキタアカリ。 3月27日に植えています。ここは元…

続きを読む

あせをかき 冬の鍋を思いつつ ネギ植える

去年は深葱苗は、お義母様のすばらしい苗をいただきました。 「もう植えていいよ」 といってもらって、作業に取りかかるのですが、 今年はお義母様は病気で苗は作ってもらったのですが、大きくなるのを見られず、退院して家に帰っても外に出られず、私が草を抜いたりして管理していたのですが、よその畑みたいな感じでつい気を抜いていたのでしょう、苗が大きくなりすぎて時期を逃が…

続きを読む

ちんまりと春の日差しにヤーコン君

すっかり温かくなりましたね。春風に誘われてきょうは遠くまで舞ってまいりました。 桜がはらはらと白い花びらを風に乗せているのを見るのも風情のあるものでございます。 山々がやわらかい新芽に包まれて稜線がまあるくなっていくのも心なごむ風景です。 水は雪解けで増し、魚たちが川の流れに出てくるようになりました。田鋤もそろそろはじまってまいりました。 山の息吹を感じる…

続きを読む

桜咲き小さな村も華やぎて

桜が一斉に咲きました。桃も一緒です。石楠花も咲きました。 春爛漫のこの土日は、なんと花冷え、寒い風、みぞれが降り、セーターです。 5日(土)に気になっていたゴボウを蒔きました。 長いものはとても掘ることができないので、短いのにしました。 それでも、30㎝~40㎝と書いてありました。 まあ数日前スコップで掘って土を砕いたので、30㎝は耕していると思います…

続きを読む

ニンジンとゴボウは仲良し土の中

ニンジンはやはり失敗でした。 去年7月に蒔いたニンジンは9月過ぎていいニンジンが取れました。 そこでまたニンジンが欲しくなり、10月10日に種蒔きしました。 10月21日に発芽して、これから寒くなるのに大丈夫かなと不織布でトンネルしました。 そうして冬の間中、不織布で寒さを凌いでがんばって、春になって大きくなりました。 葉の元気さを見て、間引いてみます…

続きを読む