親と子とどちらを生かすかカボチャ蔓


坊ちゃんカボチャが大きくなって花をつけています。このまま親を延ばしていくのがいいか、親は摘芯して子蔓を延ばしたらいいのかわかりません。
子蔓2本と書いてあるのやら、親と子の2本と書いてあるのやら、また種類によって違うのでしょうね。
そこで5本あるうちの3本は親子2本とし、2本は子2本とすることにしました。どちらにたくさん実ができるかやって見なくてはわからないからね。
砂畑です。
1番はこのまま親蔓を延ばしてみます。
画像

2番もこのまま親ヅルを延ばしていきます。
画像

花が咲いています。雌花です。下が膨らんでいますね。
3番は親蔓を摘芯しました。
画像

8節より先になったかもしれません。
4番も親蔓を摘芯しました。
画像

元気のいいのを切ってしまうのは気が引けるけど、子供の方にエネルギーを注いでおくれ。
5番は親ヅルを残しておきました。
画像

これからは整枝するのが面倒ですね。忘れないように立て札でも立てておきましょうか。すぐ忘れてしまうので放任というのが一番いいのですけれどね。

この記事へのコメント