雨にも負けず虫取りです

IMG_20191007_093850.jpg この頃朝は晴れても必ず午後は雨が降ります。湿気てきました。また台風が来ると言ってますが嫌ですね。気象予報がこの頃当たっていませんがこの予報は外れてほしいです。雨でも晴れても一応一日1回は虫取りに出かけます。虫はそこで生活しているので、毎日とっていかないとだんだん増えていってしまうのでできるだけ取るようにしています。見えるのだけ取るので残っていっているはずです。サルハムシがちょっと少なくなってきて喜んでいると、今度はカブラハバチという蜂の幼虫がしっかりと裏にくっついて白菜を食べています。その数はすごい。黒い点のような小さなものから触ると体からとげのようなものを出すのが見える1センチぐらいの大きなものまでいます。これも取っていきます。面倒でも取っておかないとこれも増えていきます。これが出てくるのはまだ土づくりができていないからだといわれます。土の中で冬を越すので同じところにアブラナ科を蒔かないようにといわれました。冬に天地ガエシをしてハムシ類の越冬組を死滅させてしまわなければなりませんね。そんなこと思いながら虫を取っています。
IMG_20191007_093828.jpg これが虫取り器です。コーヒーの深めのビンに泥水を入れて割りばしの先を濡らしてこれを無視にくっつけると虫が割りばしにくっついてきます。手で葉はをさわっただけで虫は体温を感じたり、揺れを感じたりして、てコロッと下に落ちて取れません。だから体温を感じさせないように、箸でチョンとくっつけるのです。しつこく追っかけても取れません。白菜が傷つくだけです。落ちたのはあきらめてしばらくしてまた昇ってきたら、チョンと触るだけで取れます。この瓶の中はムシの刑場です。ハムシはこの瓶を這い上って口からぽろっと落ちて出ていきます。すごい足の力です。飛べないだけに足が強いのですね。取り終わったら必ず蓋をしておかないと、夜の間にいなくなってしまいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント