エンドウに支柱を立てました。

IMG_20200212_113431.jpg 
 雪が消えました。真っ白だった畑にいろんな草が見えてきました。温かいので草の芽吹きも早いです。エンドウの所はどうなっているかな。と行ってみるとかわいい花が咲いていました。雪の中でも葉の陰になって花は守られていました。
 エンドウ全体はこんな風に雪の重みで倒れてしまっていて、畝の上で盛れ盛れになっています。花が咲いているので茎も葉も大きくなっています。これを普通の野菜のように「よっこいしょ」起こすと、茎がポコッと折れ曲がってしまい、そこから先は枯れてしまいます。あまり触らないで自分で起きてくれたらいいのですが、その支えがありません。巻きひげはたくさん出ているのですが、巻き付くものがないのです。そうだ!急いで支柱を作らなくっちゃあ。それに巻き付いて起き上がってもらわなくっちゃあ。急げ!
IMG_20200212_113451.jpg
 ということで土手に行って真竹を切ってきました。ここにはとってもいい真竹があるんです。村の者は取ってもいいということなので、切りやすいところの竹を6本ぐらい切りました。長いので1メートり20センチか30センチぐらいにして1本を二つに分けました。横木にするので長いままのを別に3本作りました。枝も邪魔にならない程度に切って、畑に持ってきました。今はこうして竹を切りにいけるのですが、夏になると「ヤマビル」が出てくるので、とてもひとりでは行けません。それにこの土手の竹やぶにはイノシシが住んでいるのです。夜になるとこの土手を超えて畑に来たり、土手を掘ったりしています。一人で竹切りはほんとは危険なのです。でも春ばあちゃんは一人農業なので何でもしなければならないのです。支柱はほとんどの所で市販のイボ竹を使うのですが、エンドウの支柱は竹のような枝のあるものを使うと網をしなくてもいいので、エンドウは竹の支柱にします。
IMG_20200212_123232.jpg太い支柱5本は市販の太めの支柱を使い地面に差し込みました。それに横木を取り付けます。長い竹4本を使って横一直線にします。それに直角に短い竹や先の方の枝葉のたくさんついている竹を縦向きに立てていき横木に止めます。盛れているエンドウの葉や茎を傷めないように、竹を差し込んでいきました。ちょっと足りないですがこれ以上立てるとエンドウをいためそうなので、もう少し茎が起きてきてから様子を見てまだたくさん竹支柱を立てていきたいと思います。
IMG_20200212_123621.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • みずほ

    春ばあちゃんはじめまして!
    雪の中でもエンドウは元気に育っていたのですね。
    良かったです(^^♪
    春ばあちゃんが竹の支柱をたてたおかげで
    エンドウさんたちも 更に大きく育ちそうですね!
    収穫が楽しみです♪
    2020年02月23日 22:57