秋の風空の階段降りてくる


温かくなりました。寒くなったり温かくなったり、一歩一歩秋も深まっていくのでしょう。
昨日の白菜の草取りができませんでした。お詫びもうしあべます。
でも今日の仕事は、タマネギの場所作りです。せっかくのいい天気ですから思いっきり動かなくっちゃ。
画像

ミニ耕耘機を出して、鍋底畑に行きました。
ここにはまだ、たくさんのサツマイモが埋まっています。草の下に。
でもそれを掘るよりもまずタマネギの場所を耕して土をやわらかくして、明日牛糞を入れなくてはならないのです。玉ねぎは11月の中旬までに植え付けます。それまでに畝作りをしておかなくっちゃあ。
我が家にとってジャガイモとタマネギはお米と同じぐらい大切な常備野菜なのです。
春のジャガイモの後にしようと思ったら、ジャガイモの芽がたくさん出ています。ほり残した芋から出ているのでしょう。それをもっと育てたら新しいジャガイモができてくるはずです。と考えて、ジャガイの畝はそのままにして、ゴマの後畝と、カボチャの後畝にタマネギを作ることにしました。
端の畝なので隣の放棄畑から茅の根がやってきて、生えているのです。この根は強い強い根で、ジャガイモ、サツマイモも突き刺していきます。今日はミニ耕耘機で耕しただけですが、明日から元肥を入れて鍬で耕します。その時に、できるだけ根っこを取り除かなければなりません。
春ばあちゃんは一人で農作業をしているのでとっても手が回りません。しかも、一日中畑に出ていられないのでとても時間がないのです。しかもだんだん体力がなくなってきつつあるのを感じているので、力仕事に時間がかかってしまうのです。効率的に動かなくっちゃあ。
何とか、1時間で2畝の耕うんを終わりました。耕うんに1時間かかったのではなくて、準備や草取りや片付けも入れて1時間ですからね。いくら年老いたといっても、2畝の耕うんに1時間もかかりませんよ。
午後は室内の事務の仕事です。本当は外仕事の方が好きなのですが、外ばかりしているとすごく疲れてしまうのです。だから中や外や混ぜながら仕事をします。

"秋の風空の階段降りてくる"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: