しぐれきて里芋の陰に宿る蝶


これからは但馬地方は冷たい雨が降っては止み、降っては止み・・・・と続いて木枯らしが舞い初雪が舞うようになります。今日も冷たい雨でした。
JAのふれあい祭りに行ってきました。義母が元気だったころはこの祭りの「農産物品評会」に出来のいい野菜を出品してました。今日も行ってみると、たくさんの野菜が並んでいました。でも例年よりは少ないように思えました。里芋の一株丸ごとがきれいに掃除してあって出ていました。たくさんの子芋を付けて見事な大きさになっていました。また、おいしそうな柿もたくさんありました。ほうれん草や水菜もきれいに掃除して揃えてありました。でもいつもある白菜や大根がありません。今年はちょっと早めの祭りですが、白菜は早いこと蒔いた人は虫にやられてまだ収穫できてないのではないかと思いました。キャベツもレタスもありませんでした。
春ばあちゃんはここでいつも正月用の昆布を買います。今日も2くくり買いました。昆布巻きに使って、残ったら出汁用に使います。また上手に勧められてお茶を3袋買いました。あとは長靴が欲しかったので買いました。これで6000円とんでしまいました。あとは、葉ボタンを2株とキャベツの苗を4株買いました。餅撒きとかもあったのですが、寒かったし、一人で来たので早く帰りました。夫と来たら、農機具とか農具とかも見て買っていたかもしれません。それに昼の食事もしてかもしれません。でも今日は早々に帰って家で昼は食べました。行ったときは雨でしたが、見て回っているうちに雨も止み、傘を忘れそうでした。でも明るくなって良かったです。
昼からまた雨降りになってしまいましたが、小雨の時、買ってきた葉ボタンを大きな植木鉢に2株ペアで植えました。村内畑に行って、キャベツ苗も植えました。うまく育ったら来年の春食べられるようになるでしょうね。村内畑の里芋は春ばあちゃんの背ぐらいになりました。

"しぐれきて里芋の陰に宿る蝶"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: