月夜には鹿も飛び跳ねウサギ跳ね


近所のおばちゃんから電話がかかってきました。
「畑に鹿が入っているから、被害がないか見てみんせえ」
ということで、村内畑に行ってみると、
画像

隣の畑は何も作ってないので鹿の足跡がはっきりくっきり。
わが畑には、鹿のなさった黒豆の糞の山
そして、食べられていました。

キャベツ
画像

ダイコン
画像

白菜
画像

画像

ブロッコリー
画像

そして一番大事にしていたロマネスコ
一番食べられていました。
画像

画像


そこで、泣き泣き泣きながら、白菜やキャベツ、大根の食べられているところに防虫ネットを掛けておきました。
画像

画像

画像

数軒の畑が金網と網で1メートルから2メートルまでの間の高さで囲ってあるのですが、探してみても、どこも破られていないので、この金網を飛び越えて入ったのでしょう。ブロッコリーをたくさん作っている人もいるし、白菜大根はみんながつくっているのに、鹿に毎晩はいられたら大変、冬野菜がみんななくなってしまいます。今のところはあちこちつまみ食いのようにして食べて回っています。被害のない人も、います。たくさん食べられてしまった人もいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 海爺

    こんばんは。大変だったね。味をしめたら又来ますよ。
    十二分の対策を。鹿なら大きな目の網でも必要かね~。
    2016年12月05日 22:24
  • ものぐさ太郎

    私の素朴な質問厚かましいお願いについてレベルが低いのか、役不足なのか模範解答がありませんのでレベルアップして。お題は春ばあちゃんはどっち派です。それではスタート!ジャガイモ、畑に石灰撒く?撒かない 種芋切る?切らない 切った種芋切り口に草木灰等塗る?塗らないマルチする?しない 肥料硫安元肥一発?化成肥料追肥 咲いた花切る?切らない 二択の女王!春ばあちゃん。来年は春ばあちゃんの解答に合わせて栽培します。作るのは簡単ですがジャガイモほど意見が分かれる野菜は類がないので。切った種芋腐らない為に塗る。腐るから塗らない。さっぱりわかりません。ジャガイモについて深刻な問題がありますので次回で
    2016年12月07日 12:00
  • 春ばあ

    海爺さん、畑の周りにはいろんな生き物動物が生息していますね。里山では人間が網の中で暮らしているのです。動物園の逆バージョンです。猪も鹿も一度味をしめたらいつまでも襲ってきますね。広い場所で他にもいい野菜ができているのに、なんでうちのを狙うのって聞きたいです。
    2016年12月07日 15:38
  • j春ばあ

    ものぐさ太郎さんへの回答。もうジャガイモの準備なのですね。春ばあちゃんのやり方がそちらの畑に合うかどうかは分かりませんよ。野菜の成長は環境に合わせてやり方を考えてないとなかなか成長しないものです。春ばあちゃんのやり方はあくまでも参考程度にしてください。
    ①ジャガイモには石灰を使いません。②種芋は春ジャガイモは切ります。大きいと4つに切ったり、小さいと2つに切ったりします。秋ジャガは切りません。③切り口には草木灰を塗りません。切った後2、3日乾かして切り口を乾燥させてから埋めます。④牛糞とボカシ肥料を植えるときにやって、後はボカシ肥料を追肥するぐらいです。⑤咲いた花は切りません。鑑賞します。あっ抜けていた。マルチはしません。ビニール(?)のマルチはしたくないのですが、タマネギとイチゴだけはします。他の野菜は草マルチや藁マルチをします。以上。春ばあちゃんも手さぐりでやってますので、いろいろ変わりますよ。
    2016年12月07日 15:57
  • 海爺

    ものぐさ太郎さん、はじめまして。ジャガイモの質問面白いので、勝手に参加させて下さい。
    ジャガイモはPH5.5~6.0弱酸性で、石灰は必要無いです。発芽が起きるのは収穫より3ヶ月です。3ヶ月したら、暗くとも寒くとも発芽が起きます。その発芽は全て芽を取る。切っても切ら無くても蒔える時3~4日前に日光に当て浴光育芽をさせます。新しい芽出を確認したら蒔える。切った芋はその間に切り口をまもります。切る時は40g弱が目安です。マルチは土寄せをする野菜はしない方が後が楽です土寄せすれば全て解決します。
    花は摘む方が芋に栄養が行くと有りますが、北海道産農家はやりません。膨大な人件費が必要です、してもさほどの効果がないのでしょう。でも土寄せは必ずすると有ります。草木灰は急いで蒔える必要に迫られた時は必要でしょう。
    これで春ばあちゃん何点でしょうか?まだまだ未熟者ですが?
    ものぐさ太郎さん失礼しました。
    2016年12月07日 21:03
  • ものぐさ太郎

    私自身は嬉しいので遠慮しないで、私が言うのは何か変ですけど、でも二人の意見は微妙に食い違いが、でも荒れ地でも育つのは間違いないです。
    2016年12月07日 22:20
  • 海爺

    はい。人は全て違います。参考書も違います。違いは良いと思いますよ。自分が決めれば良い他責じゃ無くいつも自責です。でも経験と結果は答えです。その経験と結果も人それぞれ違います。沢山収穫したい。良質物を収穫したい。形が良いもの、味の良いもの、量が沢山、日日の短い物、
    目的をしっかり定めて収穫物を作り、確かな自分の収穫物を作る。
    失敗の経験は宝と成ります。私はまだ2年と少しです。ジャガイモは5回作った事になります。春秋です。全て植えた芋を腐らせた事も有ります。水の多さ、根腐れ状態。
    でもジャガイモは比較的基本さえ押さえれば大丈夫です。
    経験をしてる春ばあちゃんの意見が又出ますよ。それを?
    2016年12月08日 00:57
  • 春ばあ

    お二人の意見とても参考になります。でもあくまでも参考で、やるのは私のやり方をやっています。でも、これはいいと思ったことは実行してみるのが春ばあちゃんのいいところですから、失敗を恐れず新しいこともやってみるのです。秋ジャガイモも、春ジャガが少なかったときやっているのですが、あまりこの地方には向かないなあと思っています。なぜなら、夏野菜がいつまでもあり、秋ジャガにかかるのが遅くなり、十分育たないうちに冬になってしまうのです。今年もまだ秋ジャガを収穫していません。緑の葉っぱを付けていますが春ジャガのような豊かな葉っぱではないし、きっとまだ土の中のジャガイモは小さいだろうなあと思うからです。だから来年も春ジャガをがんばります。ものぐさ太郎さんも5キロのジャガイモをどんな風に育てようか楽しみながらやってください。
    2016年12月09日 23:47