緑萌えゴールデンウイーク苗日和


ゴールデンウイークに入りましたね。平和憲法を大切に守って、緑豊かな自然を守って、子どもたちの健やかな成長を見守っていきましょう。
休みに入っている人もいるのか、いつもより通勤時間の車は少ないようです。道の駅から「ゴールデンウイークです。たくさんの野菜を出してください。お客さんがたくさん来られるのに野菜が不足してます」とメールが入りました。時々道の駅に野菜を出すからです。でも、今は畑には道の駅に出す野菜がありません。我が家が食べる野菜もありません。でも、野菜の乏しい道の駅は困ります。何か出せないかなと見渡すと、裏にフキが出ています。我が家もこのごろはよく食べるのですが、これを出そうと思いました。裏から取ってきました。ここは消毒も除草剤も何もしていない全く自然のままのところで、草の中で育ったやわらかいフキです。
下の方からハサミで切って、上の葉っぱは大きくて邪魔なので切ってしまい、水で洗いました。
画像

長いのや短いのやいろいろありますが、一握りすると、約300gありました。これを束ねると3束できました。たったのこれだけですが、お店に出しました。1束110円にしました。
お店にはたくさんの人が来ていました。私もフキを出した後、何かいい物はないかなっと見て回ると、野菜苗を売ってました。私の作った苗は小さくてまだまだ定植できそうもないので、この休みの時には買った苗を植えることにします。売ってあったナスとシシトウを5苗ずつ買いました。ちょっと伸びすぎている感じです。
画像

野の花の家に持って帰ってきました。これからストチュウ水を作ります。1リットルに1ccの酢と焼酎とを入れて作るのです。
画像

酎ハイを飲んだことがないので、これでいいかなっとスーパーで売っていたのを買ったのです。酢は料理用の穀物酢です。これをジョロ一杯が4リットルなので、4ccずつ入れて衣装缶の中にストチュウ風呂を作り、それに先ほど買ったシシトウとナスの苗を浸けました。
画像

 浸けている間に中島畑に行って、電気柵にバッテリーを設置し、電池を入れ、線を繋ぎ、通電するようにしました。それが2時間ほどかかりました。これは鹿対策です。
 さあ苗を植えます。これらはナス科なので中島畑のに植えようと思ったら、ジャガイモの芽が所々に出ているのです。ちょうどその時、この畑を貸していたおばあちゃんが向うの畑で仕事をしていましたから、「この一番端の畝は前にジャガイモ作っていたのですか」と聞くと、「ああそうだよ、ジャガイモやピーマンを作っていたよ」という返事なので、「それじゃあナスはよくないですね」というと、「そうだよ、端の畝はナスやシシトウはだめだよ。次の畝がいいよ、そこは去年ナス科は作ってないからね」「ありがとう、そうするわね」ということで、のところに植えることにしました。
太陽が沈んでしまったので急いで、ナスを植えました。ナスは揺れるのがよくないそうです。短い細い支柱を挿して、揺れない様に茎と結びました。そして周りに行灯をして風を防ぎます。まだ寒いですしこれをしておけば防寒にもなります。シシトウも仮支柱をして、これは、キャベツの防虫ネットを取って、それをシシトウの5苗に掛けておきました。高さあがあるのですぐネットにつかえてしまうでしょうが、しばらくこうして寒さを防ぎましょう。夕方は写真はうまく採れないので撮りませんでした。そして急いでいましたのでね。暗くなるまで何とかできました。
あちことの畑に行灯(アンドン)が並んで立っているのです。連休はいつもこの風景になります。田圃は田耕が始まって、ほとんどの田がきれいに鋤いてあります。
田畑が生き生きとしてきました。外で働いている人も多くなりました。大勢の人が働く姿って見ていてもワクワクとして気持ちがいいものですね。

"緑萌えゴールデンウイーク苗日和" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント