サツマイモの苗挿し


画像JAに頼んでいたサツマイモ「ベニアズマ」が来たので、鍋底畑に植えました。
今年は鳴門金時は無しにして、ベニアズマだけ50本です。いつも100本ぐらい頼むのですが、そんなに食べられないことが分かりました。たくさん取れた時は道の駅に出したり、地元の文化祭に出したりするのですが、それでも余ってしまい、保存に苦労し、腐らせてしまうことが多いので、我が家で食べられるぐらいを考えて50本にしました。これでも上手に育てたら多すぎる収穫になるでしょう。畝はかなり前にミニ耕運機をかけていますが、その後草が生えていて、2日前に草を刈ったばかりで手入れをしていません。だけど明日は1日中用事があり畑仕事はできないので、硬い畝をサツマイモを植えるところだけ鍬で穴をあけるように耕して、そこだけ土を柔らかくして斜めにさしていきました。2畝を使いました。30本植わりました。
画像
御覧のようにネットの外になっています。でも大丈夫この外に電気柵があるのです。今のところネットの中にはタマネギとジャガイモが3畝ずつ入っています。このサツマイモの畝も、しばらくしたらネットを広げてネットの中に入れるつもりです。今は刈草をかぶせる都合や整地の都合でネットの外になっています。まあサツマイモの草を食べに電気柵を越えてくることもないでしょうから。
画像
はいご覧のように植えた後、枯れ草や刈草を置いて乾燥を防ぎます。本当は挿したことろに水をやっておけばいいのですが、昨日の雨でしっかりと土が湿っているので、バケツで水を運ぶ手間を省きました。それに明後日は雨ということなのでそれを期待しています。

"サツマイモの苗挿し" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント