ソラマメ・絹サヤを蒔きました


村内畑にソラマメとエンドウ(絹サヤ)を蒔きました。とってもいい天気で鍬を持つと暑いぐらいの気温です。だから蚊が出てきました。首を何カ所かかまれました。
画像昨日ざっと鍬を入れていたので、今日は、油粕と蛎殻石灰を入れてもう一度鍬で耕して、最後はレ―キーで仕上げました。そこに「すじナイン」という絹サヤを蒔きました。このたびは、豆と同じように莢の中の用に5粒を連結して蒔きました。
画像

仲良く5人兄弟が協力して発芽し、伸びていってくれれば幸いです。この一か所にしようと思ったのですが、豆が少しだけ余りました。後どっかに蒔きたいですね。来年に取っておきたくないですね。きっとなくするからです。
画像
 ソラマメは、同じく村内畑のアの所に草むらのようになってほおっておかれたところがあったのでそこの草を刈り、蒔いてみることにしました。こんな草ぼうぼうで地面の見えない所の草刈りは大変だろうと思うでしょう。でも、これが面白いのです。いろんな草があり、この中にヨトウムシやカタツムリやアオムシやいろんな害虫がいるんです。ここにいてくれれば、野菜が荒らされないのでいいのですが、刈ってしまうと野菜のところに行くので、害虫はさようならしてもらいました。ごめんなさいね。草を刈って、ソラマメを蒔くところ一列を鍬で耕してやわらかくして蒔きます。きれいになったでしょう。
画像

さあ蒔こうと種袋を開けてみるとこれだけ入っていました。
画像
たったの9粒です。少ないなあと思いましたが、これを50㎝ぐらい空けてゆったりと植えました。ソラマメとキャベツは相性がいいということなので、キャベツの苗を買ってきて同じ畝に植えてやろうかなと思いました。でもとりあえず今日はソラマメを蒔きます。寝かせて蒔いても構わないそうですが、いつものように、お歯黒を下にしておしりを地面から突き出して植えてみることにしました。この種もコーテイングしてあるのできれいな緑青色が地面からちらっと見えます。
後は実エンドウを蒔くだけです。これは自家豆が13粒あるのと買ってくる種で植えます。それからツタンカーメンの種を取っておいたのですが、また行方不明になっていますので、今年は諦めなければならないかもしれません。見つかれば植えます。来年見つかれば来年の秋植えます。

"ソラマメ・絹サヤを蒔きました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント