パリパリと キャベツ食べたし 種子植える


午後はちょっと休んで、3時前JAにお買いもの。画像
 実はキャベツを植えてないのです。今の畑にあちこちにキャベツが植えてありもう何時でも採ってくださいって言っているので、キャベツは蒔かなければという意識がなかったのです。
これらを食べてしまったらキャベツはなくなる・・・・!
そこで急いで種袋を探して見ると、一つ「初秋」はもう蒔く時期を外れてしまっている、もう一つ「春ひかり」は春キャベツなのでもっと遅く蒔くことになっている。
ということはいま蒔くキャベツがない。
JAならあるかも、ということになったのです。もう一つ用事が、田んぼ用のレンゲの種が欲しかったのです。
ありました。「四季どりキャベツ味王」(トーホク交配)というのです。9月と10月上旬が蒔き時で収穫が4月5月になっています。まあこれでも蒔いておこうと買いました。
そのついでに私の持ってなかった「チンゲン菜緑陽」(トーホク交配)というのも買ってみました。

さっそく家に帰ってから、義母畑に出かけてこの2種類の種を蒔くことにしました。
新しく耕した畝に、端1メートルぐらいをキャベツ苗作りにしました。3筋蒔きしました。
あと5メートルぐらいをチンゲン菜の種2筋蒔きました。チンゲン菜は初挑戦です。
横の方の畝を見ると新しく何かの芽が出ています。えーーーとここには何を蒔いたのかな。
画像

ちゃんと名札が立ててあります。聖護院ダイコンです。
分かりますか。見えますか。土を持ち上げている芽が。
同じときに蒔いたミズナも小さな芽を出していますよ。
画像

いじらしいではありませんか。このけなげなさが。一生懸命さが。

次に
村中畑に行ってキュウリバテシラズを片付けた後を、さらに片付けて、セルカ(牡蠣殻石灰)を撒いて耕しました。
ここには、辛み大根を植えようかな。それとも金時人参にしようかな?
新しい畝ができる度に楽しいです。
でも気を付けてね。衝動蒔きしているとそら豆やエンドウを蒔く畝がなくなっちゃうわよ。

ああ、いい天気は疲れるね。

こんな日はビールを飲んで酔っ払うに限る・・・とおもったのですが、
実は、昨日も飲んだのですよ
昨日旦那がいなくてね。缶ビール1本一人で飲んだのですよ。
すると、夜目が覚めてね、なんか気分が悪くてね。
だから、やはり春ばあちゃんには缶ビール1本は無理だったのですよ。
今日も夜ご飯の時旦那がいないので、ビール飲むなら1本飲まなきゃなんないので、止めときます。
また、寝られなくなったら困るもんね。
ということでおとなしく、夕食をいただきました。
おやすみなさい。

"パリパリと キャベツ食べたし 種子植える"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: