深いほど地上に出る為、強くなる


鍋底畑に植えたジャガイモの残りを村内畑に植えます。
2畝作った左側の広い方の畝です。
真ん中に溝を切りました。
画像

ここに元肥を入れます。2週間前に全体に牛糞を少しですが入れてあります。
ぼかし肥はなくなってしまったので、油粕一握りを1メートルぐらいに入れていきました。次に有機的化成肥料「あさひ」を2メートルに一握り程入れました。そしてその両側に芋を20センチから30センチ間隔で置いていきました。
上の写真よく見ると芋が見えるでしょう。
手前からメークイン左右で25個、次にキタアカリ左右で50個ちょうどキタアカリが倍になっています。
芋は置いてから一つ一つ穴を掘って埋めました。移植ごての半分弱ぐらいまで掘っていたので、7,8センチの深さぐらいかな。
それから全体を均していきました。
画像

もうどこに植えたのかわからなくなりました。
ここで黒マルチを張る方もいらっしゃいますが、芽を出したとき気づかなかったら大変ですので、マルチは掛けません。でも遅霜にやられることがあります。そこで草マルチをしておきました。
画像

枯草や刈り草を掛けておくだけです。これでも霜よけになるでしょう。
あとはダンシャクを植えるだけです。

野菜物がないです。急いで何かを植えなきゃあ。
ということで、砂畑に耕して畝上げをしたところがあったのので、ここに種蒔きします。
ここは春根という予定のところだから、根物を植えます。
画像

手前は植え根に垂直に線があります、ここにほうれん草
次に一本ニンニクから向うに ニンジン2列 ・ゴボウ1列 ・大根1列と種蒔きしました。
ニンジンは溝に水を掛けてから種を2列の筋蒔きました。
ゴボウは、3,4個ずつ」10センチ離して点蒔きしました。
大根は、3季採れるという青首大根です。これは筋蒔きです。間引き菜も欲しかったから。
葉物野菜がなくなりました。仕方なくキャベツを買いました。170円でいいのがあったので買ったけど、いつも畑に行けばあるものをお店で買うというのは抵抗を感じています。一年中うちで食べるものは自給したかった。この時期取れるものはありません。今あるのは、リーフレタスとほうれん草とねぎ、パセり、みつ葉ぐらいかなあ。するといつも同じ献立になるのでこれでは足りない、足りない。しかし白菜もチンゲン菜も花が咲いてしまいました。ブロッコリーも終わってしまいました。
今晩は、葉物野菜は、買ったキャベツと家のネギを使いました。白ネギのぬたはおいしくできました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント