鹿の襲来

IMG_20210518_095045.jpg 梅雨に入って雨ばかり、畑仕事はできず、レタスとエンドウの収穫に行くぐらいでした。ところが、思わぬお客さんが襲来しました。村内畑のトウモロコシが大きくなって防虫ネットのトンネルに頭を打ち付けていたので取り除いてやり、2本植えだったので、1本にしてやりました。間引いた1本もちゃんと別のところに植えてやり、その後の雨降りで活着したのですが、そのトウモロコシを狙われてしまいました。
 19日はその間引いたトウモロコシが弱いなりにも必死に立って根を張っているのに、それをかじって引き抜いて、踏みしだいているのです。悔しい。悲しい。でもそこだけの被害でした。雨だったので手立てもせず、まあ大丈夫だろうなんて安易に考えていました。誰かさんみたいですね。甘かったのです。
IMG_20210526_133216.jpg
 20日夕方雨の中レタスの収穫に行くと、ギョ、ギョ、ギョ、!トウモロコシが半分になっている。1本立ちさせた20本のトウモロコシの背が半分になって茎の中が見えています。ひゃあー。あたりは鹿の足跡の穴がいっぱいついています。隣のゴテチャという花もかじられています。え―――と見回すと、インゲンもかじらてほとんどありません。これらは同じ畝です。この畝を食べ歩いていったのでしょう。どうしよう。このままだと今夜もやってきてもっともっと被害は増えるでしょう。
と言って今からどうする。とりあえず、この畝をこれ以上被害に会わないようにしよう。と畑全体を防獣網で囲うことも考えたのでが材料不足で、応急処置だけすることにしました。取り除いていた防虫ネットを持ってきて、ゴテチャ・トウモロコシ・インゲンにトンネルをして覆いました。今までの防虫ネット1枚では畝全長を覆えなくてもう一枚持ってきて足しながらなんとか覆うことが出来ました。ネットの押さえをする時間もなく鍬もなく、支柱や杭などで裾を押さえてその夜の鹿に食べられないようにだけはしました。ほっとして見ると、なんと違う畝のナスが1つ丸坊主になって小さな実がぶらんとぶら下がっています。これも食べられたのか。でももうそれの手当てをする時間も道具もなく暗くなるので20日は終わりました。
 21日の今日行ってみると、鹿はこのネットを見たからでしょうか、ほかにいいものがあったからでしょうか、何も食べられていませんでした。これからこの畑の物は大きくなったら行燈も取りトンネルも取ります。夏野菜は実をつけていきます。葉も大きくなっていくでしょう。そしたら鹿は美味しいおいしいと食べ放題になってしまいます。この畑を囲うことを考えなければなりません。ここは数件の家の畑が共同で金網で周囲を柵で囲っているのです。ところがどこからか鹿が入っているという苦情は聞いていたのですが、いくら見て回ってもそれらしいところはなく、手立てが取れずに各々が網をしたり線で囲ったりして対処しているだけだったのです。私も防虫ネットをかけたり部分的に防獣網で囲ったりしていました。でも私の畑全体を囲わなければ夏野菜をやられてしまうかもしれません。ああ、また悩みが増えました。また出費です。ここだけは電気柵しなくても助かると思っていたのですが、何とかしなければならなくなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント