いつもあるタマネギと芋あとわずか


いつもあると思っていたですが、いよいよ去年収穫したタマネギとジャガイモがわずかになってしまいました。
画像

車庫横に干し竿を渡して10個ずつ束にして干していました。初め、たくさん干して、竹竿が折れてしまったので、1竿に5個ずつ振り分けた10個のタマネギを10束、2本の竿に干しました。あとは、かごに入れて棚に入れていました。もちろん風通しの良い昔の鶏小屋です。あまり日の当たるところは、皮の中に黒いすすのようなものがつくので、日当たりしなくて風通しの良いところがいいです。ご近所の干してあるのをみると、緑色の芽がにょっきりと出ているものが多いです。うちは芽が出てないので固くてしっかりと食べられます。芽が出てしまうと、タマネギの方はふにゃふにゃになって養分を芽に取られてしまいます。
必要な時に2束ずつぐらい家に持って帰って、料理に使っていましたが、いよいよこれだけになってしまいました。小ぶりなのですが、芽も出ず、固く巻いていておいしく、どんな料理にも使えました。今年は黒いすすのようなものが表面一枚皮をめくったあたりにつくということもなく、タマネギに不自由することなくたくさん使ってきました。去年は800本ぐらい植えていたと思います。今年は1000本植えているので、順調に育ってくれたらまた来年の2月ごろまで食べられるようになると思います。うまくいったらの話。
ジャガイモも2月いっぱいでなくなります。
画像

メークインがこれだけ残っています。芽かきを2回ほどしました。ジャガイモもたくさん食べられました。今年も頑張ってたくさん採りたいです。


0

この記事へのコメント