ナス苗を10本植えました


今日もいい天気です。さて今日は、サツマイモの苗が来る日です。JAに取りに行きました。そしてトマトのいぼ竹も買おうと思ってみたら、ちょうどほしい長さのものがない!
だからホームセンターまで行って、180㎝の物を買ってきました。
サツマイモの苗はバケツにつけておいて、たっぷりの水につけておいて根を出して明日差します。
いろいろ寄り道していると、午前中はこれでおしまい。
午後いよいよナスを村内畑に植えます。まずナスの苗には水を上からと下からやります。支柱や行灯や麻紐などを準備して、そしてみんな畑に持って出ました。
画像
ナスは10本。株間は1m。ちゃんとまっすぐになるように縄を張ってしましたよ。私としては珍しいことです。
画像

この畝の端にあるニラ、これが活躍します。ナスの苗と一緒にこのニラ2,3本を植え付けます。コンパニオンプランツです。このニラがナスの根を守ってくれます。
画像

穴を1mおきにあけて、その穴のなかに有機肥料を半握り入れて、土をかけ、その上に苗を置きました。浅植えがいいということで苗の植えの線ぎりぎりに地表を合わせました。
画像

ニラが横に一緒に植えてあるのがわかりますか。
10本植えてから支柱を立てて苗を支柱に縛ります。
画像

しっかり縛ってはいけないのでふんわりとしたつもり。でも支柱はしっかりと差し込んであります。
画像

最後に、肥料袋で行灯を作ります、肥料袋の下も切り取って筒状にしたものを苗のところにかぶせ、4本の短い支柱を入れて四角形にします。(行灯の写真をとり忘れてます、明日取ってから載せます、ごめんなさい)
これでナス10本は出来上がり。もう実をつけようとしているナスなので、行灯も早めに外さなくちゃあいけないでしょうね。

この記事へのコメント