ナスの撤収


ナスを撤収しています。でもみんな一度にしてしまうとナスがまだ食べたいのに食べられないということになるので、もうだめだなっていうのから順に引き抜いています。
昨日は、家の裏の畑にナスを半分7本取り除きました。このナスは柔らかくてふわふわでおいしかったです。暑い時は全くならなかったのですが9月になってからどんどん実をつけてくれました。ありがとうとお礼を言いながら支柱を取り、それから引き抜きました。
今日は村内畑のナスを全部取りました。このナスはいただいた苗から作ったのですが、最初アブラムシが発生して、調子が悪くって、なかなかいい実をつけなかったのですが、それでも灰をかけたり、剪定したり、藁を敷いたりいろいろ手をつくして、実をつけ始めて夏の間はここからたくさんいただきました。9月になってからは家の裏のナスが食べられるようになったのであまりこちらに目が行かなくなったので、取り遅れたり、テントウムシダマシにやられて実が硬くなってしまったりで、不調でした。でも、9月になってから今日まで時々ですが、おいしいナスをいただきました。こちにもありがとうとお礼を言って片付けました。
残っているのは家の裏畑に10本ほどです。これからこれが生るときだけいただけるのでたくさんのナスを使った料理はできませんねきます。うちはナス大好き人間が多いのです。

この記事へのコメント