テーマ:ショウガ

酢ショウガ作りました

寒い寒い外に行く気が起きない。 家の中で炬燵に体半分入れて、パソコンを前に2時間がたってしまいました。 昼前になってやっと体が起きてきて、何をしようかなと周りを見るといいものを見つけました。 「家の光」1月号の付録です。これとってもいいです。作りたいものがいっぱい載っています。農家では取れると…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

根菜の保存

サツマイモの保存を早くしなければ、 昨日はいい天気でありながら風は冷たく冬の空っ風のような寒さだった。 夜になって思い立って、どまの桶に入れていたサツマイモを一つひとつ新聞紙に包んで発泡スチロール容器に入れて箱いっぱいにして一番上にはすぐ食べられるように小さい芋を乗せて蓋をせず、台所のガスコンロの後…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

秋ジャガ・サツマイモ・生姜みんな掘り上げ

いいお天気でした。でも近所で不幸があって思うように畑には出られなかったで、夕方時間ができて、大急ぎでした仕事は、秋ジャガを全部掘り上げて、生姜も全部掘り上げて、サツマイモの全部掘り上げたことです。 まず、秋ジャガは、丸っこい大きな芋が入っていましたが、数はそう多くありません。3、4回ほどの料理で使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白き芽は未来に向かう里芋の目

暖かい日でした。25度ありましたからねえ。汗ばむ陽気です。 サトイモ、ショウガ、ヤーコン、アラブイモの芋たちを植えました。 みんな中島畑の短い畝に植えました。 最初は、里芋「赤芽大吉」です 白い芽が出ています。赤芽だから先の方は赤いです。 芽の出た子芋を13個です。親芋も3個植えてみま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

半袖に半ズボンの子も芋植える

子どもの日なんですね。子どもの頃はうれしかったですね。今日は私たちが主役だと威張っていましたね。柏餅もおいしかったです。今は家で作らなくて、買ってきました。これもおいしかったです。 そして、立夏。全国的に夏が来たのです。 夏は実物野菜がたくさん食べられますね。と言ってもまだ蒔いてないものもあるので急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごうごうと家を揺るがす轟轟と

ごうごうと風が吹き、家が吹き飛ばされそうです。風でごとごとと家中の戸が揺れるたびに、地震にあった人たちはどんなに怖い思いをされているだろうと心が痛みます。 ごうごうとを漢字に直すと轟轟となり、車の音を表しているのですね。 か弱いエンドウが一番被害を受けています。 昨日鍋底畑に里芋の畝を作りました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春を待つ里芋ショウガめをさませ

籾の中で冬眠していた里芋の芽出しをします。 畑に持っていって、端っこの所を耕して、牛糞を入れて混ぜました。 里芋はまだ芽が出ていません。でも固いので、これから出てくるのでしょう。一列に並べました。左端は親芋です。 全部で18個ありました。 丁度芽の出るところあたりまで土をかけて、藁を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眠りから覚めた芋たちきょろきょろと

31日から4月の4日までを「雷声を発す」(七十二候)といいます。春を告げる雷が鳴り始めます。そしていよいよ春本番です。あちこちで花見が始まりましたよ。真っ赤な顔をした雷どもが大きな声を張り上げていますねえ。これもまた春の声でございます。 暖かな日でした。寒い暗い蔵の中か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more