残りのサツマイモを掘りました

 今日は中島畑のサツマイモを掘ります。昨日の予定が、今日になってしまいました。午前中は雨予報だったのですが、いまにも降りそうなまま降らないようなので、畑に出かけ、サツマイモを掘ってしまいました。一株に1,2個です。苗を挿したまま放置していたのですから、1つでも付いたら儲けものですよ。紅あずまは丸い形になりますね。鳴門金時はちょっと細長い感じになります。今年は紅あずまだけ作りました。昨日の雨で土は…

続きを読む

エンドウ・ソラマメは11月上旬

 ちょっと早まってしまったかな。今日友達が畑しているところに出会って、「もうエンドウ蒔いたけど」って話したら、「エンドウは11月からでいいよ。早く蒔くと大きくなって寒さにやられるよ」「えっやっぱり」・・・  家に帰ってパソコンでこのブログの「エンドウ」のところ見たら去年の記事「エンドウ、ソラマメは11月上旬」って書いてありました。すみません。なんのためにブログに記録をしていたのか・・・反省{%…

続きを読む

サツマイモの世話

サツマイモを挿しっぱなしにして芽が伸びているのを確認してからは安心してなにもしていませんでしたが、今年はそれではいけないと思い、草を刈って、お世話します。去年はこうしてほおっておくので、草まみれになって草に埋もれてしまったのですが、今年はそんなことにならないように今草の伸び始めたときに草刈りです。草刈り機で草を刈ってから、残っている芋蔓のまわりの草を手刈りし…

続きを読む

サツマイモ無事活着

4月28日にサツマイモ蔓を挿してからいい天気続きです。でも、水をやってません。中島畑のほうのサツマイモは一度水をやりました。鍋底畑は苗挿しをした日だけ水をやりました。葉が枯れてから根が出るそうなので枯れることにはおどろきません。苗が挿してある土のところには刈り草をかけて乾燥を防いでいました。  昨日今日もいい天気でした。やっぱり心配なので見に行くと、ちゃん…

続きを読む

サツマイモの苗挿し

JAに頼んでいたサツマイモ「ベニアズマ」が来たので、鍋底畑に植えました。 今年は鳴門金時は無しにして、ベニアズマだけ50本です。いつも100本ぐらい頼むのですが、そんなに食べられないことが分かりました。たくさん取れた時は道の駅に出したり、地元の文化祭に出したりするのですが、それでも余ってしまい、保存に苦労し、腐らせてしまうことが多いので、我が家で食べられるぐら…

続きを読む

3連休の中日の頑張り

23日は秋分の日、お彼岸の中日、ということで、午前中にお墓参りをしました。お花を持っていきます。今年は紫苑が勢いがなく、しおらしく咲いています。いつも太い茎になってたくさんの花をつけるのですがこの暑さで伸びが悪かったようです。後は百日草やコスモス系を持っていきました。他の者は水や線香をもっていきました。たくさんのお墓に花を立て、線香やお水をお供えして拝みまし…

続きを読む

サツマイモの苗を50本挿しました

28日は、いい天気で暑いぐらいの中、いよいよサツマイモを挿します。27日にJAから受け取った苗をたっぷりの水につけておいて、28日の朝、植える畝の真ん中をミニ耕運機で耕して、午後3時ごろから苗を挿していきました。株間は歩幅ぐらい、5,60㎝かな。船底植えをしました。この方が中ぐらいのいもがとれるように思います。 鍋底畑です。1畝に22本、23本、そして余った7…

続きを読む

根菜の保存

サツマイモの保存を早くしなければ、 昨日はいい天気でありながら風は冷たく冬の空っ風のような寒さだった。 夜になって思い立って、どまの桶に入れていたサツマイモを一つひとつ新聞紙に包んで発泡スチロール容器に入れて箱いっぱいにして一番上にはすぐ食べられるように小さい芋を乗せて蓋をせず、台所のガスコンロの後ろのちょっと高いところに置いておいた。 台所を見せるのは恥…

続きを読む

サツマイモ遅かった

この前の記事の3日に掘り上げたサツマイモを食べてみようと切ると、なんと中は黒く腐っていた。もう駄目だったんだ。 やはり今年は寒いのだ。掘り上げたのが遅かった。 土間に置いているほかのサツマイモを見るとなんとカビが生えたようになっているものがある。 早く暖かい台所に保存しなければならないんだけどなあ。 教訓。 サツマイモは12月に掘り上げたら遅い。 …

続きを読む

秋ジャガ・サツマイモ・生姜みんな掘り上げ

いいお天気でした。でも近所で不幸があって思うように畑には出られなかったで、夕方時間ができて、大急ぎでした仕事は、秋ジャガを全部掘り上げて、生姜も全部掘り上げて、サツマイモの全部掘り上げたことです。 まず、秋ジャガは、丸っこい大きな芋が入っていましたが、数はそう多くありません。3、4回ほどの料理で使ってしまいそうです。でも、秋ジャガも少しは取れるという自信が…

続きを読む

サツマイモ掘り上げました

試し掘りしたときは1株に普通サイズが1個でした。こりゃあまずい。と思ってそのままにしてしばらく待ちました。 その後も何回かほってみたのですが、あまり大きくなっていないなあ、今年は期待できないかなっと思ってました。 タマネギ畝を作らなければならないので、もう掘り上げようと決意して掘ってみると、なんと!大きくなってました。 一株のところでこれだけ出てきました。つるつると連なって。 これは…

続きを読む

枯れたよう 覆いを取ると緑の芽

サツマイモベニアズマが植えてから1週間たちました。その間、世はゴールデンウイークとかではしゃぎまわっていました。暑い日が続き、春ばあちゃんもいっぱい畑仕事をしました。そうです。この鍋底畑は忘れられていました。今朝行ってみると、サツマイモの苗を挿したところに行ってもそれらしきものは見えない、よくよく近づいてみると、茶色くなった葉があり、新しい芽のところが、紫色にな…

続きを読む

春雷や農夫飛び込むトラックの中

素晴らしい青空。サツマイモの植え付けに出かけましょう。 今日は土曜日、珍しく夫殿が一緒に来てくれました。手伝ってやるというのです。こりゃあ何かある。それとも雪が降るのかな。 さて、昨日急いで耕して置いた鍋底畑です。3畝がこのベニアズマ50本の縄張りです。 夫殿はこの畝の両側に残った雑草が気に入らないということで、そこを草刈機で削っています。私が一人せっ…

続きを読む

草取りは針仕事より坐禅的

いいお天気で、誰ともお約束がない日。思いっきり畑に入りびたりできる日。 ア一つあった。JAにサツマイモの蔓を取りに行く日だった。  朝、約束の場所(JAの営農センター前)に行って、順番に並んで、サツマイモの蔓をもらって帰ってきました。 みんないろんな夏野菜の苗を注文していたらしくって、それぞれの注文を確認しながら渡していくので時間がかかりました。私はサツマ…

続きを読む

にゅるにゅると田んぼの畝に指入れる

今日もまた晴れ・曇り・雨の3色天気でした。 念願の最後のタマネギ植えは、始めたのが午後5時、雨雲たちこめる薄暗い中で始めました。 この前の自前のネオアースを50本植えた後に、もみじ3号を植えます。 指をマルチの穴の中に突っ込んで土に穴をあけ、苗を挿しいれて押し付けますが、雨にぬれていてぐちゃぐちゃです。だんだん指が太くなっていきます。そのうちだんだん暗…

続きを読む

産直売 売れれば嬉し、残れば食べる

農産物直売店、赤トウガラシ「鷹の爪」1袋50グラムを10個出しました。 サツマイモでっかいのを13個出しました。 その結果、 赤トウガラシ、残2袋 サツマイモ、残8個・・・ちょっと厳しい結果。 超でっかい芋から売れて行ってしまいました。でも、あまり大きい芋は料理しにくいので買わないのでしょう。それに形や皮の状態があまり良くなかったから仕方ないで…

続きを読む

地の恵み地域の方におすそ分け

地域の文化祭があります。そこで農産物の販売をします。これは地域の農家の方が自家製の野菜を持ちより地域の方に売る地産地消の月1回の農産物販売が、文化祭に出店したのです。いつもは会員さんが持って来て、販売するのですが、今回は1回きりの販売で出してももいいということで、臨時会費200円を払って、サツマイモとトウガラシ鷹の爪を出します。100円均一ということで、サツマイ…

続きを読む

10月10日晴れると決めた体育の日

10月10日は体育の日。この日は晴ればかり。ということで東京オリンピックが開かれた日。 あの頃のオリンピックは国民の希望と努力の美しさが空に浮かんでいたと思います。 今度のオリンピックは、何兆というお金があちこちに飛んでいくだけで、年金を減らされた高齢者やアルバイトしか仕事のない者には虚しい空です。 ほんとうに体育の日はいい天気になって思いっきり畑仕事がで…

続きを読む

梅雨晴れ間ジャガイモ掘ろうモクモクと

もう地上には雑草ばかりでジャガイモの茶色の茎が残るばかり。 地中はいかが? 掘ってみましょう。スコップで。 サックッサックと掘ったらば、出てきたのは小さなかわいい芋たちよ。 それでもおいしい芋たちよ。 希望の10倍にはならなかったけど、当分の食料は確保できたよ。 ありがとう。 車庫に広げて干して、土を乾かしてから目方を計ってみましょうね。 ジ…

続きを読む

五月雨やじゃぶじゃぶぶるると山洗う

寒くなってしまいました。一日中雨。 畑にはいかず。でも、道端の鍋底畑には車を止めて行ってみました。道から見ると、サツマイモの苗が枯れてしまっているように見えたのです。畑に入ってみると、ちゃんと茎が立っていました。葉は枯れてしまっていたり、萎れてしまっていたり、なくなってしまっているのもありますが、新芽をつけた茎が土から起き上がり、雨に向かって立っているのです。…

続きを読む

大きさか数か悩むよサツマイモ

一昨日植え付けたサツマイモ「紅アズマ」の残り半分をどこに植えようか悩んだ結果、予定変更。同じ鍋底畑の一昨日植えた畝の右隣に植えることにしました。そこには里芋を植えるつもりだったのですが、里芋は村内畑にすることにしました。サツマイモの茎を水に漬けていたら、節の所から白い根が出てきていました。 ところが今日は強風。恐ろしい勢いで風が吹いてきます。 一昨日植え…

続きを読む

五月晴れトマトキュウリサツマイモ植え

5月になりましたね。風薫る5月。 植え物の5月。 先ず、トマト「自生え大玉」7苗 まだ花は咲いてませんがつぼみらしきものがついています。 衣装缶温室の上限に伸びてしまって、夜蓋ができないので、それなら外でも一緒だと、植え付けることにしました。 砂畑です。 穴を掘って、水を入れて、これもまた寝かせ植えします。 双葉のついているところまで土をか…

続きを読む

今日も雨新緑雨に重すぎる

よく降っています。 晴れたら新緑の葉が眩しい時なのに、この雨で枝枝は重くって重くって垂れ下がっています。枝もまだ細いのに葉についた雨の重さでよくしなっています。 注文していたトマトとなすとサツマイモの苗が来ました。トマトは桃太郎3、ナスは大庄屋3、サツマイモはベニアズマ50本です。 JAまで取りに行ってきました。元気のない苗や黄色い葉の苗もありましたが…

続きを読む

サツマイモ芽出しをするため身を清め

サツマイモを家の中にとっておいて、冬の間にいただこうと思っていましたが、やはりそれぞれの旬に食べるのが一番おいしいのですね。確かにちゃんと残っていてくれたのですが、皮をむくとすぐ黒くなってしまいます。すぐ水につけていると、白いままですが、煮てみるとやはり黒っぽくなってしまいます。お正月の栗きんとんの頃はまだこんなことはなかったのですが、2月を過ぎるともう美味しく…

続きを読む

青白のカビに好かれた干し芋ね

せっかくのおいしいサツマイモを、カビだらけにしてしまいました。 干し芋失敗の巻 干してから暖かい日が続き、雨が降り、曇っては時雨れていくこの頃。 それでも、出したり入れたりしながらなるべく寒風とお日様に当てようとしましたが、ついにカビてしまいました。 お見苦しい写真となりました。 こうなってはもうだめですね。この暖かさを恨みます。 12月10日に…

続きを読む

ほかほかが ほくほくとなり 干し芋じゃ

たくさん植えたサツマイモ。収穫したのが遅かったのか、でっけえ芋になってました。 掘ったころは珍しくて焼き芋だ、サラダだ、きんとんだと作っていました。(残念ながら天ぷらは油を吸いすぎるのでできないのです) でも、寒さが身に沁みるようになると、同じ土の中のものでも、大根だゴボウだニンジンだとなり、あまり見向きもされないようになりました。甘めに煮てもいつまでも丼の…

続きを読む

田や畑は耕し続けた芸術品

土手下畑の芋掘りをしながら、思いました。 田んぼや畑が作物が育つように石や砂利のない鍬で耕せるやわらかい土になっているのは、ここを作ってきた人たちがずっと世話をして野菜を作り、出てきた石を取り除き、土に栄養を入れ、性悪な根を取り除いていったおかげなのだと。もしその続いてきた耕作が途切れてしまったら、すぐに荒れ地になってしまい、一面ススキが原になってしまうことま…

続きを読む

焼き芋をかじる子らの黒い顔

鍋底畑は、前に3畝鳴門金時を掘り上げました。残りは後から自分の家の苗を挿した畝が2つ残っています。 土手下畑は、3畝紅東を植えてました。これは鳴門金時と同じJA注文の苗で50本。しかし手入れが行き届かず草の中で何とか生きている状態です。一番端の畝は、電気柵にかかってくると困るので時々草刈りをしていました。だからまだ芋の葉がよく見えていました。今日はその芋ほりを…

続きを読む

育ちすぎた草は何の役にも立たぬ

 今日は仲秋の名月、きれいな月が見られます。  東側に山があるので月が出るのは遅くなりましたが、山の上に明るい明るい月が顔を出し、あたり一面明るくなりました。雲があるので時々雲隠れするのですが、それもまた月の明るさを強調するに一役買ってくれています。雲から出るたびに月の明るさを見せつけてくれるからです。  さて、今日の大仕事は、鍋底畑のサツマイモ2列を掘った…

続きを読む

草の海スコップもって芋掘りだ

そろそろ食べたいな、サツマイモ。 でも、ちょっと勇気がいるなあ、この草の海にどう漕ぎ出そう。 と躊躇していると、孫が「一緒に行くよ」と言ってくれたので勇気が出ましたねえ。 春ばあちゃんと娘と孫娘と女三人で芋ほりです。 ハイ、着いたところは草の海 まず、草を刈り、芋づるを刈り、サツマイモを挿したところを見つけなければなりません。 上から見たら大草で…

続きを読む