春畝 準備 開始

IMG_20200306_161511.jpg
鹿に玉ねぎを食べられたショックで、野菜なんか作りたくない!なんて思ってみたものの数時間たつと、次は何しょうかなって考えているんです。
 畑は冬の野菜のあるところ以外は春の雑草が芽吹いてきました。秋の枯草の中から新芽が出ています。さあ、これらを除けて春の畝を作り種や苗を植えなければならないです。そろそろ準備です。たいていはトラクターでそのままゴーゴーって草もごみも鋤き込んでいらっしゃいますが、私のする有機栽培では土つくり第一主義ですのでこの新芽や雑草を土の中に入れたくないのです。
 だからまずすることは、畝の上の草をとってしまうことです。これが面倒なんですが、鎌と鍬で削り取っていきます。そしてほぼ取れたら(完全には取れませんから)ミニ耕運機で耕します。鍬で耕してもいいのですが、土が湿っていて重くてとてもたくさんできないので耕運機に頼ります。
 隣との境から50センチ通路分をとり綱を張り、その綱に沿ってモミを落として1本の筋にして、それに沿って耕運機をかけていきます。この畝幅は鍬の柄の長さ140センチぐらいにしました。ちょっと広すぎたかなって思ったので、次の畝は20センチぐらい開けて幅130センチの畝を作りたいと思っています。村内畑の畝の長さは40メートルありましたから、10メートルか5メートルの長さごとに印を打ち、違う野菜を植えていきます。多種類の野菜栽培に励みたいです。なぜ5メートル単位にするかというと、元肥のやり方が5メートルの畝にどれだけって習ったからです。今年は有機の学校で習ったことに忠実にやってみたいです。
 今ジャガイモの芽出しをしています。催芽って言います。ジャガイモを1列に並べて、明るいところに出していいしっかりとした芽を出させるのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント