鹿対策 2重の柵


どの畑にもシカが入っています。少ししか作ってないところは畝に防虫ネットをかぶせているのですが、鍋底畑の玉ねぎと植えたばかりのジャガイモの6畝は電気柵だけで守っています。ところがここにもまた鹿が入ってきています。玉ねぎがだんだん見えなくなってきたと思ったら、緑の葉のところを食べられているのです。今食べられたらもう、葉が大きくなる時期を逃して結局今の大きさのままになって小さな小さな玉ねぎになります。これ以上食べられないようにするにはどうしたらいいのでしょう。電気柵を点検してみると、弱いようですが電気が流れています。電池を新しくしようと思って電池を取り出そうとするとビビっと来たのでまだ電池があると思って入れ替えをしませんでした。
ならどうしよう鹿はどうして入ったのだろうか????電線がたるんでいるところがあるので小鹿が入ったのだろうか。それとも小動物がかじったのだろうか?????悩んでいると村のKさんが「電気柵ともう一つ柵を作ったら抵抗感があるらしくはいらんよ。しっかりしたのでなくってもなにかあればあきらめるから」と言ってくださったので、前に使った防獣網をしてみることにしました。トマトの支柱はまだ使わないからたくさんあります。それを立てて網を張っていきました。3網使いましたがちょうど入口のところだけ足りなくて網のひもを結んだりしていますが、あとはきれいに張れました。でも、この入り口から入るかもしれません。
ほかの畑もこのように網を張ったほうがいいかもしれません。せっかく芽を出しても、大きくなっても、鹿に食べられてしまったら何にもならないですからね。苦労も水の泡になります。暗くなる寸前で出来上がりました。今夜はやられないでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 海爺

    お早うございます。大変ですね、行政は役に立ちませんのでしょうね~。鳥獣保護法なんぞこしらえ、駆除出来ないんでしょうね。
    徳川将軍「鳥獣哀れみの令」の悪政をしのぎます。
    2019年04月05日 03:38
  • 春ばあ

    駆除してもダメです。鹿には山に帰ってもらうしかないのです。人間が飼いならしすぎたのです。農家がいなくなったのが一番の原因です。草でも一つの草がなくなると違う草が生えてきます。それが自然です。子どものころは人がたくさんいて、鹿は恐くて村に出てこれませんでした。隠れるところもなければ食べるものもないし村へ出たら追いかけられるし石を投げられるし怖いところだったのです。今はおいしい食べ物があるし人はいないし人が来ても隠れるところはいっぱいあるしで、獣の住処になっているのですから。農家を減らし農業で暮らせなくして村から人を出して鹿にやってしまった人に責任を取ってもらいたいです。
    2019年04月07日 21:26