つまめないちひさき種にちさき根が


春ばあちゃんが21日夜からポケットで温めた種に根が出ました。画像
どちらかわかりませんが、多分先に出てくるのは芽ではなくて根だと思います。
ちょうど1週間たった3月1日です。
トウガラシとピーマンははっきりと出ているのがわかりますが、
青ナスは出そうなところがふくらんでいる程度で、はっきり出ていません。
でも、もう植えても大丈夫でしょう。
そこで、用意してあったポットにその種を降ろし、土をかけてそっと押さえておきました。画像
たっぷり水をやって、そのまま衣裳缶の中にいます。
種達は急に寒くなって怒るでしょうか。
それとも、土のやわらかさに触れて根を延ばし、芽を出すでしょうか。
画像


27日に直売所に出した120円の白葱は結局5個中4個売れました。
出荷して3日目に直売所に行くと、
残った1個は、葉先が黄色くなっていました。
これは持って帰って、
代わりに300㌘(2本~4本)で100円の生き生きした白葱を4個出しました。
120円では、なかなか売れなかったので、今度は100円にしたのです。
画像


そして、根性小松菜3袋も出しました。
この小松菜は、植えて本葉が伸びだしたころ、虫がやってきていっぱい穴だらけにしたのです。
もうだめだって、引き抜いてしまったのです。
その苗たちをそのままにして諦めて捨てていたのです。
それが、根を切ってないものだから、自分で根を土の中に入れて育ち始めたのです。
茎が起きてきて、根は曲がったまま、新しい葉がどんどんできてきたのです。
寒くなってきたので、虫は付かなくなり、きれいな葉っぱになりました。
そうなると雪の下になるのがかわいそうで、不織布でトンネルをしておきました。
これが奥の方に蕾をつけそうになっています。
葉はきれいな緑をしています。今までおひたしやごま和えをしていただきました。
もう残すことはできないので、
2株か3株で200㌘を100円で3袋出してみました。

100円野菜は魅力があるのでしょうね。
100円にすると即その日に白葱も小松菜も売れてしまいました。
売れてしまうと、安かったかなあと思ったり
売れないと、高かったかなあと反省したり。

温かくなると葉物野菜に蕾ができてきます。
待っていた菜花に蕾ができてきました。
初めての栽培だったので
まず、我が家で試食をしました。
茹でただけで出すと、
さっぱりとしていてアクもなく、やわらかいので好評でした。
ただ味があっさりすぎるので、カラシ和えなどがいいのではないかという助言をいただきました。
たくさん蕾ができてきたらこれも売ってみたいです。

"つまめないちひさき種にちさき根が"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: