にゅるにゅると田んぼの畝に指入れる


今日もまた晴れ・曇り・雨の3色天気でした。
念願の最後のタマネギ植えは、始めたのが午後5時、雨雲たちこめる薄暗い中で始めました。
画像

この前の自前のネオアースを50本植えた後に、もみじ3号を植えます。
指をマルチの穴の中に突っ込んで土に穴をあけ、苗を挿しいれて押し付けますが、雨にぬれていてぐちゃぐちゃです。だんだん指が太くなっていきます。そのうちだんだん暗くなっていきます。100本植えたら気がつきました。こう暗くなったら電気柵に電気が流れる・・・・出られなくなる・・・・と。
そこで、急いで電線と電線の間をくぐって出ようとしました。パチッパチッときました。急いで出たので助かりました。もう電気が流れてました。
後の100本は明日にします。
夕食は、サバを焼こうと思ってました。ご飯を見ると少し足りないようです。そこで、ものぐさ太郎さんに教えてもらったサツマイモご飯を土鍋で炊くことを思いつきました。ご飯が足りない時は、うどんをしたり、パスタをしたりするのですが、今日は魚なので、やはりご飯の方がいいかと思います。
米2合、水2合、サツマイモ中を1こ、梅干し中を一個、使いました。コメは洗って土鍋に入れ、水二合入れ浸けておきました。サツマイモはサイコロに切ってボールに入れ水につけておきました。
30分後、土鍋にサツマイモを水をきって入れ、梅干しも種を取り、肉と皮を切って入れました。この梅干しは友達からもらった梅干しで、中ぐらいか大の大きさなので、うちの者は誰も食べないのです。うちは我が家の小梅しか食べないのです。ずっと置いてあるのでもったいないのでこの度使うことにしました。
土鍋はいいですね。ご飯が少しでもおいしく炊けるし、早く炊けます。それに美味しいです。そのおいしさの秘訣は、蒸らしにしっかりと時間をとることですね。ハイ、できました。
画像

おいしそうでしょう。
お茶碗によそいました。このお茶碗が古いもので、蔵の中で片隅に捨てられているたのを取ってきたものです。
画像

もう一つ良かったのは、今年初めての我が家の大根のおろしです。今年は苗を虫にやられて大根が遅くなってしまいました。親戚からもらった大根をいただいていたのですが、やっと我が家の大根が食べられるぐらいになりました。その大根で作りました。
画像

サツマイモがホクホクと甘くて、梅干しがすっきり味です。梅干しを1つ入れたのであまりすっぱくはありません。私としては2つ入れた方がおいしいと思いましたが、ほかの者はすっぱいのは嫌だと言い、此のくらいならいいと言いました。それで今度作るとしても、梅干しは1個にします。いつものサツマイモご飯とは一味違うさつまいもごはんができました。ものぐさ太郎さんありがとう。おいしかったです。

 自然菜園を提唱しておられる竹内さんが燻炭作りの時に焼き芋を作っていらっしゃいました。なるほど美味しそうです。時間のある方、もみ殻燻炭を作られる方、ぜひ、見てください。

"にゅるにゅると田んぼの畝に指入れる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント