実エンドウ・スナップエンドウの苗をもらいました

IMG_20200229_115653.jpg 「スナップエンドウと実エンドウが発芽が悪くって少なくなっちゃった。特に実エンドウは全然ダメだったわ。」なんて話をしていると、友達が「うち、たくさん芽を出しているからあげる」とたくさんの苗をひいてきてくれました。ありがたい、ありがたいことです。持つべきものは友達だね。
実エンドウは8ポットかな、それくらい。スナップエンドウは13ポットぐらい。そのポットの中は1株のもあるし2株のもあるし3株のもあったけど、そのまま1ポット1穴で植えていきました。それ用の畝を作れなかったので、鍋底畑の発芽しなかった畝に植えていきました。エンドウ3兄弟のところです。お兄さんの絹サヤがもうすっかり大きくなっていますが、この子たちも追い付いてくれるでしょうか。ちなみにスナップエンドウも半分以上は発芽してすっかり大きくなり白い花が咲いています。そのつづきに植えていったのです。
IMG_20200229_121130.jpg 草を削るようにとって、ぼかし肥料を1メートルに1握りぐらい撒いて、植えたところに穴をあけました。穴と穴の間は20センチから30センチぐらいかな。割と密集して植えていますね。もうつるを出して「なにかにすがりつきてい」と言っているような苗たちです。でも草をとってしまったのですがりつくところがないのです。しばらくは根を張ることに頑張ってもらって、その次に上に伸びることに頑張ってほしいです。この畝の片側にはルッコラをまきました。ルッコラの成長でそれと一緒に巻き付きながら大きくなってという意味もあったのですが、ちょっと離し過ぎたので別々に様にして育っています。エンドウは自分たち同士で絡み合い抱きあって伸びていきますね。こういう時大麦のようなまっすぐ伸びる草を生やしておけばよかったのですが、植えてなかったのです。だから今から撒きます。竹内先生の調合した「ミックス」のなかに麦があったのを思い出し、それを撒きました。
IMG_20200229_124944.jpg
ポットみんな植えました。これらがみんな育ってくれたら大満足。我が家にとっては十分十分です。でもエンドウの茎はひょろひょろしていますから地面に倒れています。今無理やり支柱に縛り付けるのも折れてしまいそうなので、太い支柱を立てただけで、それぞれの株に対応する支柱は立てていません。もう少し根を張って規定からつるを蒔く支柱を立ててやるか支えを作ってやるかしたいと思います。ちょうど作業が終わったころぽつりぽつりと雨が降ってきました。水やりの用意をしていなかったので、ちょうどよかった。天の神様ありがとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント