エンドウたちに竹の枝を


きのうのエンドウが「そろそろ寒くなるころなので防寒を・・・」と言っているようなので、きょうはいい天気のうちに竹きりに行きました。真竹がいっぱいのところに行き、2本切ってきました。そしてその枝を払って、枝をエンドウの畝に挿します。笹でもいいのですが、笹はすぐ葉が枯れてしまうのでもっと寒くなってからにしましょう。すぐとれるところにあるので。
画像

ここは村中畑なので風もそんなに強くはないと思うのですが、この前の風では不織布はとんでしまう、マルチははがれてしまうと被害が出ましたから油断はできません。
枝なので曲がっていますが、まあそれでいいです。
特に北の方に挿しました。
画像

これで少しは風除けになるかな。ソラマメサンのところにも挿しておきました。
画像

ここにはソラマメ畝は出てませんね。左から、絹さや・スナップ・実ウスイの3畝が写ってますね。

この後、風が強くなって山から落ち葉が舞い舞いしながら飛んできましたので、落ち葉が吹き寄せられているところに行ってガラ入れ袋2杯落ち葉を拾ってきました。ありがたい木々からの恵みです。

"エンドウたちに竹の枝を"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: