初耕うんエンジン音も軽やかに


曇りの天気予報が、朝からいい天気になりそうな気配。
今日はジャガイモを植える鍋底畑を耕さなくっちゃあ・・・・
もう植え付けまで時間がない。植えつけ1っか月前に耕しておきたかったのに・・・・。ということで鍋底畑に行きました。
端から①②の畝はタマネギがきれいに伸びてくれています。
画像

早生の方の畝です
次は晩生の方の畝です
画像

順調です。でも、よくみると、鹿が入った形跡があります。早生の方の端っこのタマネギは葉をかじられています。電気柵を点検してみると、電池が切れている。やばい。今年は食べられないで来たのに、ここにきて食べられたら大変。どうか今晩一晩は鹿が来ませんように。明日には電池を交換します。どうか今夜だけは来ないで。
このタマネギ2畝の横3畝を空けて、その次からの2畝にジャガイモを植えます。
まず、ここに家から持ってきた糠を撒きます。
画像

そこをミニ耕耘機で耕します。表面だけの浅い耕です。耕耘機が1回通ると糠が表面に広がる程度です。
画像

前作はサツマイモでした。その後は何もしていません。凸凹のまま放置していました。秋の終わりに牛糞を撒いています。秋に収穫したので草はあまり生えていません。どんな草が生えているか見ると、オオイヌノフグリが一番目立ちます。ナズナとハコベとホトケノザがあります。後は名前がわからないので調べます。
この雑草があるということはいい土の状態です。
正転で往復、逆転で往復して、2往復で終わりました。
こうすれば、植える時に雑草もなくなっているし、糠が土の微生物の栄養になって微生物も増えているでしょう。3月の下旬にキタアカリとメークインを植える予定です。植える時にもう一度耕します。
画像

タマネギとの間の3畝にはサツマイモを植える予定です。そこも一往復だけしておきました。
画像

不必要に耕耘機で、土を細かく砕いたり、まぜかしたりして土の中の微生物たちを殺したくありません。だから畝の間には耕耘機を入れていません。畝の上だけの耕うんです。
植える所だけは雑草を取っておかないと芽が負けてしまって出ないので、こうして耕うんしています。
いいお天気ありがとう。
でも、夕方には雨になりました。耕うんしておいてよかったです。
家に帰ってジャガイモの入った箱を日の差す窓の下の方に広げました。芽出しを促します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ものぐさ太郎

    小さくても利用価値ある。また玉ねぎ千本をよんで こっちの方が「影響大」かな。苗床の苗を何本か定植して残りを種を蒔いたままにしてありますがそれなりに生長しています。今から楽しみにしています。畝を作るのが面倒臭いのもありました。
    2017年03月14日 16:00
  • 春ばあ

    小さいタマネギは、丸ごと料理に入れられるし、食べれるので(・∀・)イイネ!!。さすがものぐさ太郎さん。畝作るのも面倒とは、さすがものぐさ太郎さん。ものぐさ太郎さんにかかると、一生懸命大きな球を作ろうとしているのがあほらしいね。
    2017年03月14日 21:23