ダイズが1週間で発芽

IMG_20210612_170004.jpg 6月5日芒種に種まきした大豆たちが発芽しています。4種類の大豆を蒔きましたがそれぞれ個性がありそうです。里芋畝の隣から紹介します。東側から西に向かって紹介することになります。これは黒豆です。丹波黒から始まり後は自家採取で蒔いては収穫しその種を蒔いては取入れています。丸くて大きい黒豆です。豆は発芽するとよくわかりますね。豆の真ん中から割れて根と芽が出るので双葉が豆の半分ずつみたいな大きなものですね。黒豆はやはり黒い皮をつけているものがあり、黒豆だってよくわかります。これが一番遅い発芽になっています。
IMG_20210612_170055.jpg その次の畝は赤大豆です。あずきとは全く違うものです。白大豆の色が赤くなったと思ってください。赤は茶色がかっています。味は大豆です。これもおいしい豆です。珍しい色で、友達からもらって去年から作っています。形は丸い大豆で小さい真ん丸なものもあります。赤と言っても茶色系で落ち着いた赤です。サラダに使っても赤い色がアクセントになっていいいですよ。味は大豆のまろやかなおいしさがあります。去年一番虫にやられず、作りやすかったので、我が家の珍し野菜の一つに入れて作り続けようと思っています。種ダイズをくれた友達はいろんな色の大豆を持っているのです。そんなのもおもしろいですね。
IMG_20210612_170136.jpg 次が緑と黄いろの間の浅黄色の豆、この地方に昔から作られていた大豆です。緑大豆とも言われています。とてもきれいな豆です。この中で一番小さい豆かな。味噌作りに適している豆です。この畝はもうほとんどが発芽したように列を作っています。隣に写っているのがヘビ似の紐です。これを適当に畝の上に置いておくと鳥がつつきに来ません。わかっている私でさえ「キャ、ヘビだ」、なんてドキッとすることもあります。長い草を置いておくこともあるそうです。この浅黄豆の畝は発芽成績がよくもう蒔いたところが列になってきました。
IMG_20210612_170323.jpg 最後が白大豆です。大きくてきれいな大豆です。一番よく見る大豆で水煮にしてあるのはこの大豆ですね。この畝もよく発芽していてもう列になっています。双葉の中に次の葉ができているものもあります。一番に発芽したのもこの大豆です。豆腐になったりするのもこれでしょうね。
 これらの4種類の大豆はすべて自家採取で食べているものです。豆や芋は上手に保管しておけば次の年に植え付けられますね。こうして受け継がれていくことでその地になじんで作りやすい品種になっていくのでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント