売ると損 大根 畑に 放置され


チェミンさんに刺激され、久しぶりに道の駅にわずかな野菜を持って出かけました。
画像

軽トラの助手席に乗っている写真です。
水菜4袋と春菊1袋だけ、しかも少しなので最低の値段(決められています)で出しました。1袋105円。
そしてそこで聞いたショックな話。
このところ温かくて冬野菜は良く育ち、豊作貧乏!
大根は市場に出しても10キロが300円という値段。
こんなじゃ、市場の箱代にもガソリン代にもならない。
市場に持ち込むだけ損をする。
取るだけ労力の損になる。
ということで、大根畑はダイコンが飛び出して突っ立ったまま放置されているそうです。
大根農家だけではありません。
白菜農家も同じだそうです。
道の駅の裏口には、売れないでシナッとしてしまい、下げられた野菜が山積み。
大きなダイコンもあり、葉物野菜も多くあり、悲しくなりました。
水を掛けたらすぐにシャキットして美味しく食べられるものがいっぱい
まあ、もったいない。。
売れなかったら、引き取りに来なければなりません。
引き取りに来なくて、道の駅の売店の人に迷惑をかけると罰金を払わなくてはなりません。
なかなか厳しい世界です。
ちなみに、春ばあちゃんの出した水菜は2袋売れ、春菊は1袋売れました。
つまり水菜が2袋残りました。
画像

水菜はみずみずしいのが売り、水のない所に置いておくとすぐ涸れたようになってしまいます。
残った2袋は明日引き取りに行きます。
スーパーで見た野菜も安くなっていました。
こんな不安定な価格で商売している野菜農家は本当に厳しい生活です。
天候の影響で野菜ができないと価格は上がりますが、そんな時は本当に農家に野菜がなくて売りに出せないし、たくさん獲れるとこうして安く安くなってしまって今までの費用と苦労が水の泡になって消えて行ってしまいます。
趣味で野菜を育てている人はそんなことは無頓着ですが、野菜を売って生活をしている農家にとっては死活問題です。だから時期を分けて植えたり、多品種育てたり、といろんな工夫をして赤字にならないようにしているのですが、・・・・・なかなかねえ。
春ばあちゃんは、趣味でやっているようなもので赤字ばかりで、年金をつぎ込んでいるのですが、周りには農家の方が多いので、こういう話は身につまされます。

"売ると損 大根 畑に 放置され"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: