チンゲン菜 お多福思う 腰の張り


朝降っていたかと思っていたらいつの間にやら晴れてきて、
雲は多いけどまあ外仕事ができそうです
初めて作ったチンゲン菜、筋蒔きにしました。
たくさん芽が出ました。
画像

昨日本を読んでいると、チンゲン菜は1株が大きくなるので
株間を開けた方がいいとあります。でないとしっかりとしたまともなチンゲン菜にならないそうです。
お尻のプリッと張ったチンゲン菜がいいですね。
間引きには遅いかもしれませんが、たくさん取りました。
画像


すっきりとしました。これで腰の張ったチンゲン菜になるでしょう。

取ったチンゲン菜はもったいないので、菜花の畝が広かったので相方に植えておきました。
まだ余ったので、
村中畑に持って行って葉物ばかり植えている畝が広くて、まだ植えられそうなので
そこにも真ん中に一列植えてみました。ここの畝は未発酵の枯草などがたくさん土中にあり、
土の環境としてはよろしくありませんでした。

空模様が曇ってきて雨が降るかもというような状態になったので家に帰りました。
2回目のボカシ肥がそろそろ発酵しているころなので、見てみるといい匂いになっています。
上をヌカで被っていたところが、湿気のため黴てきているので、乾燥させることにしました。
ブルーシートの上にみんなぶちまけて、風に当てて乾かします。
日陰でしたらいいのですが、今日は曇っていて日が射さないので外に広げていました。
そしてあいた樽に新しくボカシ肥を作って入れました。この秋第3回目のぼかし肥です。
ブルーシートのボカシ肥は夕方サラサラになったので、土嚢袋の中に入れて保存しました。
結局雨は降りませんでした。

鍋底畑の茄子と甘長トウガラシを撤去しました。
小さい茄子がたくさんついていました。
土手下畑の青茄子の最後の2個収穫しました。
これの大きい方で種を取ってみます。
去年は大きな大きな茄子から種を取ったのですが、
今年はそんな大きな茄子はできず、普通サイズの茄子で終わりです。
焼きナスにして今晩いただきました。
やわらかくておいしくて、惜しまれて今年の茄子の幕は閉じました。

"チンゲン菜 お多福思う 腰の張り"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: