エンドウ3兄弟蒔きました

IMG_20191017_095541.jpg
鍋底畑にエンドウを植えます。ここは毎年、ジャガイモと玉ねぎサツマイモを順番に畝を回しながら作り続けてきました。でも去年ジャガイモと玉ねぎの出来が今一つだったので今年はちょっと違うものを植えて畑の気分転換してみましょう。
 エンドウは同じところに植えると育ちが悪くなってしまいます。だから5.6年開けた方がいいと聞きました。だからここの玉ねぎ後にエンドウを植えてみます。エンドウは大抵の年、村内畑に植えていました。そしてジャガイモ後に玉ねぎを植え、サツマイモ後に今まで植えてないものを植えてみます。ジャガイモとサツマイモは違う畑に植えます。
 玉ねぎをマルチで育てたところなので、黒マルチがしてありましたが雑草がマルチを隠すぐらいに生えていました。その黒マルチをやっと苦労してはがして、完熟牛糞と安田ぼかしのミルフィーユを元肥に畝を作りました。15メートル畝なので、5メートルずつ分けて最初、絹サヤエンドウを植えます。 
IMG_20191017_100000.jpg 絹サヤは「スジナイン」。筋がなくてやわらかくてしゃきっとしておいしい絹サヤです。ペットボトルのそこで丸いへこみを作り、そこに5か4粒蒔きます。株間は30センチ丸いへこみの中心から中心までの長さです。5メートルで15穴ができました。去年の種が残っていましたから、最初の2穴はその古い種をまき、3つ目からは今年の種をまきました。
 次の5メートルはスナップエンドウの「スナック」です。
IMG_20191017_101331.jpg
 これも古い家の種が残っていましたので、最初の2穴はそれを植えてみました。後の13穴は今年の種です。豆類はいい豆を取っておいて次年度の種にしたらいいです。種の保存です。スナップエンドウは使い勝手がいいのでたくさん生ってほしいです。でもこの畑ではみな同じだけ植えてみたいと思います。
 次の5メートルは実エンドウの「グリーンパワー」です。
IMG_20191017_102309.jpg
これも去年の種が残っていましたので、蒔いていくと、なんと去年の種だけで15穴埋まってしまいました、だから今年の種は来年用に取っておきます。みんな15穴ずつです。周りから土をかぶせて、手で押さえておきました。いつも「これ何エンドウだったかしら」と困ることがあるのでこうして3兄弟を取れる順に並べて同じだけ蒔くことによってちゃんと見分けられると思います。
もう一つツタンカーメンのエンドウを作っていたのですが、うちでは人気がないので、緑の豆だけにしました。ツタンカーメンの紫のエンドウもいいのになあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント