根菜の保存

サツマイモの保存を早くしなければ、 昨日はいい天気でありながら風は冷たく冬の空っ風のような寒さだった。 夜になって思い立って、どまの桶に入れていたサツマイモを一つひとつ新聞紙に包んで発泡スチロール容器に入れて箱いっぱいにして一番上にはすぐ食べられるように小さい芋を乗せて蓋をせず、台所のガスコンロの後ろのちょっと高いところに置いておいた。 台所を見せるのは恥…

続きを読む

木枯らしやこたつに入り春思う

外は寒い木枯らしが舞ってます。みんな炬燵に集まり好きなことやってます。日曜日なのでみんないますね。 テレビ見るもの、パソコンするもの、本読むもの、ゲームするもの、将棋するもの・・・・猫はひたすらお昼寝です。 私は、JAから春植えの野菜種子や水稲の種子や苗の注文がきたので、それを書かなければならないので、ちょっと気が早いけど来年の計画を立てました。 とりあえず来年植えたい野菜と作付けする…

続きを読む

来年の春までお眠りヤーコンよ

ヤーコンを掘り上げました。ヤーコンは友達にもらってから毎年3年間作っています。全く世話なしで育てています。土に養分がない時は小さな細いヤーコンになりますが、今年はよく太ったサツマイモのようなヤーコンができました。その大きくて太っているのは1個で十分6人分の夕食のおかずになります。皮をむいて、短冊に切って、それを5ミリの角材の様に切って、水にさらして、10本ほど経…

続きを読む

タマネギの蒸れるにおいと梅雨の空

今年のタマネギはもう一つだった。もっとお尻のでっかい落ち着いたタマネギが取れることを期待していたのだが、でも、ひどい病気ならず、まあまあの大きさのタマネギになったので70点というところかな。 昨日の片づけでみんなタマネギを片付けました。 鍋底畑が2畝で、900本です。晩生のネオアース500本と早生300本と晩生もみじが100本でした。そこに植わらなかった余っ…

続きを読む

大根足になりたい私ゴボウ足

少し寒くなってきましたが、雪は週末に降るとか・・・?ほんとかな? 暖かいので大根がよく育っているそうです。 道理でいつもよりでっかい大根が私でも作れました。 でもそんなにたくさんあってもねえ。漬物はもうしてしまったので、普段に食べる分には1日1本あったらいいですよね。それに煮た大根はあまり食べない人もいるし、でもいつまでも畑に放置しておくとスが入ってし…

続きを読む

初挑戦 たくあん漬けって簡単じゃん

長い間のためらいが、この大根に染みついてしわしわ大根になっています。 何日間干していたのでしょうか。もうへなへなで、しの字どころがのの字になっています。 ドラマの「天地人」でキムチをおいしそうに漬けていますが、私はやはり、沢庵漬けか白菜漬けがいいですね。、 上手くなったら奈良漬を漬けてみたいですねえ。しかし、面倒そうでなかなか・・・。 よし! ためらい…

続きを読む

漬けたいが初めてのことでドキドキドキ

残っていた里芋も掘り上げて、アラブ芋も掘り上げたので、もうあまりすることがなくなってきました。 寒くて畑仕事はできません。それにすぐ曇って、時雨がやってきます。 この時期は畑に行くより家の周りで片付けや大掃除をしなければなりません。豆も片づけなければなりません。ところがなかなか片付かないのです。 もう一つ片付かないのが、「漬物」です。 大根をつけようと干…

続きを読む

干し芋

冬至を過ぎてますます風は冷たく、気温は下がっていきます。 これから日照時間は増えていくというのに不思議だなあと思ったものでした。 今はその疑問も解決しましたが、冬になることは雪国ではちょっと辛いことです。 冬来たりなば春遠からじ 春を待ちましょう。 さて、ぬか漬けは毎日掻き混ぜていますがまだ本漬けになっていません。 待ち遠しいですね。 今日は干し芋…

続きを読む

ぬか漬け

畑仕事ができないので、内仕事をします。 夏にぬか漬けに挑戦したのですが、うまく発酵してくれなくてか、おいしいぬか漬けができませんでした。諦めて作るのを止めていたのですが、「家の光」の付録にいろんな旬の野菜を保存食にしましょう」ということで「手造り食品12か月」という本がついていて、読んでいると、また糠漬けが作りたくなったのです。たくさんの野菜が取れた時にこうい…

続きを読む

見渡せど白い雪野と風ばかり

寒いですね。寒波が雪を降らせ銀世界。 もう畑にも行けません。この寒波の前のちょっとした晴れ間に白菜10個ほどと白ネギ20本ほどとレタス・2こと大根3ポン取ってきました。寒波が来たら取りに行けないので、その間の食料です。 白菜はたくさんではないので去年みたいに保存庫を作りませんでした。 古タンスの中をくり抜いたのを土の上に逆さに置いて、上にナイロンシートを掛…

続きを読む

初雪に ばあさまおどろき 芋隠す

まあ寒くなると言ってましたが、あさおきてびっくり。 ちら、ちら、っと雪が舞っていたのです。 降り積もるような雪ではなくて、風花でした。 でも、初雪です。 軒下に里芋を干してました。早く片付けようと思いながら置きっぱなしにしていたので、急いで家の中に入れ保存をしました。 種芋と食用とに分け、種芋は、台所の冷蔵庫の上にあげます。 今年の里芋はあまりいい出…

続きを読む

雪かぶりさざんかの花凛と咲く

味噌作りをしながら思いつき、こんなものも作りました。 味噌と関係ありません。干し芋です。 まだ発泡スチロールの中に籾を入れて保存しておいた特大サツマイモが残っていたのです。 寒さが厳しくなってくると火の気のない小屋では腐ってしまうでしょう。 まだ今ならきれいなはずですから、使ってしまおうと思ったのです。 何もわからずに、この前作った「干し芋」は、生の芋…

続きを読む

三が日過ぎれば普通の冬になり

雨降りで畑にも出ず、正月も終わった感じで面白くない。 お客さんも来ない、静かな静かな一日。 ふて寝してもいいけど、昼間寝ると夜寝られないから、体を動かさなくっちゃあ。 生ごみコンポを洗いました。調理して出た残菜や不要な葉や根、食べ残し、その他、生ごみみんな入れます。 これがあるとありがたいです。外葉を捨てるのも気が引けていたのですが、これに入れて落ち葉堆…

続きを読む

雪の原仲間とともに野菜たつ

雪は止み、日差しが見えますが、温かさはありません。 でも少しずつ雪が解けていきます。 家のネギがなくなったので、畑の様子を見がてら、取りに行きましょう。 雪道は獣の足跡がついています。なんでしょう。鹿はわかります。 それよりも幅が広くてちょっと丸っこい足跡もあります。 鍋底畑の白菜たちは、鉢巻をしたまま雪の原にでんと構えています。 鉢巻をせずにま…

続きを読む

大根引き踏ん張る足のつめたきに

大根が頭を出して抜いて抜いてと言ってますわ。 畑の中にいつまでも置いておくと、ここでは土が凍り、大根も凍りまずくなり腐ってしまいますわなあ。 そこで堀り上げて頭の葉っぱを切って、葉を残さんようにきれいに切らないとまた芽が出ますでな。 内側の黒い袋の入れて軒下でも土間でもかまわんで常温で保存したらいつまでももちます。 この大根が大きいのでなかなかです。踏ん…

続きを読む

初雪や白菊の上にも数センチ

昨日のお話です。 初雪が降りました。寒いはずです。たいてい11月の終わりか12月の初めに風花が舞い、しばらくたってから積もる雪が降るとなるのですが、今年は風花の翌朝に初雪が積もるという展開でした。 雪が降ると外に出たくなくなるのです。私はだんだんとカエルに返っていくようです。みんなやりかけですが、もう冬眠したいです。 でも、雪は昼過ぎには融けました。そこで…

続きを読む

白菜保存に向けて パート2

きょうは雨が上がったのでいよいよ保存場所を作りますよ。 以前鶏小屋、今物置のところに買い込んだ材料を持っていきました。 なんかへんなものがまえにありますが、これは押し入れタンスで、不要になったので引き出しを抜いて、去年これも白菜入れにしていました。ひっくり返して莚を被せ、ブルーシートで覆って、中に白菜を入れてました。でも用がなくなるとこうして放置されていたの…

続きを読む

白菜保存に向けて

きのうの続きです。 ホームセンターに、落ち葉堆肥場の板を買いに行きました。 コンパネは丈夫そうながっしりした板でした。12㎜の厚さです。 もう少し薄いので合板というのがありました。これでもしっかりとしています。 しかしこれは1枚しかありませんでした。 値段の差があるので、たかが堆肥作りに5,000円以上になるのもと思い迷っていると 突然、思い出しまし…

続きを読む