ウグイスの幼き声にはるうらら


ゲコゲコ、春ばあちゃんよ、ウグイスが鳴いたよ。まだ短い鳴き方だけど、ウグイスの声だぞ。
もうじゃがいもの芽出しを始めていいってことだよ。

はい、はい。聞きましたよ。ウグイスが鳴きましたね。
ジャガイモを植えるところがまだできていないのです。これから出かけていきますね。
鍋底畑です。シカに食べられたタマネギが復活していますね。
画像

手前左側の太いねぎは鹿の被害をまぬかれたもので大きくなっているでしょう。向うの方のねぎはまだ小さいけどちゃんと緑の葉になっているでしょう。復活しましたね。
晩生の方も同じです
画像

こちらも手前の方は大きくて向うの方は鹿の被害で小さい苗です。でもちゃんと復活していますね。
さて、今日の仕事は、このタマネギの畝に挟まれたこの2畝分のところです。
画像

春の草が生えていますし、秋の草が枯れて地面に張り付いています。
レーキーで枯草やゴミなどを取ります。
鎌で草などを取り除きます。
画像

枯草や刈り草を隣のタマネギの畝の方にやって、きれいになったでしょ。きれいでもないって。
この程度なら春ばあちゃんはきれいというの!
ここに、完熟牛糞をまいて、
画像

もう少したくさんの方がよかったかなあと思案していると、12時のサイレンが鳴りました。
ここで終了。
家に帰って昼ごはんの用意しなければ、
「早く昼飯を食べさせて」と言って口を開けている人がいるんだから・・・

午後からは、会議があって、帰ってきたのが4時過ぎ。
その間に小雨が降って。
雨にも負けず、ミニ耕耘機を連れて、この2畝分のところを耕うんしました。
今のところ耕うんして牛糞を混ぜてしまっただけで、終わり。
3月の終わりころジャガイモ植えます。その前にもう一度耕します。
これで一番広いジャガイモ地は、第一段階、用意できました。
ウグイスさん、さわやかですね。鳴き声の練習がんばってね。

この記事へのコメント