家屋でサツマイモを保管します


今年はサツマイモのお世話を怠ったのでこれだけの収穫です。
画像
黄色い収穫籠1杯のみです。それと、これの半分ぐらいを先取りしてもう食べています。2畝でこれだけとは悲しいですね。例年この籠の4,5杯取れるのですけどね。もっとでっかいのとかも。文化祭の品評会に出したほどの大きな芋も取れました。それが今年はこの貧弱さです。草取りを怠った罰です。それにずいぶんと荒れた畑になってきています。葦のような草がどんどん畑の中に入ってきているのです。鍬で畝を作るには追い付かない勢いですから、畝の野菜がやられてしまうのです。
周りの草刈りをもっとしっかりして葦を入れないようにしなければなりません。
貴重なこの芋を台所の暖かいところに保管します。新聞紙にくるんで、段ボールに入れて、台所の冷蔵庫の上に置きます。もう一つの段ボールは普段使いにガス台の向こう側に置いておきます。もったいなくて焼き芋にできません。
これからの夕食の献立に困ったらこれを使って、てんぷらとか素焼きにします。煮るのはあまり好まれませんので。それからほし芋を作ってと言われているのでもっと寒くなったら作ってみたいのです。
0

この記事へのコメント