うなだれて売られている苗助けたし


徒長苗を買ってしまいました。
スイカの苗がまだできないので、欲しいなあと思ってました。
カボチャは坊っちゃんカボチャだけ育てているので、もう一種類ほしいなあと思ってました。
ナスは育てた苗を孫にやってしまったので、もうちょっとほしいなあと思ってました。
ピーマンはあるのですがパプリカが欲しいなあと思ってました。
こんなことを思いながら、JAに農機具のことで相談に行ったら、販売のところでナスを安売りしていました。
かなりくたびれた苗で、徒長していました。でも、一苗が100円という値段につられて、カボチャ「エビス」2苗、「ロロン」2苗、スイカ「黒小玉」2苗、パプリカ3苗、中長ナス4苗、買ってしまいました。
安売りに弱い春ばあちゃん。「安物買いの銭失い」と言うこともしっているのですが、つい、つい。
パプリカです。伸びてしまっているでしょう。
画像

上手くつきますように
画像

祈りを込めて、深く穴を掘り、牛糞とボカシ肥と土を混ぜ、土をかぶせ、定植しました。(村内畑)
カボチャです。
画像

ロロンとエビスはちょっと離して植えました。この後、すごいことになってしまいました。次の日ウリハムシの総攻撃にあって葉がレースになってしまいました。弱っている葉を狙うのですねえ。
画像

ロロンの説明書きです。ロロンだけについていました。
スイカ「黒小玉」です。
画像

これもよく伸びています。もうつるが伸びて何かにつかまりたそうです。周りにいっぱい枯草を置いておきました。
画像

ナス「中長ナス」です。
画像

なるべく徒長していないのを選んだのですが、もう下葉は枯れています。でも頑張ってくれるでしょう。
画像

ひょろひょろしていますので、支柱をしておきました。早くこの土になじんでしっかりと根付いておくれね。
さあ、これらが定着してくれればありがたいし、だめになれば「安物買いの銭失い」になるでしょうね。
家に帰って、ポットを育てている衣装缶を覗いてみれば、なんと、黒小玉が、芽を出していました。
画像

この記事へのコメント