中島畑の一番手前5畝

中島畑の入り口入ったところから順に5つの畝を紹介し記録とします。
IMG_20210512_112338.jpg一番北側の畝は「春根の畝」。ここには今ゴボウとニンジン、エン菜、5寸人参が蒔かれて、芽を出しています。ニンジンは3寸と5寸に2種類が蒔いてあります。5寸は遅く蒔いたのでまだ芽が出ていません。3寸は本葉が出てきたところです。畝幅は1m弱、みんな芽が出たところなので草マルチは畝の側面と畝と畝の間にしてあるだけです。畝の上は日光を当てて温めないといけないのでまだ草マルチはしていないのです。刈り草と言っても去年の秋の草が枯れているものもあり見ての通り枯れた白っぽいものが敷かれているのがわかると思います。黒いビニールマルチをしている人も多いですが、あれは一度するととるのが面倒になり、取らないでおくと草が生えてきて取れなくなり破れて土の中に残るのでずぼらな春ばあちゃんは黒マルチはできるだけ使わない用意しています。その代わり草を熱く敷いて陽を通さないようにして雑草を抑えます。前に咲いている黄色い花は、春菊の花です。とてもきれいな花です。疲れた時に見ると元気をくれます。
IMG_20210512_112351.jpg二番目の畝は「春葉の畝」。ここには今つるなしインゲン豆と小松菜、蔓むらさき、キャベツ、が植えられています。ツルムラサキはまだ芽が出ていません。つるなしインゲンはみんなそろって芽を出してくれました。つるなしは早く収穫できるので救われます。今は葉物野菜と言えばレタスばかり食べているので早く大きくなってインゲン豆の胡麻和えが食べたいです。でも収穫できなくなるのも早いので早めに第2弾を植えておかなければなりません。インゲンは夏の間にずらして何回も植えられますね。第2弾も蔓なしにします。そして第3弾ぐらいで蔓ありを蒔きたいです。小松菜も早く芽を出し、大きくなるのも早いです。これは今本葉が出てきたところです。今年は虫が少ないです。いつもすぐ虫が穴をあけるのにまだ穴が開いていません。
IMG_20210512_112405.jpg三番目の畝は「ウリ科の畝」。ここは今キュウリ、ズッキーニ、坊ちゃんカボチャ、小玉スイカが定植されています。キュウリは支柱ができましたし、それから先は行燈がしてあります。まだ行燈は取れません。ここはもうしっかりと根付いていますので、支柱や行燈の中は避けて草マルチがしてあります。特にカボチャスイカ当たりの株間には、伐採した木の枝があったり木の葉があったりして長期戦になるところは長持ちするものを入れました。カボチャやスイカは蔓を伸ばして伸びて行って実をつけるので株間を2m以上取ってよく観察もできるようにしておかなければなりません。ちょっと短かったかなと反省しています。刈り草や枯れ木などは切って短くしてからびっしりと敷いたらいいのでしょうが、押切がないのでそのまま敷いています。隙間ができやすいので草が生えてくるかも。
IMG_20210512_112507.jpg四番目の畝は「ナス科の畝」。ここは今トマト桃太郎系、ピーマン、ナス、トウガラシが定植されて、トマト以外は防虫ネットで守られています。トマトは支柱が立ててあります。5本は買ったトマト苗からなので早いです。もう花が咲いています。自家苗のトマトが10本以上続いています。自家苗の方は小さくてまだ赤ちゃんの様な苗です。その後のピーマンたちもまだ花が咲いていないのでネットの中で育っています。そろそろネットを撮ったらいいのですが、ネットを取ると寒いと行燈をしなければならないのでもう少し待たせて行燈不要の時期になったらネットを取りますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント