ジャガイモうえなきゃあ

彼岸が過ぎちゃった。いつも彼岸にジャガイモを植えることを守っていたのに・・・今年は変な天候で畑の畝の準備ができていなかったり、植えようと思った日は雨だったり・・・いろいろじじょうがありまして・・・・で、3月中に植えようって予定を変更して、種芋を切って、畝を準備して、この日と思っていたら雨が降り、出かけなければならないことがあったりして、・・・・
昨日、会議の後4時になっていたのですが、急いで畑に行って太陽が沈むまでに植えるぞ、って頑張ったのです。画像鍋底畑に植えます。芋の切り口も乾いています。切って個数を増やしたら、メークイン110個、キタアカリ130個、ダンシャク120個になりました。
一番手前の畝から植えていきます。まず、メークインを植えます。畝幅が広いので2列千鳥植えです。間はほぼ歩幅、真ん中にひもを落としながら歩いて行ってその足跡に植えていきました。すると1畝にほぼ50個植えられました。
足跡のところを移植ごてで掘って、底に有機肥料を一握り入れ、土をかけて、芋を切り口を下にして並べていきました。溝を掘ってする方法もありますが、この頃鍬を使うと腰が痛くなるのでなるべくなら鍬を使わない方法でやります。
次の畝は、キタアカリです。これも同じように植えていきます。こちらは歩幅が狭かったのか畝がちょっと長かったのか。60個植えられました。するともう太陽は沈んでしまいました。ダンシャクは植えられません。
これから急いで植えたところに畝間の土をかぶせなければなりません。畝の端の土をかけていき、畝を高くしていきます。はじめは平たんな地表だったのです。これは鍬でないとできませんので鍬でやりました。これから何回もこれをやりながら土寄せをして、普通の畝になっていきます。
2畝の土かぶせをするともう寒くなって暗くなってきました。帰ります。お疲れさまでした。汗ばんでいたので風が入ると冷たくて寒いのです。
夜から雨だと言ってました。
朝起きると雨でした。
ダンシャクを植えなければ芋が黒くなってきます。明日は曇りと晴れだそうですので、残りのダンシャク120個とメークイン50個とキタアカリ70個を植えます。明日は何もありませんように願います。

"ジャガイモうえなきゃあ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: