草取りは針仕事より坐禅的


いいお天気で、誰ともお約束がない日。思いっきり畑に入りびたりできる日。
ア一つあった。JAにサツマイモの蔓を取りに行く日だった。
 朝、約束の場所(JAの営農センター前)に行って、順番に並んで、サツマイモの蔓をもらって帰ってきました。
みんないろんな夏野菜の苗を注文していたらしくって、それぞれの注文を確認しながら渡していくので時間がかかりました。私はサツマイモだけだったので、長いこと待って、すぐ終わりました。
 さあ、今日は鍋底畑の仕事です。
 まず元気なうちにミニ耕耘機を持ち出して、タマネギとジャガイモが植えてある4つの畝以外の畝を耕しました。
全部で4畝です。そのうち3畝はサツマイモに使おうと思っています。今日持って帰ってきたベニアズマ50本とその50本が成長した時茎をもらって植えて3畝分のサツマイモにします。あと一畝は何にしようかな。例年カボチャを植えるのですが、今年はカボチャを植える所が他にあるので、豆にしようかなと考えています。何豆にするかまだ決めていません。
4畝をきれいにしたら、周りの草が目立ってきました。そこで今度は草刈機を持って来て、電気柵の外の草刈りや花を植えていた畝の草刈りや隣の畑のとの境をしました。すっきりとしました。
 午後からは、ちょっと休憩をし、夕食の下ごしらえをしておいて、ちょっと日差しが落ちてきたので、3時半に出かけました。今度は、ジャガイモの芽かきと追肥と土寄せです。
 キタアカリの方は、前に一回していたので、メークインの方から始めました。こんな草の中に芽が出ているのです。
画像

スギナが多いですね。これを鎌で根をこそげながら草取りをします。その前にざっとボカシ肥を撒いておきました。草取りをしながら、芽の数を数え、元気のいいまっすぐに伸びているのを2本残します。近所のおばちゃんは1本にすると言っていました。1本じゃあ大きすぎる芋になるかなと思って2本にしました。1本になってしまったところもありました。撒いたぼかしを土に混ぜ、株の周りに土寄せをします。
 
画像

草取りをするときは、手はいつも動かしていますが、頭の中ではいろんな違うことを考えます。友達の悩みを聞いて思ったことや、自分の子育てのことや親のことや、ボランティア活動での難しい課題や農業の将来などもとりとめもなく考えています。私が首相になったら何を第一番にしたいとか、哲学的なことも考えます。キリスト教と仏教の違いとか、新興宗教がなぜ起こるのかなどと頭の中は自由です。座禅を組んでいる時はこんなこと考えるのでしょうか。それとも何も考えない無の境地がいいのでしょうか。そんなことまで考えます。ほかの作業の時はこんなこと考えられません。その仕事に一生懸命なのですが、草取りの時はこうして空想の世界に入るのが楽しいです。こうしていると、腰も痛くありません。
そして私の畝の特徴は、その上に、また避けておいた枯草や刈り草を載せるのです。
画像

だから、できたあとをみてもどこにジャガイモがるのかわからないくらいもじゃもじゃになっています。
画像

でもしばらくすると、ジャガイモだけが緑になって、後の枯草・刈り草は色がなくなるので、そしてヘたってくるのでジャガイモ畝だってわかるようになります。
キタアカリの方は、鍬で畝の端の草を取りつつ、撒いたボカシ肥を土に混ぜつつ、土を畝の上にあげて土寄せしていきます。かなりの時間になってきて、太陽が沈みそうです。写真も変な色になってしまいました。
画像

こちらも枯草刈り草が上に乗っかっていますから、どれがジャガイモの芽なのかわからないですね。大丈夫しばらくするとわかるようになります。
二つのジャガイモの畝はこうなりました。
メークイン
画像

右側のキタアカリ
画像

皆様のジャガイモ畑とはえらい違いですね。でも、ジャガイモ畑に黒マルチをしている人もいますね。私は黒マルチの代わりに、草マルチをしているのです。
 終わりました。気になっているタマネギが雨の後少し元気になったように思いますが、色は薄いですね。
画像

これは晩生の方です。細いでしょう。早生の方も同じようなものです。
画像

この時期、早生はもっとしっかりとしてタマネギの部分が太らなくてはならんでしょう。
みなさんの畑を見ると、濃い緑になり太くなって白部分がよく見えるのですが、・・・「隣のタマネギは太い」のでしょうか。

"草取りは針仕事より坐禅的" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント