トラクターで耕耘しましたが

IMG_20190827_095723.jpg
 晴れ間が続かず、出かけることも多く、晴耕雨読ならぬ晴耕雨遊ができず、晴遊雨暇の毎日になっています。やっと晴れ間の見えた土曜日に夫に頼んで夏野菜を片づけたり春から何も植えてないところをトラクターで耕してもらいました。
 不耕起で栽培を続けたいですが草を抑えることができず、大草を刈って、その刈り草を避けて、鍬で畝を作り、有機肥料を入れて畝を完成させることは、9月上旬の種蒔きまでにはとてもできないと断念し、この草を鋤きこむことになるけどトラクターで耕してもらい、そのあと、私が、草を取りつつミニ耕運機で畝らしきものを作り、有機肥料を入れて、鍬で仕上げていこうと思いました。
 中島畑です、ズッキーニを取り、いんげんの残っていた茎なども取り、カボチャの伸びている蔓を寄せて、玉ねぎの跡やジャガイモのあとなどは草の生えたままで、大きなトラクターで鋤いてもらいました。畑に残っているのはトマトナスピーマンのナスカの畝1畝、大豆の畝が4畝、小豆が1畝、サツマイモ2畝里芋が1畝、空心菜の畝1畝、ジャガイモを掘らないうちに去年の里いもが芽を出して大きくなってしまった畝1畝、カボチャの広がっているところ、ゴボウの育っているところ、です。あとはきれいに鋤いてもらいました。周りの電気柵の下の草も刈ってもらい、とてもすっきりしました。さあこれから秋冬作の畝作りをしよう、と土曜日にくたくたになりながら満足しました。
 ところが、次の日、9月1日は防災訓練の日、畑に出られず、午後からは雨になり、出かける会もあり、収穫に畑に行くことすらできませんでした。そして今日は、朝から雨。畝作りはできません。出かける用事もありますが、合間を縫って畝作りをしようと思っていたのですが、この雨では土が落ち着くまでは畑にも入らないほうがいいでしょう。そんなことしていたらまた草が生えてしまいます。ああどうしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント